■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

PENTAX LX
年末にオーバーホールに出していて、すっかり忘れていたカメラが手元に戻ってきました。。。

LX①
↑そのカメラがこれ”PENTAX LX”です。

1980年発売のこのカメラは、今でもペンタックスフォーラムで点検してくれるので、取りあえず持ち込んでみました。
おおむね良好との事でしたが、モルトは要交換との事でしたので、御紹介いただいた修理屋さんに送って見て頂きました。

古いだけあって、やはり調整が必要との事で、結局オーバーホールをお願いしたのですが、出してから結構経っていたんで、忘れかけてました・・・

このカメラは創立60周年を記念して発売されたもので、ペンタックスのお家芸とも言える「小型・軽量」の思想で開発されたお陰で、同時代の同レベルの機種ではかなり小型軽量の作りになっています。

小さいからと言ってチープ感も無く、きちんと存在感を放ってくれます。
ブログを書くにあたり改めて”LX”について調べてみたんですが、同時代のライバル機種にニコンの”F3”やキヤノンの”ニューF1”等があり、マニュアル機華やかな時代の発売だった事が伺えます。

また、”LX”は2001年まで生産されていて、息の長いモデルでもあります。
21年間も生産されていた事だけでも凄いですね。。。

私もあと21年間現役でいられるかと考えると・・・
とりあえず快調になって戻ってきた”LX”をもって、リア充してこよおっと。。。

スポンサーサイト
カメラ | 22:55:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
Canon T-90
最近は、温かくなったり寒くなったりと、何かと体調を崩しやすい天気が続きますが、UTスタッフ達は、何とか持ちこたえている感じです。皆さんはいかがですか???

そんな中、仕事上がりの寒空の下、早く帰ればいいのにウロウロとしていましたら、またしても気になるカメラを発見してしまいました・・・

T90.jpg
↑そのカメラがこの”Canon T-90”です。

T-90はもともと一台持ってはいたのですが、シャッター不動と言う事で信じられないよおな金額で出ていましたので、思わず購入してしまいました。。。(ちゃんと動作してるんですけどね)

1986年発売のこのカメラは、CANONのマニュアルフォーカスでは最後となる最上位機でした。
デザインも流線型で、何となくその後のEOSシリーズに似た感じになっています。

最上位機とあってハイスペック感満載なんですが、手にすると不思議と写真が上手く撮れるよおな気になります・・・
ホントに上がったら良いんですけどねぇ。。。


カメラ | 20:03:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
CANON ⅤL2
いつもの事なんですが、会社の帰りに中古家電屋さんをウロウロしていましたら、魅力ある形のカメラが目に留まりました。。。
しかも、プライスをみると随分と格安な値段です!!!

左肩に当たりがあったのですが、良しとして早速購入。

CANON5.jpg
↑手にしたカメラ”CANON ⅤL2”はⅤ型の廉価版で、シャッタースピードも1/500秒と抑えられています。
その他は、巻き戻しノブがクランクではなく、ノブ式になっている点がⅤ型との相違点です。

付いていたレンズは”CANON LENS 50mm f1.8”だったのですが、残念ながら曇りが出ていました・・・
まぁ、格安だったので仕方無いと思うんですがね。。。

今年は、写真を多く撮ろうと決めていたところ、思わぬ一台が手に入りました。
さぁ、カメラも買った事だし、頑張ろおかなぁ。。。


カメラ | 20:55:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
FOTH-FLEX
ここの所、カメラを買う機会が減っていて安心していたのですが、近所の中古家電屋さんを覗いていましたら、珍しいカメラを見つけ、ついつい手を出してしまいました。

FOTH-FLEX.jpg
↑そのカメラがこのFOTH-FLEXになります。

見た通りボロボロ感満載で、シャッターもダメみたいなんですが、えらく安い価格だったんで、思わず購入してしまいました。
このカメラの最大の特徴がこのシャッターになるのですが、普通の二眼レフと異なり、フォーカルプレーンシャッターが着いてるいます。
裏蓋を開けると、KIEVのよおなシャッター幕が目を引きます。

ボロボロの上に動かないんですが、着いてるレンズがF2.5と驚きの開放値なんです!!!
こうなって来ると、何とか使えるよおにしたいのですが、どこか直してくれる所ないですかねぇ。

カメラ | 10:48:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
InstantFlex TL70
香港での買い物のは、①お茶&茶器、②印鑑、行けたらカメラとしていたのですが、何とこのカメラの支店がホテルの近くにあり、着いた初日にお買い物してしまいました。

TL70.jpg
↑そのカメラがこの"InstantFlex TL70"です。

一見すると普通の二眼レフに見えるのですが、実はこのカメラ、名前の通りインスタントカメラなんです。。。
ポラロイド等を主に取り扱っている”MINT”さんが販売しているのですが、中々楽しい発想のカメラです。

撮影は普通の二眼レフと大差ないのですが、使うフィルムが富士フィルムさんのチェキ用の物なので、ファインダーの見た目とズレてくるので、慣れが必要です。

レンズは3枚構成F=61mmで、絞りはF5.6、8、16、22とスペシャルボケ効果のbokehになります。
シャッタースピードは、1/500~1秒、10秒までのバルブになります。

全体的にプラスチック感があるのですが、その分軽くて持ち運びには便利なんですが、サイズが普通の二眼レフ並にあるので、持ち運ぶ鞄が大きくなってしまいます。

撮って直ぐに見れるのがインスタントカメラの楽しみなのですが、デジカメと違って、完全に写真が出来上がらないと結果が分からないので、シャッターを押す迄に思わず時間がかかってしまいます。

やっぱり撮って直ぐに写真として見れるのは楽しいもので、大勢で集まっていたりすると、思わず撮りまっくってしまいます。
こおいった遊び心のあるカメラは使っていて楽しいもんなんですが、このフィルムもいつまで供給してくれるのでしょうか???
それにしても、フィルムカメラは肩身が狭くなったなぁ。。。

カメラ | 20:13:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad