■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クロアチアのお茶

旅行記はクロアチアからスロベニアに入っていますが、ここでクロアチアの珍しいお土産を紹介したいと思います

 

クロアチアのグリーンティーです♪

101230.jpg

ヨーロッパで緑茶というイメージがないですが、ザグレブ近郊の町で栽培されているそうです。。

しかも緑茶にとどまらず、黄茶(中国茶の一種)まで。

今回は時期ではないとのことで、リーフタイプは手に入らず、ティーバッグでしたが、ヨーロッパで飲まれている緑茶の一端が垣間見られた気がします。

 

味はというと、、、スモーキーでかなり飲みずらいタイプです・・・。

高温で淹れると、正直飲めません

少し温度を下げると、日本の番茶のような味わいにも近くなり、飲みやすくなりました。

 

クロアチアはコーヒー文化圏だからお茶なんてないだろう、ましてや緑茶や黄茶があるなどとは思ってもみませんでした。こうしてみると、世界は広いなぁなんて思います。。旅行もそうですけど、色んな事にチャレンジして、世界観を広げていきたいなと考えながら、クロアチアン・ティーを飲んでいます。。

 

来年のユー・ティーオンラインショップではクロアチア&スロベニアの新たな雑貨アイテムを、U Tea partyでは中国茶&日本茶だけでなく、LODOSのコーヒーミルを使ってのコーヒーイベントなど新しい企画にもチャレンジしていきますので、お楽しみに♪

 

今年、ユー・ティーオンラインショップでお買い物下さったお客様、U Tea partyにご参加くださった皆様、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

また来年もご愛顧の程、宜しくお願い致します。

 

UTスタッフ一同

 



スポンサーサイト
お茶 | 09:28:36 | コメント(0)
リュブリャナ~その①~

スプリットから隣国スヴェニアのリブリャナまで、鉄道で向かおうと思ったのですが、その日の内に乗り継いで行けない事に・・・

結局、空路ザグレブに戻り、そこから鉄道で向かう事にしました。

スプリット⑤

↑ 朝5時半のスプリット

 

朝一番の飛行機に乗る為に、まだ暗いうちにホテルを出発です。

飛行機は遅れる事も無く順調で、おかげで予定していた列車よりも早い便に乗る事ができました。

ザグレブからリュブリャナまではバスの運行が無く、1日数本の列車が運行されているだけで、スプリットからの場合は、乗り継ぎが間に合わないのです。

まぁ、夏季運行の場合は遅い時間の便もあるようなのですが、冬季は実に寂しいダイヤでした・・・

私達の乗った列車は、機関車を除き、1等・2等の2両編成。

1等に乗る乗客は殆どいないので、事実上は1両編成といった所です。

ザグレブ③

車内は結構な混み具合だったのですが、幸いにも警察用のコンパートメントを空けてもらったので、鉄路を快適に過ごす事ができました。(知らずに座っていたらそのままOKしてくれたのですけどね)

リュブリャナに着いたのですが、あいにくの雨・・・

とりあえずホテルの近くにある、国立現代史博物館に向かう事にしたのですが、

中には第一次世界大戦~独立時の内戦迄の展示があり、中々興味深い内容です。

また、学芸員のおじさんがとっても親切な方で、映画を二本も見せてくれました。。

たっぷり見学させてもらったので、知恵熱がでそうなくらい勉強になりました。。。

リュブリャナ①

↑紅葉がきれいな公園の中に建っています。

 



旅行記 | 12:55:20 | コメント(0)
セイロンティーとカステラ

先日、友人から紅茶のティーバッグを頂きました。

 

ムレスナというスリランカのメーカーの紅茶です。

私は頂いて初めて知ったメーカーでしたが、どうやらスリランカの中では有数のリーフ・メーカーとのこと。

木箱には「イングリッシュ・ブレックファースト」と書いてあります。

101223.jpg

早速頂いてみることに♪

 

もちろんティーバッグなので、リーフよりは劣りますが、イングリッシュ・ブレックファーストと名付けられている通り、渋みの効いた、ミルクに合うタイプに紅茶です。

私はストレート派なので、あえて何もいれずに頂きましたけど

 

実はその友人からもう一つ、頂いていたものが。。(最近、本当に頂いてばかりです・・・)

それは、、、福砂屋のカステラです~♪

写真には撮っていませんが、紅茶と共に頂きました♪

 

ザラメのついた甘めのカステラと、渋みの強めな紅茶の組み合わせって、相当合います!

久々にカステラを頂きましたが、カステラにはやっぱり紅茶だと再認識しました。。

 

そういえば、「カステラには絶対牛乳!」と言っていた人がいましたっけ。。

そう考えると、牛乳+紅茶=ミルクティーがカステラには一番合うのかしら??

 



お茶 | 10:15:26 | コメント(0)
スプリット

ドブロブニクからスプリットに向かうには、バスで4時間半位かかります。

私達は10時の便で向かったのですが、到着する頃には既に夕方になっていました。

1日しか滞在できないので、早速観光です。

スプリットは、ザグレブに次ぐクロアチア第2の都市なのですが、観光の中心である旧市街はこじんまりとしており、1日で観て周る事ができます。

と言う訳で、早速ディオクレティアヌス宮殿跡を見学。

石造りの古い街並みは歩いているだけで楽しく、異国情緒満喫という感じです。

スプリット①

この宮殿跡には地下室もあり、部分的に見学する事ができます。

中はガランとしているのですが、所々に遺物等が展示してあったり、ライトアップしてあったりと、中々神秘的な感じがします。

スプリット②

海に面した通りには、沢山のカフェがあり、とってもゆっくりした感じです。

やっぱり港町は良いですねぇ。。。

スプリット③

景色が良いので、ついついカメラを構えてしまいます。

後は腕ですねぇ・・・

 



旅行記 | 10:45:42 | コメント(0)
ドブロブニク~その②~

ドブロブニクと言えば城壁歩きと思い、張り切って周ってみる事にしました。

城壁と言う訳で、そんなに歩き易くはないのですが、ここから眺めるアドリア海は格別です。

ドブロブニク④

城壁歩きは結構な距離がありまして、一周するのに一時間半くらいかかってしまいました。

歩いている途中にスルジ山を眺めていたら、何やらロープウェイのような物を発見!!!

早速乗ってみようと言う事になり、城壁をおりた後に乗り場らしき方向に向かっていきますと、ロープウェイ駅を発見!!!

ドブロブニク⑤

どおやら、内戦で破壊された物を復活させたみたいで、30分おきくらいの間隔で運行されていました。

山頂から眺める景色は格別で、ただ眺めているだけで時間が過ぎていきます・・・

ドブロブニク⑥

山頂でゆっくりしていたのですが、お腹が空いてきたので下山。

旧港の所のレストランにて、昼食。

海からの風を受けながら飲むビールも格別で、ついつい食もすすみます。

景色も良く、料理も美味しく大変良い一日でした。

ドブロブニク⑦

 



旅行記 | 09:36:22 | コメント(0)
濃茶のお菓子とお煎茶

クロアチア旅行記やU Tea partyの日本茶会の様子やらと書くことが沢山あって、おいしい京都土産を頂いていたのに、中々アップできませんでした

 

今日ご紹介するのは、コチラ

101214.jpg

マールブランシュの「茶の菓」。

ホワイトチョコを挟んだ、抹茶ラングドシャです。。

 

京都に行った友達より頂きました♪

見た目の色合いも焼き印の文字もGoodです!

濃茶を使用したラングドシャのサクサク感と、ホワイトチョコのバランスが良くて、美味しい~♪

 

こちらのお菓子に合わせたのは、先日のお茶会でも使用した「ふくみどり」という品種の日本茶。。

狭山のお茶で、渋みも効いているのだけど、後から甘みと花のようなほのかな香りを感じます。しっかりとした渋みと深蒸しの濃厚さがホワイトチョコとも好相性でした!

 

お濃茶ラングドシャはパッケージも素敵ので、京都土産にはおススメです~!

食べていると、京都に行きたくなるなぁ~。。

 



食・レシピ | 11:04:53 | コメント(0)
栗の和菓子と日本茶

栗のお菓子が大好きUTスタッフYですが、栗を使った和菓子で好きなのは、栗きんとん!

栗の美味しさを存分に楽しませてくれるお菓子ですよね~♪

 

差し入れでいただいたのが、濱うさぎさんの栗きんとん。。

101211.jpg

程良い甘みが口の中でほわ~っと広がります♪

 

栗きんとんに合わせたお茶は、もちろん日本茶。

静岡 両河内のやぶきたです。

浅蒸しでクリアな味わいなのに、渋みもしっかりとあるので、シンプルな和菓子には良く合います。

 

写真奥に写っているのは、栗大福。。

まるごと一個栗が入っていて、食べ応え十分!

 

こういった和菓子と日本茶は、冬に縁側で日向ぼっこしながら、のんびりと楽しみたいですね~♪ 

 



食・レシピ | 10:35:06 | コメント(0)
ドブロブニク~その①~

クロアチアと言えば首都ザグレブよりも有名なのが、アドリア海の真珠と言われるドブロブニクではないでしょうか。

古くは海洋国家として栄え現在に至るこの街は、災害や戦災等に遭いながらも、その都度復興を成し、今日では見る者を中世の街並みに誘ってくれる、大変に美しい街です。

 

クロアチアに来たからにはここは外せないだろうと、仕事そっちのけで行く事にしたのですが、地図を見るとドブロブニクの場所は飛び地になっていて、ザグレブから行くには随分と時間がかかりそおだなぁと考え込んでました・・・

 

とりあえずクロアチア航空のホームページを見てみると、運賃がそれ程高くはない!!!

と言う訳で、空路ドブロブニクに行く事に決定しました。

ドブロブニク①

↑ ドブドブニクの空港です。天気が良かったので、空がとてもきれいでした。

後で現地の人に聞いたのですが、11月は雨が多く寒いとの事でしたが、私達の訪れた時は天気に恵まれ、気温も20℃近くと、とても快適に旅する事ができました。

ドブロブニク②

↑ ブロブニク旧市街の入り口の一つピレ門。ここから中に入ると、メインストリートのプラツァ通りに続きます。

ドブロブニク③

観光シーズンでもないので、ごった返すと言う訳ではないのですが、それなりに人は多かったです。

7月~8月がシーズンのようで、多くの人で賑わうみたいです。

 

こんなところで、スローヴァカンスなんてしてみたいですね・・・

 



旅行記 | 10:00:03 | コメント(0)
U Tea party~日本茶あそび~開催しました!

12/4にU Tea party~日本茶あそび~と題した日本茶会を開催いたしました!

 

9種類の狭山&静岡の品種茶を用いて、オリジナルの合組(ブレンド)茶を作っていただきました。

101205.jpg

品種茶のテイスティングの時は、味と香りの特徴をつかむのに、みなさま苦労されていたようですが、出来上がったオリジナル合組茶は参加者のみなさまが納得のゆく、おいしいお茶にブレンドされていました。

お茶会開催前に心配していたのは、似たような味わいのお茶が多くなってしまうことでしたが、実際に合組していただいたお茶を飲んでみると、全員が異なった味わいで、オリジナル感溢れる美味しいお茶たちになっていました。

 

また、最後に飲んでいただいたのは、茶師十段の合組茶。参加者一同を唸らせる、さすが茶師十段の味わいでした。

開催後には、「やぶきたをもう少し混ぜたらよかった」など、連絡を下さった方もいらっしゃったりと、参加者の方たちにも印象深いお茶会となったようです。

今回不参加だった方々からも、面白そうとの声をいただいているので、来年も新茶が出揃った頃に開催したいな~と考えています。。

 



お茶会 | 03:44:01 | コメント(0)
ザグレブ~その③~

クロアチアと言えばカフェ文化の地。。。ここザグレブも例外ではありません。

コーヒーミルを取り扱っている我々としては、是非満喫したいものです!!!

その前に腹ごしらえと立ち寄ったレストランがここ「MEDVEDGRAD」。

MEDVEDGRAD① MEDVEDGRAD② MEDVEDGRAD③

さすがにビール工場直営とだけあって、ビールは美味しいですねぇ~。。。

料理もかなりのボリュームがあり、上の写真の料理がクロアチア料理の盛り合わせでお薦めとの事でした。日本人にも食べやすい味付けで、ビールとの相性もバッチリです。

 

カフェに入る前に街歩き。国立劇場等を見てまわり、「Orient Express」と言う往年の名列車をイメージしたカフェにて一休み。

Orient Express① Orient Express②

入り口側はバーになっていて、奥の方が喫茶といった作りなのですが、列車をイメージしてとあってか、そんなに大きな作りでは無く、客席数は少なかったです。

たまにはゆっくりと、かつての豪華列車に思いを馳せるのも良いものですねぇ~。

なんちゃって。。。

 



旅行記 | 11:40:11 | コメント(0)

FC2Ad