FC2ブログ
 
■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

宝物風入
今年も11月になったので、建長寺の”宝物風入”に行ってきました。
例年ですと、宝物を見た後に”けんちん汁”をいただけるよおになっているんですが、今年はありませんでした。

境内の入り口で、”けんちん汁”を振舞っていると言っていたので行ってみますと、どおやら無料でいただけるとの事。
さっそく並んでいただいてみました。

建長まつり②
↑いただいた”けんけんちん汁”。

芋煮会で使っている大きな鍋で作っているとの事で、大勢の人がいただいておりました。
”宝物風入”の会場でいただけなかったのですが、こちらでいただけたのでラッキーでした。

帰り際に鍋を見てみたのですが、かなりの大きさでした。
一体何人分の”けんちん汁”が作れるんでしょおね???


スポンサーサイト



アート・文化 | 08:31:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
「円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」に行ってきました
先日、何か企画展でもやってないかなぁなんて検索していましたら、三井記念美術館で、「円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」が開催されているのを見つけました。。。

円覚寺の至宝
↑開館ちょっと前に着いたのですが、結構な行列でした。

鎌倉の円覚寺は、ちょくちょく行っている気がするのですが、風入れ以外では中々宝物を見る機会がありませんので、こお言った企画展はありがたいですね。

三井記念美術館は規模が丁度良く、ダレる事無く観ていられます。
規模の大きい所ですと、混んでいたりして中々進まず、途中でダレてしまう事があります。
落着いて観れるって何よりですよねぇ。。。



アート・文化 | 22:52:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
新宿の遺跡展
新宿に行く用事があったので、以前から見ようと思っていた「新宿の遺跡2019」を見に、新宿歴史博物館に行ってきました。
190505.jpg
新宿に遺跡?と思うかもしれませんが、東京の地下を掘れば、江戸時代の遺構はわんさか出てきます。
勿論、新宿も出てきます。

今回のテーマは戸山にあった尾張藩下屋敷です。
この下屋敷はエンターテイメント性が高くて、小田原の宿場町に見立てたエリアや、水量調節できる滝があって、飛び石を渡り終えると水かさが増して飛び石が水没するなんて仕掛けもあったそうです。
江戸時代版ディズニーランドみたいです。
当時の将軍や大名たちがこぞって訪れたそうです。

考古とか遺跡とか歴史とか、興味のない方も多いかと思いますが、こうして学んでみると本当に面白い。
当時の生活に思いを馳せたりすると、意外と人の考えって変わらないものですね。
私も戸山屋敷を体験してみたいわ~


アート・文化 | 20:42:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」に行ってきました
なかなか見に行けなかった顔真卿展をやっと見に行ってきました。
190218-1.jpg

会期ももうすぐ終わりということもあるのか、会場に入るまでに50分待ち!
そして、入場は混雑の為、第二会場から。
第一会場から見れなくて残念と思ったのですが、結果的には第二会場から見て正解かもしれません。

いきなりの祭姪文稿の拓本から始まりです。
これでもかと顔真卿が続きます。
その次に、日本の能書家が連なります。
空海がやはり心に響きます。

宋代、明代、清代の作品がずらりと並び、第二会場だけで一つ特別展ができる充実の内容。
これでかなり満足した私ではありました~

第一会場に移動すると、こちらの方が人が多かったです。
甲骨文字からの変遷がたどれる内容で、王羲之以降の隋や唐の書がずらりと並びます。
190218-2.jpg

最後に(第一会場から見ていくと、途中ですけど・・)、台北国立故宮博物院の祭姪文稿が!
ここでは30分待ちくらいでした。
でも、係員にすごくせかされて、数秒しか見れない感じでした・・。
仕方ないんですけどね~
見終わったら、列が会場外にまで伸びていてびっくり。

見終わった感想としては、並んでも行く価値のある展示内容でした。
そして所蔵がほぼ日本というか、東京国立博物館と台東区書道博物館でした。トーハクは分かるんですが、書道博物館の充実度に驚きです。
以前に行ったことがありますが、たしかに顔真卿の拓本があった気が。
ひっそりとした博物館なのですが、書だけではなくて青銅器なども充実していて、名前が知られていないのが残念。
今度、久々に行ってみよう!

アート・文化 | 21:15:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別展 国宝 鶴岡八幡宮 古神宝」に行ってきました
9月に入っても、暑かったり雨が降ったりと過ごしにくい日が続いてますが、そんな雨降りの中、鎌倉国宝館で催されています「特別展 国宝 鶴岡八幡宮 古神宝」に行ってきました。

古神宝

平日で生憎の天気とあり、人はまばらだったのですが、来館者は途絶える事無く入ってきていました。

目玉は名前の通りの国宝類です。
太刀をはじめ、鶴岡八幡宮の神宝が展示されており、規模の割に見応えのある内容になっています。

トーハク等の大きな博物館はもちろん良いのですが、企画展等は沢山の人が観に来るので落着いて観る事ができません。
また、館内の規模も大きくないので、観終わった後の疲労感が無いのも国宝館の良い所です。

それにしても、自分のペースでゆっくりと鑑賞できるって、良いもんですね。。。

アート・文化 | 21:15:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ