■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

STONE PLATE
先日、近所の雑貨店を覗いていましたら、何やら魅力的な物を見つけました。。。

STONE PLATE
↑それがこのSTONE PLATE”RECTANGLE”です。

文字通り石で出来たお皿なんですが、何が魅力的かと言うと、ズバリ価格が安いのです。

同じよおな物の半額以下だと思うのですが、取りあえず1つ購入してみました。

表面が平らでなかったり、石片がポロポロと剥がれてきたりするのが値段なりなんでしょおが、一応それなりの雰囲気は出してくれます。

値段が安いので、必要数は揃え易いんですが、さてさて、何に使おうかなぁ???


スポンサーサイト
テーブルウェア | 19:25:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
茶杯
台北に行った際に、台北書院の個室を貸りて、U Tea partyを開催したのですが、帰る時に素敵なお土産をいただきました。

茶杯
↑それがこの茶杯です。

かわいい巾着に入っていたのですが、何とも嬉しいお土産です。
白の茶杯は何かと使い勝手が良いので、重宝しそおです。

眺めていると、また行ってお茶したくなってきました。
次はいつ行けるだろおか・・・

テーブルウェア | 22:57:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
茶海
もう15年位前に台湾を訪れた時に、随分と変わった茶器を目にしました。
それは茶海と言いまして、中国茶を淹れるには必ずと言って良いほど出て来る物なんですが、その時目にした茶海は、良く目にする紅茶のクリーマーみたいな物ではなく、桃に注ぎ口と後ろ手を付けたよおな特異な形をした茶海でした。

形だけでもユニークなんですが、この茶海肝心のお茶を入れる口がありません。
不思議そおに眺めていると、お茶屋さんの御主人が茶海をひっくり返して、底を見せてくれました。
なんと、底に穴があり、そこからお茶を入れる仕組みになっていたんです。
しかも底から入れるのに、逆さにしても毀れないよおに、カラクリ仕掛けになっているんですね。

随分と手が込んでいるんですが、あまり使い勝手が良さそおでもなかったので、その時は買ってこなかったのですが、
ずっと後になって欲しいなぁと思い、台湾に行った際に探したのですが、全然見つかりませんでした。
まぁ、あまり使い勝手が良い訳ではないので、廃れてしまったのだと思います。

そんな事も有ったのに、この変わった茶海の事なぞすっかり忘れていたのですが、先日近所のリサイクルショップをウロウロとしておりましたら、何とこの茶海に出くわしました。
金額も有って無いよおなもんでしたので、即購入してしまいました。

茶海
↑これがその茶海です。底からお茶を入れて使うんですねぇ。

家に帰って見てみますと、何やらくすんだよおな感じでしたので洗ってみますと、案の定靴墨が塗られておりました。
中国茶の茶器は、時折アンティーク感を出す為に靴墨が塗られている場合があるのですが、色合いが不自然になってしまう場合が多く、大抵は分かります。
そんな時は、鍋で煮沸して根気良く洗っていくと、靴墨が取れて自然な風合いになってくるんですが、まさかこの手の茶海にもされているとは思いませんでした。

一通り手入れをして試してみますと、これが考えていた以上に使い勝手が悪いんです。
お茶が出にくい上に、残量が全くわかりません・・・
さらに具合が悪いには、中のお茶が最後の一滴まで出しにくい事にあります。
これではメンテナンスも良く出来ないので、続けて違う種類のお茶を淹れるのは不可能に近くなります・・・

こんな使い勝手の悪い茶海ですが、見ていると愛嬌があって手に取りたくなります。
まぁ、今後もあまり活躍の場は無いと思うのですが、我が家の食器棚の真ん中で、存在感を出してもらう事にします。

それにしても、もおちょっとメンテナンスがし易ければ、出番も増えるんですけどねぇ・・・
おもしろい茶器なんですけどね。

テーブルウェア | 23:46:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ティーポット
梅雨も明けまして、いよいよ暑くなってきましたね。
暑くなってきますと、ついつい冷たい飲み物なんかを飲んでしまうせいでしょうか、近所のデパートでティーポットがバーゲンになっていました。

暑くても、暖かいお茶やコーヒーを飲む事が多いUTスタッフとしては、願ったり叶ったりでして、ついつい衝動買いしてしまいました。

teapot.jpg

今回購入したのは、ポーランド製のティーポット。
チェコやドイツに近いボレスワヴィエツという町で製造されている物ですが、最近は日本でも良く見かけるよおになってきましたね。

以前、ワルシャワに行った時に、この陶器を扱うお店がホテルの近くに有り、カップ等数点購入してきた事があるのですが、日本でも手軽に購入できるようになるなんて、その時は思いもしませんでした。

陶器なので、女性が片手で持つには重い気もするのですが、温かみのある風合いは良い物ですね。
紅茶でも淹れて一息入れたいのですが、それにしても暑いですね・・・
そお言えば、今日は大暑でした。。。
皆さんも体調を崩さないように、気を付けて下さいね。

テーブルウェア | 19:20:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
琺瑯のマグカップ
年末も押し迫ってきて、いよいよ大掃除を始め出したのですが、要る要らないが判断出来ずに中々部屋が片付きません・・・
そんな中、以前にリブリャナに行った時に買ってきた、琺瑯(ホーロー)のマグカップが出てきました。

マグカップ

国立現代史博物館のミュージアムショップで購入したものですが、友人にお土産にと思って購入したものの、結局あげずじまいで仕舞い込んでしまっていました。

このマグカップ、造りは日本の琺瑯とは比べ物にならないくらい雑なのですが、
なんとなくデザインに魅かれ購入してしまった記憶があります。

ソビエト連邦の国旗がプリントされていると思いきや、ハンマーの部分がスプーンに変わっているんですねぇ。
書いている言葉はなんて意味か分からないのですが、ソビエト連邦の国旗は、赤が革命、ハンマーが労働者、鎌が農民を表していましたので、いったいスプーンは何を意味しているのでしょうかねぇ。。。

国立現代史博物館は、中心部から少し離れたチボリ公園の中にあり、観光客も少なくゆっくりと見学が出来ました。学芸員の方も親切で、我々しかいなかったのに、ムービーを流してくれたりと、親切にしてくれました。

せっかくマグカップが出てきたので、豆でも挽いて一服し、リブリャナで撮った写真でも見直したいと思います。
それにしても、掃除が進まないなぁ・・・

テーブルウェア | 14:52:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad