■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東京タワー
”U Tea party”は、だいたいが午後に行われる為、終わってから食事に行く機会が多いのですが、3月のお茶会の時に「東京タワーにでも行ってみようと」言う話が出ました。

なんだかダラダラと行かないままになっていたのですが、有志を募りやっと行く事ができました。。。
170607.jpg

折角なので、タワーの中にある”タワー大神宮”の御朱印をいただこうと予約をいれてみました。

チケット売り場では無く、インフォメーションにお越しくださいとの事でしたのでそちらでチケット代と御朱印代を清算すると、
展望台に行く前にタワー内の案内をしてくれました。

何となく団体さん気分です。。。

行かれた皆さんは、久々だったり初めてだったりと、それぞれ楽しんでいただけたみたいで良かったんですが、高い所が得意では無い私は、展望台の床から下を覗くのはちょっと怖かったです・・・

東京タワーは、世界大タワー連盟に加盟していると言う事ですが、この連盟は36のタワーが加盟しているみたいです。
全部回る事は、無理だろおなぁ・・・


スポンサーサイト
まち歩き | 20:28:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
武相不動尊二十八霊場
ブログにも書きましたが、今年は御開帳の霊場が多くて、三浦薬師霊場、三浦不動尊霊場、都筑橘樹酉歳地蔵菩薩と巡って、今度は”武相不動尊二十八霊場”を巡ってきました。

武相二十八不動

御開帳のほとんどがGW前後に集中していたので、休日は殆どお寺巡りになってしまいました。
間に資格試験等も重なって、ヒヤヒヤとしていたのですが、巡礼の功徳があってか、なんとか切り抜ける事ができました。。。

どの霊場も比較的に住んでいる所から近かったので、なるべく歩くよおにしたのですが、御開帳期間が短いので、電車、バス、車も活用しました。
まぁ、半分くらいは歩けたと思うのですが・・・

あとは関東三十六不動霊場を残す所となったのですが、一都三県とは・・・広いなぁ。。。


まち歩き | 21:02:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
三浦不動尊霊場酉年大開帳
前回に続き、不動尊霊場巡りです。
薬師霊場巡りと合わせて回ったんですが、一緒に回っていると、どっちがどっちだか混乱してきます・・・

三浦不動

薬師霊場が21ヶ寺に対し、不動尊霊場は28ヶ寺なんですが、両方の札所を兼ねているお寺もあり、合わせると44ヶ寺になります。
どちらの霊場も1番札所が難所なんですが、とりわけ不動尊霊場の方が険しい道のりです。。。

以前参拝した時は車で行ったのですが、道が狭い上に途中急勾配だったりと散々だったので、今回は徒歩にしたんですが、歩きで行っても大変です。。。

まぁ、そのお蔭で有難さ倍増なんですけどね。

不動尊霊場は12年おきの御開帳なんで、この次はまだ行けそおな気もするんですけど、あの山道はなぁ・・・

まち歩き | 22:19:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
三浦薬師如来霊場大開帳
昨年の秋に、三浦半島の方を寺巡りしていましたら、お寺の方から「来年はすごいよ」と聞いていたんですが、はたして何だろおと思ってました。

そおこおしていましたら、何と33年振りに薬師霊場の御開帳があると言うではないですか!!!
しかも不動霊場と一緒の御開帳は132年振りとの事で、こりゃ巡らなきゃと言う事で、何回かに分けて二つの霊場を回ってきました。

三浦薬師

ひとまず薬師霊場を結願する事ができたんですが、132年振りと言う事で結構な盛上りかと思いきや、考えていた程でも・・・
まぁ、回っている人は結構いまして、平日でも結構な人にお会いしました。。。

こおいう機会でもなければ、沢山のお薬師さんに会える事なんて無いですからね。
次は33年後かぁ、無理だろおなぁ・・・


まち歩き | 20:19:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
九品仏 浄真寺のお面かぶり
5/5に世田谷区の九品仏浄真寺で行われるお面被りを見てきました~

3年に1度しか行われない行事で、菩薩のお面をかぶって橋を渡るので、通称「お面かぶり」と言われていますが、二十五菩薩来迎会と言います。
東京都の無形民俗文化財に指定されており、当日はかなりの人手でした。
170510.jpg
↑僧侶たちが散華をまきながら橋を渡っていきます。
お花から紙の花びらを時々降らせながら、行列は進んでいきます。

極楽浄土に見立てた上品堂から、現世の象徴である本堂へ架けられた橋の上を、僧侶、菩薩のお面を被った一般の方、子供たちが次々に通っていき、一往復半して本堂に着いて終わります。阿弥陀仏の来迎を意味しているようです。
仏様のお面を被って橋を渡るという何とも珍しい法要を見ることができて良かったです!

今度はゆっくりと散策してみたいお寺でした~


まち歩き | 23:50:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad