■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奇蘭
台風が近づいてきて、気温が低くなってきましたね。
こんな時は体を温めてくれる岩茶をいただくことに~

170917.jpg
↑岩茶の奇蘭です。
奇蘭は元は福建省南部の品種で、岩茶の奇蘭はそれを武夷山に移植したものとのこと。

岩茶ですが、華やかで軽い感じは奇蘭の持ち味なのでしょう。
私は結構パンチのある岩韻の強いのが好みなのですが、秋めいてきたくらいの時期に飲むにはちょうど良い軽めのお茶です♪

今回は一人用の蓋碗(ミニチュアくらい小さくて茶杯の一回り大きい程度)で淹れてみました。
焼き締めの茶壺で淹れるのが一般的ですが、このお茶はかなり香りが高く、華やかさを楽しみたかったので蓋碗で。
温めた蓋碗に茶葉を入れた瞬間からふわ~っと花の様な甘い香りが~!
とろりとした感じで、今まで好んでいなかったのですが、久々に飲んでみると良いかんじです~
(今年はすごく出来が良かったとお茶屋さんがおっしゃっていたので、いつもとは違うのでしょうけど。。)

こう美味しいお茶が登場すると、次のお茶会の茶譜も悩んでしまうわ~


スポンサーサイト
お茶 | 16:26:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
茶壷
少し前なんですが、仕事帰りにフ~ラフラと寄り道をしていたら、ちょっと珍しい茶壷をみつけました。
茶壷と言っても「ちゃつぼ」では無く、中国茶で使う「チャフー」です。。。

茶壷

普通の茶壷は持ち手が後手になっているんですが、この茶壷は横手になっています。
ちょっと前には時々見かけたんですが、最近はめっきり見かけなくなったきがします。

この茶壷で淹れるのは少しコツがありまして、同じく中国茶で使う蓋碗に近い所作になります。
慣れないと少々使い辛いんですね。。。

ひさびさに見たなぁと、思わず買ってしまったんですが、茶壷にも流行りってあるんですかねぇ???


お茶 | 23:25:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良の中国茶館~叙友舎~
奈良に行った際にお茶をしたのが、ならまちの外れにある中国茶館の叙友舎さんです。。

170312-1.jpg
↑古民家カフェ。
中に入ると、アンティークがセンス良く置かれていて、居心地の良い空間です!
オーナーさんがセレクトしたものとのこと。オーナーさんの思いが伝わる店内のしつらいとなっています。

「訪れる方が少ないので、のんびりしていってください!」とのことで、お言葉に甘えてのんびりさせてもらいました~♪
170312-2.jpg
↑君山銀針と大紅袍を注文。
一煎はお店の方が淹れてくださり、その後は自分たちでゆっくりと。。
中国茶を頂きながら、友人とゆっくり話せるなんて、幸せですね~

170312-3.jpg
至る所に生花が~♪

久々に素敵なカフェに来た気がします。
奈良に行ったら、また行きたいと思う中国茶館でした♪


お茶 | 15:30:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
貢茶
阿佐ヶ谷の神明宮に御朱印を頂きに行った帰り、貢茶なる台湾茶カフェを発見したので、立ち寄りました~!

こちらは台湾茶カフェと言っても、中国らしさは一切なく、どちらかというと、スタバの台湾茶版みたいなお店です。
170219.jpg
↑阿里山烏龍のアイスティーを注文。

タピオカをトッピングして、タピオカウーロンミルクティーにしようか迷いましたが、パイナップルケーキとマンゴーケーキを注文したので、無糖の阿里山に。。
ちゃんとお湯出ししているのか、意外にも心地よい香りが~♪
氷の量も選べるので、氷少なめにして、お茶が薄まるのも防止できますし、無糖から甘めまで選べるのも良いですね~。

中々中国茶を手軽に外で飲むことができないので、こういうお店がもっと沢山できてくれると中国茶好きにとってはうれしいんですけどね~。
今度行ったら、ウーロンミルクティースムージーにチャレンジしてみよ~っと。。




お茶 | 12:36:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
茶柱縁起茶
親戚から面白いお茶を頂きました!

その名も「茶柱縁起茶」。
凄いネーミングです。

最近では品質管理が徹底されているので、茶柱がお茶に混じることもなくなりましたよね。
茶柱が立つと縁起が良いという言い伝えがあるわけですが、私も子供の頃に見た記憶があるくらいなもので、実際に目にしたことがある方は少なくなっているんじゃないかなと思います。
もしかすると、茶柱って何?くらいな人も多いかも・・。
それを逆手にとって百発百中で茶柱が立つという縁起の良いお茶を開発されたわけですね。

さてさて、どんな原理で百発百中の茶柱が立つのでしょうか?
答えは・・・
170122-1.jpg
↑カプセルに茶柱と粉茶が入っていました~
カプセルを外してお茶を湯呑みに淹れて湯を注ぐだけ。

170122-2.jpg
↑ちゃーんと茶柱が立ちました!
味は・・・「うーん」な感じですが、見た目の印象は「良いことあるかも♪」とウキウキしてきますね。

きちんと急須で淹れて美味しく飲みたい派の私にとってはカプセルに茶が入っているのはかなりの衝撃度でしたが、話題性は抜群ですね。
手土産とかに良いかもしれません。。

お茶 | 14:39:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad