■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

U Tea party 中国茶会~春霞茶会~開催しました!

以前、ブログやUT online shopホームページにても案内していたU Tea party 中国茶会~春霞茶会~を2/27(土)に開催しました。

開催日当日の朝は雨が降っていて、どうなる事かと思いましたが、雨もやみ、ほっと一安心。。

今回のテーマは「春霞茶会 ~一足先に春を楽しんでいただく~」なので、淡くはかなげなお茶や爽やかで柔らかいタイプのお茶を中心にセレクトしました。

まずはウェルカムティーの君山銀針。黄茶という珍しい製法のお茶で、茶葉の形が美しいので、シャンパンフルートグラスにて浮き沈みする様子などを楽しんでいただきました。

その後、絶品の洞庭碧螺春や爽やかで優しい味わいの文山包種を味わいつつ、お茶菓子とのコンビネーションも楽しんでいただけたようです。

今回お出ししたお茶菓子はこちら

100228.jpg

前にブログにても紹介した唐芋のレアケーキを中心に、桜まんじゅうなどで春らしく仕上げてみました。このレアケーキと中国緑茶や黄茶は好相性♪

その後、数種の中国茶を楽しみ、お茶のお話だけでなく、笑いあふれるお話で盛り上がったお茶会となりました♪私も呈茶しながら、思わず笑い転げてしまう場面も・・・

最後になりましたが、ご参加いただいた5名のお客様、遠いところお越しいただき、本当にありがとうございました!



スポンサーサイト
お茶会 | 07:58:13 | コメント(0)
モーツァルト

モーツァルトと言いましても、偉大な音楽家の事ではなくて、ユーティーオンラインショップで取り扱いしています、ロドス社製コーヒーミルの事です。

このコーヒーミルは、ボディが陶器でできていて、他とはちょっと変わった感じのコーヒーミルです。

コーヒーミルと聞くと、どちらかと言うと男性的なイメージになりがちなのですが、このモーツァルトはどことなく女性的な佇まいのあるデザインのような気がします。

 

MOZART.jpg

 

ボディの柄も、ブルーオニオンが用意されている等、他のテーブルウェアとも合わせ易い所も、なんとなくキッチン向けと感じてしまうのかもしれません。

ロドス社の中でも一番人気のある製品で、もちろん弊社でも一番の人気アイテムです。

キッチンのアクセントにお一ついかがでしょうか。。。

 



コーヒーミル | 11:44:41 | コメント(0)
日本茶で祝杯!

ここで、ご報告があります!

実は、というか、きっとUTブログを読んで下さっている方の多くはご存じかと思いますが、昨年の夏ごろから日本茶インストラクター取得に向け、勉強に励んでいました。

なんとか無事に合格通知を頂き、ほっとしています。

友人たち&U Tea Partyの常連さん達が、応援してくれたり、励ましてくれたりと皆さまのサポートのおかげで合格できたと思っています。

                                                                                                    まずは、この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました

怠けそうになった時に、U Tea partyに遊びに来て下さっている方の顔を思い出しては、ここで落ちるわけにはいかないと頑張って勉強してきました。

合格できたことは素直にうれしいのですが、この試験を通して、自分の未熟さやいたらない点がはっきりと見えてきました。

私の中国茶の師が言っていた言葉、「資格はあくまでパスポート」

U Tea partyを開催し始めて、やっと分かってきた気がします。

お茶の世界を旅する為の身分証。それをどう使って、どう旅するかは私次第。

資格に恥じないよう、真摯な姿勢で日々研鑽を積み重ねていこうと気持ちを新たにしています。

そんな日のお茶は日本茶のやぶ北。

王道中の王道ですが、やはり美味しい。程良く感じる渋み、旨み、重量感。

100219.jpg

今日は美酒ではなく、美茶に酔いしれながら、ゆったりと日本茶を楽しみました。

珍しく真面目な内容になってしまいましたが、たまには良いということで・・・



お茶 | 11:11:08 | コメント(4)
ボリビアのコーヒー

今日は久々にコーヒーのお話。

本日はお家でのんびり過ごせたので、中々飲めていなかったボリビアのコーヒーを頂きました。

ボリビアというと、地理に結構詳しい私でも位置関係が曖昧な国。あまり馴染みがないですよね~。南米にあり、ブラジル・ペルー・アルゼンチンなどに囲まれた内陸国とのこと。コーヒーの栽培も盛んだそうで、どんな味わいか飲むのが楽しみ♪

今回頂くのは、コパカバーナ農園で採れたピーベリー。通常コーヒー豆はサクランボのような実の中に2個対で入っているのですが、このピーベリーというのは一個しか入っておらず、珍重されたりもするそうです。

コーヒーミルはもちろんLODOS!! LODOSのミルはしっかりと豆を掴むので、サクサク挽けます。沢山挽きたくなるのですが、我慢して3人分。。

100211.jpg

コーヒーの香りがフワ~っと漂って癒されますねぇ。

ドリップして出来上がり~

100211-1.jpg

飲んでみると、、、想像してたのと全く違って、洗練された味わい!

マイルドな酸味と程良い苦味、甘味も感じつつで、とても飲みやすい♪ 家族にも評判が良くて、もっと飲みたそうだったけれど、残念ながら人数分のみ・・・。(こんな好評なら、もっと挽きを楽しめたわねー)

ベルギーのダークチョコと合わせて頂いたのだけれど、チョコとコーヒーの相性は抜群ですね。するりと飲めるボリビアのコーヒーと濃厚なカカオの風味があるベルギーのチョコレート、大満足のリラックスタイムでした♪♪



コーヒーミル | 10:35:38 | コメント(0)
とろ~り半熟カステラとウヴァ茶

今週は食欲旺盛なUTスタッフのYです。

今日はちょっと電車を乗り間違えて、品川駅に行ってしまいました・・・。

せっかく来たからにはと、JR駅構内のエキュートに立ち寄りました。

色々物色して、悩んだ末に旬風さんの「とろ~り半熟カステラ」を購入。和三盆糖と塩を利かせたカステラということで、早速頂きました!

100209.jpg

ちょっと暗かったので、写真の写りが良くないですが、この「とろ~り感」分かりますか?

食べてみると、塩味が結構強く、甘さも強め。「とろ~り部分」がカスタードっぽくみえますが、カスタードというより、濃厚な卵の黄身の味わいとでもいうのでしょうかね。我が家はさっぱり系を好むので、ちょっと濃厚すぎたようですが、お子様や濃厚なケーキが好きな方には良いのではないかな~

お茶は渋みの効いたウヴァをストレートで。。

このウヴァというのは、三大紅茶の一つでスリランカの紅茶です。メンソール系の刺激の強い渋みを感じる紅茶なので、通常はミルクティーで楽しまれています。でも今回はあえてストレートで。濃厚なカステラとウヴァの渋みが良い感じに中和されて、2杯も飲んでしまいました♪

これで少しは食欲が落ち着いてくれると良いのですけどね。。



食・レシピ | 10:59:11 | コメント(0)
祁門紅茶と豆乳ドーナツ

今日は風が強くて、肌寒い一日でしたね。

そんな時は紅茶でホッと暖まりたいものです。。

今日の紅茶は祁門紅茶。漢字で書くと、ちょっと分かりづらいですが、三大紅茶の一つ、キーマン紅茶です。キーモンともキームンとも呼ばれますが、中国の香り高い紅茶です。

特徴的な香りが苦手な方もいるかもしれませんが、味自体は渋みも少なく、意外にさっぱりと楽しめる紅茶です。

お茶受けは豆乳ドーナツ♪

ベリィソイズさんという、お豆腐や豆乳を使ったスウィーツのお店のドーナツです。

江戸川区の福祉作業所の方たちが作っていて、私のおススメはこの豆乳ドーナツのシナモン味。シナモン風味が控えめなので、お茶受けに最適です

モチッと感もあって、やさしくて懐かしさも感じる味わい。

主張しすぎないので、お茶が進みますね~

茶譜とマッチすれば、U Tea partyでもお出ししたいと思っています♪

100207.jpg

スウィーツではないですが、こちらのお豆腐も大豆の味が濃厚で美味しいですよ~



食・レシピ | 08:29:38 | コメント(0)
オーバル

今年の新製品第二弾の「オーバル」です。

oval.jpg

 

これも、今年のテーマにそって、昔に製造されていたものをイメージして造られた製品です。

もっとも、ただ複製するのではなく、現代の生活に合った改良が加えられています。

その一つがサイズ。前にも書いたのですが、昔のコーヒーミルは、現代のコーヒーミルよりも大ぶりのものが多いですね。

今回の「オーバル」も、以前のものより一回り程小ぶりにしたもので、キッチンでの収納が考慮されたものになってます。

カドの少ない独特の形状は、持った時のフィット感もよく、他にない挽き心地です。

 

Ovalo.jpg

↑昔のタイプ。。。

 

50年くらい前のコーヒーミルですが、まだまだ現役で挽けるのです。

お気に入りのミルは、長く育てていきたいもんです。

 



コーヒーミル | 10:38:34 | コメント(0)

FC2Ad