■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

茶壷
少し前なんですが、仕事帰りにフ~ラフラと寄り道をしていたら、ちょっと珍しい茶壷をみつけました。
茶壷と言っても「ちゃつぼ」では無く、中国茶で使う「チャフー」です。。。

茶壷

普通の茶壷は持ち手が後手になっているんですが、この茶壷は横手になっています。
ちょっと前には時々見かけたんですが、最近はめっきり見かけなくなったきがします。

この茶壷で淹れるのは少しコツがありまして、同じく中国茶で使う蓋碗に近い所作になります。
慣れないと少々使い辛いんですね。。。

ひさびさに見たなぁと、思わず買ってしまったんですが、茶壷にも流行りってあるんですかねぇ???


スポンサーサイト
お茶 | 23:25:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良の中国茶館~叙友舎~
奈良に行った際にお茶をしたのが、ならまちの外れにある中国茶館の叙友舎さんです。。

170312-1.jpg
↑古民家カフェ。
中に入ると、アンティークがセンス良く置かれていて、居心地の良い空間です!
オーナーさんがセレクトしたものとのこと。オーナーさんの思いが伝わる店内のしつらいとなっています。

「訪れる方が少ないので、のんびりしていってください!」とのことで、お言葉に甘えてのんびりさせてもらいました~♪
170312-2.jpg
↑君山銀針と大紅袍を注文。
一煎はお店の方が淹れてくださり、その後は自分たちでゆっくりと。。
中国茶を頂きながら、友人とゆっくり話せるなんて、幸せですね~

170312-3.jpg
至る所に生花が~♪

久々に素敵なカフェに来た気がします。
奈良に行ったら、また行きたいと思う中国茶館でした♪


お茶 | 15:30:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
貢茶
阿佐ヶ谷の神明宮に御朱印を頂きに行った帰り、貢茶なる台湾茶カフェを発見したので、立ち寄りました~!

こちらは台湾茶カフェと言っても、中国らしさは一切なく、どちらかというと、スタバの台湾茶版みたいなお店です。
170219.jpg
↑阿里山烏龍のアイスティーを注文。

タピオカをトッピングして、タピオカウーロンミルクティーにしようか迷いましたが、パイナップルケーキとマンゴーケーキを注文したので、無糖の阿里山に。。
ちゃんとお湯出ししているのか、意外にも心地よい香りが~♪
氷の量も選べるので、氷少なめにして、お茶が薄まるのも防止できますし、無糖から甘めまで選べるのも良いですね~。

中々中国茶を手軽に外で飲むことができないので、こういうお店がもっと沢山できてくれると中国茶好きにとってはうれしいんですけどね~。
今度行ったら、ウーロンミルクティースムージーにチャレンジしてみよ~っと。。




お茶 | 12:36:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
茶柱縁起茶
親戚から面白いお茶を頂きました!

その名も「茶柱縁起茶」。
凄いネーミングです。

最近では品質管理が徹底されているので、茶柱がお茶に混じることもなくなりましたよね。
茶柱が立つと縁起が良いという言い伝えがあるわけですが、私も子供の頃に見た記憶があるくらいなもので、実際に目にしたことがある方は少なくなっているんじゃないかなと思います。
もしかすると、茶柱って何?くらいな人も多いかも・・。
それを逆手にとって百発百中で茶柱が立つという縁起の良いお茶を開発されたわけですね。

さてさて、どんな原理で百発百中の茶柱が立つのでしょうか?
答えは・・・
170122-1.jpg
↑カプセルに茶柱と粉茶が入っていました~
カプセルを外してお茶を湯呑みに淹れて湯を注ぐだけ。

170122-2.jpg
↑ちゃーんと茶柱が立ちました!
味は・・・「うーん」な感じですが、見た目の印象は「良いことあるかも♪」とウキウキしてきますね。

きちんと急須で淹れて美味しく飲みたい派の私にとってはカプセルに茶が入っているのはかなりの衝撃度でしたが、話題性は抜群ですね。
手土産とかに良いかもしれません。。

お茶 | 14:39:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
羊岩匂青
滋賀の魅力発見プロジェクト 「秋風船上茶会」がいよいよ今週の土曜日(10/29)に迫ってまいりました!
第一部は満席、第二部はあと数席ということで、主催側が思っていた以上にご予約をいただいております。
有り難いことです!
まだ第二部は数席空いておりますので、ご興味のある方はぜひご参加くださいませ~。
(第二部は天気次第ですが、琵琶湖に沈む夕日を楽しめるサンセットクルーズとなりますので、おススメです)

今回呈茶するお茶も決まり、船上でのお茶淹れということで、濃さなどの微調整をしながらテイスティングしていますが、同じ烏龍茶を飲み続けるのに飽きてしまい、中国緑茶をいただくことに。。
161023-1.jpg
↑浙江省の緑茶「羊岩匂青」です。
とある方から、中国茶のお茶会をされているなら、中国茶をあまり飲まないのでどうぞと下さったお茶の一つです。

数年前に浙江省の杭州に行った際に飲んで以来、口にできていないお茶です。
比較的マイナーなお茶かと思いますので、日本で飲めるなんて感激です♪

蓋碗で淹れると、初めにフワ~っと甘いお花の香りが立ち上ります。
味わいは渋味・苦みもありつつ、香ばしさも感じられて、飲みやすいお茶かと思います。
毎日欠かさず、日本の緑茶を飲んでいる緑茶好きにとっては、心休まる中国緑茶でした。。



お茶 | 16:42:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad