■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

バッテリー
一年位前に、久しぶりに使うカメラに充電しよおと思いましたら、どおも様子がおかしいのです???
どおやらバッテリーがヘタってしまったみたいで、全く充電ができませんでした。。。

しかたなく、バッテッリーを購入しよおと探してみたんですが、まったく見つかりません・・・
終売からまだそんなに経ってないのですが、メーカーでの対応も終わっており、諦めてしまいました。

ところが、先日別件でネットを見ていましたら、なんと探していたバッテリーが売っているではないですか!!!
もちろん注文です。

バッテリー
↑これがそのバッテリー。

早速充電し、カメラも復活しました。
念願叶って有難い限りなんですが、それにしてもメーカーが早々に手を引くなんて・・・
いっその事、単三電池とかにしとてくれれば良かったんですけどね。。。

それにしても、最近のカメラは、古い機械式のカメラよりも維持が難しいですね。

スポンサーサイト
カメラ | 20:27:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
露出計
先日、仕事の帰りに、近所の中古家電屋さんを物色していましたら、気になるモノを発見しました。

何かと言うと、露出計です。
今ではカメラどころか、スマホにまで内蔵されているので、露出計って人も多いと思うのですが、古いカメラを使う私にとってはあるに越したないアイテムです。

家に帰り電池を入れてみましたが、反応無し・・・
それならばと分解してみますと、電池室に続くコードが外れていました・・・

取りあえず、はんだで付けてみて電池を入れてみますと、無事に電源が入りました!!!

スタッフの露出計を借りて計測してみましたら、概ね合っていたので良しとしました。

露出計
↑右側が直した露出計。

古い物なので機能に限界があるのですが、使えるよおになっただけで満足です。
持ち出す機会が有るのだろおか???



カメラ | 17:58:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
PENTAX Q-S1
用が出来まして、急に実家に行く事になったのですが、時間があいたので、近所をブ~ラブラしてみました。
と、言いましても、田舎なもんでして、周りには田んぼや畑しかないので、車でのブ~ラブラです。

取りあえず、家電量販店に寄ってみましたら、現品限りで安くなっているカメラが有るではないですか。。。

Q-s1.jpg
↑そのカメラがこの”PENTAX Q-S1”。

2014年発売ですから、いまさら感があるのですが、買おうか悩んでいて、今迄手を出さずにいたんですが、思わず衝動買いしてしまいました。

結構な頻度で、初代の”Q”を持ち出しているのですが、暫くは”Q-S1”の出番が多くなりそおです。
それにしても、このQシリーズはお気に入りだったんですが、ネットではもおやめちゃうみたいな事を言ってる人が多いんですよねぇ。
本当なら残念だなぁ・・・


カメラ | 17:41:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
Agfa OPTIMA 1035 sensor
ここの所、色々な札所を巡っていて、中々買い物等に行けないでいたのですが、久々に近所の中古家電屋さんに寄ってみたら、何やら気になるモノを見つけました。。。

optima.jpg
↑それがこの”Agfa OPTIMA 1035 sensor”です。

ドイツのフィルムメーカーの、アグフア・ゲバルト社が1969年に発売したカメラで、日本のカメラと違った趣が魅力的なカメラです。

レンズは”SOLITAR S 1:2.8/40”で、シャッターは電子式レンズシャッターの15秒~1/1000秒と結構広い範囲のシャッターがついています。

このカメラはなんと言っても大きなファインダーが特徴なんですが、外見だけでなく明るくて見やすいのが良いですね!!!

コンパクトで持ち運びやすい事もあるので、しばらくは楽しみが続きそおです。
こおいったカメラって、愛着が湧いてくるんですよねぇ~。
まぁ、いろんなカメラに愛着があるんですけどね・・・


カメラ | 20:50:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
PENTAX LX
年末にオーバーホールに出していて、すっかり忘れていたカメラが手元に戻ってきました。。。

LX①
↑そのカメラがこれ”PENTAX LX”です。

1980年発売のこのカメラは、今でもペンタックスフォーラムで点検してくれるので、取りあえず持ち込んでみました。
おおむね良好との事でしたが、モルトは要交換との事でしたので、御紹介いただいた修理屋さんに送って見て頂きました。

古いだけあって、やはり調整が必要との事で、結局オーバーホールをお願いしたのですが、出してから結構経っていたんで、忘れかけてました・・・

このカメラは創立60周年を記念して発売されたもので、ペンタックスのお家芸とも言える「小型・軽量」の思想で開発されたお陰で、同時代の同レベルの機種ではかなり小型軽量の作りになっています。

小さいからと言ってチープ感も無く、きちんと存在感を放ってくれます。
ブログを書くにあたり改めて”LX”について調べてみたんですが、同時代のライバル機種にニコンの”F3”やキヤノンの”ニューF1”等があり、マニュアル機華やかな時代の発売だった事が伺えます。

また、”LX”は2001年まで生産されていて、息の長いモデルでもあります。
21年間も生産されていた事だけでも凄いですね。。。

私もあと21年間現役でいられるかと考えると・・・
とりあえず快調になって戻ってきた”LX”をもって、リア充してこよおっと。。。

カメラ | 22:55:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad