FC2ブログ
 
■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」に行ってきました
なかなか見に行けなかった顔真卿展をやっと見に行ってきました。
190218-1.jpg

会期ももうすぐ終わりということもあるのか、会場に入るまでに50分待ち!
そして、入場は混雑の為、第二会場から。
第一会場から見れなくて残念と思ったのですが、結果的には第二会場から見て正解かもしれません。

いきなりの祭姪文稿の拓本から始まりです。
これでもかと顔真卿が続きます。
その次に、日本の能書家が連なります。
空海がやはり心に響きます。

宋代、明代、清代の作品がずらりと並び、第二会場だけで一つ特別展ができる充実の内容。
これでかなり満足した私ではありました~

第一会場に移動すると、こちらの方が人が多かったです。
甲骨文字からの変遷がたどれる内容で、王羲之以降の隋や唐の書がずらりと並びます。
190218-2.jpg

最後に(第一会場から見ていくと、途中ですけど・・)、台北国立故宮博物院の祭姪文稿が!
ここでは30分待ちくらいでした。
でも、係員にすごくせかされて、数秒しか見れない感じでした・・。
仕方ないんですけどね~
見終わったら、列が会場外にまで伸びていてびっくり。

見終わった感想としては、並んでも行く価値のある展示内容でした。
そして所蔵がほぼ日本というか、東京国立博物館と台東区書道博物館でした。トーハクは分かるんですが、書道博物館の充実度に驚きです。
以前に行ったことがありますが、たしかに顔真卿の拓本があった気が。
ひっそりとした博物館なのですが、書だけではなくて青銅器なども充実していて、名前が知られていないのが残念。
今度、久々に行ってみよう!

スポンサーサイト
アート・文化 | 21:15:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別展 国宝 鶴岡八幡宮 古神宝」に行ってきました
9月に入っても、暑かったり雨が降ったりと過ごしにくい日が続いてますが、そんな雨降りの中、鎌倉国宝館で催されています「特別展 国宝 鶴岡八幡宮 古神宝」に行ってきました。

古神宝

平日で生憎の天気とあり、人はまばらだったのですが、来館者は途絶える事無く入ってきていました。

目玉は名前の通りの国宝類です。
太刀をはじめ、鶴岡八幡宮の神宝が展示されており、規模の割に見応えのある内容になっています。

トーハク等の大きな博物館はもちろん良いのですが、企画展等は沢山の人が観に来るので落着いて観る事ができません。
また、館内の規模も大きくないので、観終わった後の疲労感が無いのも国宝館の良い所です。

それにしても、自分のペースでゆっくりと鑑賞できるって、良いもんですね。。。

アート・文化 | 21:15:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
国宝展
京都に行ったタイミングと、京都国立博物館の国宝展の開催時期が被っていたので、「行かないと!」ということで、夕方頃に入場しました。
171210-1.jpg

最終日に近かったせいか、物凄い混みよう・・・。
まぁ、並ぶわ。
そして、展示会場に着くと、、、
人・人・人・・・。
押しのけて前に行く気力もなく、どうしても見たい作品以外は遠目で鑑賞。
伝源頼朝像や尾形光琳の燕子花図屏風など近くで見ることができて幸せでした。
が、、、混みすぎてて、正直頭に入ってこなかった。
一番印象に残っているのは、疲れ果てて椅子に座りこんでぐったりしている人たち。

カオスな展示会場を後にしたら、こんな素敵な景色が。
171210-2.jpg
今度はゆっくりと美術鑑賞したいなぁ~。


アート・文化 | 17:40:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
運慶展
U Tea partyにご参加くださる方は日本美術にご興味のある方が多くて、かく言う私も美術好きなので、趣味が合います。。

運慶展は鑑賞必須の特別展なので、声をかけてみると、行きたい!と言ってくれた方が数名おりましたので、夕方集合で見に行ってきました。
171105.jpg
ポスターからして格好良い♪
期待が高まります~

どれもこれも美術全集に出てくる作品ばかり。それだけ運慶が独創的で、日本仏像史における唯一無二の存在なのが分かります。
そうした運慶作品が一堂に会する機会なんて無いことなので、鑑賞者が溢れかえっていることは目をつぶらねばりませんね・・・。

どれもこれも素晴らしいのですけど、中でもいくつか気になった仏像がありました。
静岡県願成就院の毘沙門天立像、和歌山県金剛峯寺の八大童子、奈良県興福寺の四天王立像。
運慶作ではありませんが、重源上人坐像、京都清水寺の観音菩薩立像&勢至菩薩立像、京都高山寺の子犬は素晴らしい。
ちょっとミーハーな目線ですけど、四天王立像はライティングがとても効果的で、映画の『天使と悪魔』に出てくるバロックな彫像みたいでした。こうしたライティングや配置の絶妙さは美術館での鑑賞ならではですね~
勝手に頭の中のBGMは『天使と悪魔』でしたけど・・・

お堂で見る時はもっと信仰に近いまなざしで見ることができるので、今度は実際にお寺に見に行きたいな~と思わせてくれる展覧会でした。
まだ見に行っていない方は是非見に行ってみてくださいね~!



アート・文化 | 18:41:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
遊就館所蔵「甲冑武具展 - 戦国時代-江戸時代 -」に行ってきました
ここの所、休日に天気が恵まれない日が続いていたのですが、雨天の雲間をぬって、靖国神社の遊就館で行われている特別展”遊就館所蔵「甲冑武具展 - 戦国時代-江戸時代 -」”をみに行ってきました。

常設展のチケットで、特別展まで見れるとの事でしたので、どうせならと常設展のチケットを購入。
ホールのゼロ戦を横目に常設展から見学します。

一通りみると、結構な広さがあるんですよね。
ここに来る前に、そこそこ歩いてきたからか、特別展に辿り着く頃には、結構な疲労感がでてました・・・

甲冑武具展
↑それでは目的の甲冑武具展です。

規模はそれ程では無いのですが、兜や鎧等が多数展示されています。
中には馬用の鎧”金札馬鎧”もあり、中々見応えのある内容になっています。

伝小早川秀秋所用の鎧もあり、戦国時代好きの方にもお勧めですね???

多くの甲冑を一度に見る機会がないので、こおいった企画展は嬉しいですね。
どこかで大甲冑展とか、やってくれないですかねぇ。。。


アート・文化 | 18:39:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad