■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

モスクワ-5

先日の旅行記で、チェスケー・ブディェヨヴィツェに訪れた事を書いたのですが、ここに行く楽しみは何と言ってもビールです。それと同じくらい楽しいのが、アンティークショップ巡りです。

旧市街の中には、数件のアンティークショップがあり、生活用品等が所狭しと並べられてます。

その中に混じって、カメラが置いてある場合があるのですが、今回もそんな中から一台を見つけて来ました。

Mockba-5.jpg

堂々たる構えの「モスクワ-5」です。さすが首都の名前を冠するだけはあるカメラで、レンズを繰り出した状態ですと、結構な大きさになります。

この手のカメラにしては、すっきりした感のあるデザインで、けっこうなお気に入りです。

後ろに写っているコーヒーミルは、同じく以前に購入した、ロドス社の古いコーヒーミルです。

(ロドス社の現行品コーヒーミルは、UTオンラインショップで販売中です!!!)

どちらも50年位前の物ですが、いまだに快調に使えます。

 

私もこんなに長く現役でいられるのかなぁ・・・

 



スポンサーサイト
カメラ | 03:01:57 | コメント(0)
最中と浅蒸し日本茶

ティータイムのお供は虎屋の最中です。。

 

親の頂きものを頂きました

以前から、最中にはそれほど心惹かれないので、自ら買うことはありませんが、こうやって頂いてみると、美味しいものですね~。

110125.jpg

↑御代の春という、紅白の桜と梅の形をした最中です。

小ぶりながらも、甘みが強めで、一個で大満足♪

そのあたりが老舗の味わいと感じます。。

 

これに合わせたのは、香駿という日本茶の品種茶。

桜葉のような爽やかな香りが漂うお茶です。味自体はさっぱりとしているので、甘みの強い和菓子にも良く合います。

特に今回は浅く蒸してあるお茶なので、グリーンでフレッシュ感が浅蒸し好きにはたまりません♪

 

まだまだ寒いですが、気持ちだけでも春めいてくるティータイムとなりました。。

 



食・レシピ | 10:57:03 | コメント(0)
ウーロン茎茶とチョコ・ポテトチップス

友人が帰郷のお土産に、私の大好きなロイズのチョコレートがけポテトチップスを買ってきてくれました

 

ポテトチップスにチョコって、「うぇっ」と思う方もいるかと思います。私も食べるまでは、チョコはチョコで、ポテトチップスはポテトチップスで食べるべきでしょーと思っていましたが、チョコ・ポテチはイケてます。。

ポテトチップスの塩味とチョコの甘みがなぜか合うんですよねー(不思議。。)

 

110122.jpg

↑奥に写っているのが、フロマージュ・ブラン味のチョコがけポテチ。。

食べたことがあるのは、ミルクチョコレートがけポテトチップスだったので、新味が試せて嬉しいわ♪

 

個人的に大好きなので、パクパク食べてしまい、太りそうです・・・気をつけないと!!

 

このスイーツに合わせたのは、台湾の烏龍茶の茎茶です。釜炒りしており、ほうじ茶感覚の烏龍茶です。

あっさりしているのに、ほんのり甘くて、でも油をすっきり流してくれそうなお茶。

茎茶だから、予想以上に甘みを感じるのかしら。

日常飲みに適したやさしい烏龍茶です。

 

高カロリーのチョコがけポテチにはぴったり!

 

なぜこのお茶を合わせたのかというと、、、もうお分かりですよね。

お茶を飲んで、少しでもチョコとポテトチップスの油を洗い流そうとしている魂胆が見え見えですもんねー

 



食・レシピ | 02:02:43 | コメント(0)
和風ケーキと手摘みの日本茶

久々に銀座三越をプラプラしてきました♪

やっぱりデパ地下は楽しいですね~。

 

何か美味しいスイーツがあればと思っていたところ、京洋菓子司ジュヴァンセルさんの生洋菓子が期間限定で売っていたので、即購入いたしました!

110117-2.jpg

どれも美味しそうで、かなり迷いましたが、こちらをチョイス。。

 

一番手前の「さがの路」という抹茶のチーズケーキが有名らしいのですが、個人的には真ん中の小豆と栗のケーキと、奥のきな粉のケーキが和風ケーキらしくて美味しかったです。。

 

小豆と栗のケーキはほぼ和菓子ともいえるお味。鹿の子を洋風にアレンジしたら、まさにコレ!

きな粉のケーキは求肥の中にきな粉クリームと胡麻の入った白あんが入っていて、特にきな粉クリームは絶品♪

 

どのケーキも和風味が勝っているので、紅茶ではなく、緑茶が合います。。

110117.jpg

ということで、本日のお茶は狭山の手摘みのやぶきた。

深蒸しに仕上げてあるので、まったり感が和風ケーキとよく合います。

関東の人間なので、宇治茶に詳しくない為(言い訳?!)、狭山茶を合わせてみましたが、京洋菓子と謳っているからには、宇治茶を合わせるべきだったかしら?

でも、深蒸しの狭山のやぶきたも負けていませんぞ。初めに甘みを感じ、喉を通った後にふわ~っと柔らかな渋みがあがってきて、なんとも上品。。

 

ぜひ、お試しあれ! 



食・レシピ | 10:18:51 | コメント(0)
チェスケー・ブディェヨヴィツェ

だらだらと、旅行記を続けてきましたが、やっと最後までたどり着く事が出来ました。

いよいよ最終地プラハに向けて出発です。

リンツからプラハまでは、直通列車も出ているのですが、早朝と夕方のみしかなく、途中のチェスケー・ブディェヨヴィツェで乗り換えるのが、本数も多くて便利です。

リンツ③

7:21発の列車にて、チェスケー・ブディェヨヴィツェに向かいます。

 

リンツ④

まだ早いのでガラガラです。

 

1時間半くらいで、終点のチェスケー・ブディェヨヴィツェに到着です。

せっかくなので、お昼くらい食べてからプラハに向かおうと思い、街の中心近くにある、「MASINE KRAMY」と言うレストランに向かいました。

チェコの食事のでお気に入りなのが、ガーリックスープ↓です。

チェスケー・ブディェヨヴィツェ①

チェスケー・ブディェヨヴィツェは、ブディヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所がある所で有名ですが、街中にも小洒落たお店や、アンティークショップも多く、街歩きには持ってこいの所です。

それと、なんと言ってもビール工場のおひざ元とあって、お昼から安心して飲めるのが良いですね???

チェコに行く機会があったら、行ってみてはいかがでしょうか。

 



旅行記 | 02:45:50 | コメント(0)
リンツ

リュブリャナを後にした私達は、列車を乗り継いで一路リンツへと向かいます。

一路と言っても直通の列車は夜行くらいしか走っていませんので、途中のザルツブルグで乗り換えです。

リュブリャナを9:27に出発するミュンヘン行きに乗車したのですが、これがまた1等・2等各一両づつの編成です。ザグレブ~ミュンヘンまで4ヶ国を跨ぐ国際列車なのですが、ちょっとさみしいですね。

そんな事を思っていたら、オーストリアに入って一つ目の駅フィラッハで増結され、機関車もオーストリア連邦鉄道のものに付け替えられて、堂々たる編成でミュンヘンを目指す事になりました。

途中の車窓は相変わらずの雨模様なのですが、しばらくしてトンネルを抜けると、何と雪が吹雪いているではないですか

これには、乗り合わせた現地の人達もビックリしていました。

 

雪が止んできたなぁ~なんて思っていたら、もうじきザルツブルグです。

ほぼ定刻にザルツブルグに到着し、リンツ行きのチケットを買いに窓口に向かいます。

途中、駅の構内にカメラ屋さんを発見したのですが、時間がないので眺めるだけになりました。

窓口の駅員さんは非常に良い対応の人で関心していたのですが、ザルツブルグの駅は工事中のようで、メチャメチャ上り下りが多く、バリアフルって感じでした・・・

無事に14:10発ウィーン行きに乗る事ができ、約1時間でリンツに到着しました。

リンツの駅は、建て替えが終わったばかりのようで、構内にスーパーや銀行等もあり、非常に近代的な作りになっていました。

 

時間もそれ程無いので、チェックイン後はすぐに街歩きです。

リンツ①

足早にリンツの街並みを見て回ったのですが、教会が多く綺麗な街並みは、なんだか落ち着いた気分で観光している気になります。

 

リンツ②

時間があったらペストリング登山鉄道にも乗ってみたかったです。

次来る機会があったら、もっと時間を取ってきたいものです。。。

 



旅行記 | 10:05:44 | コメント(0)
はちみつロールケーキとダージリン

とっても美味しいロールケーキの差し入れをいただいたので、ご紹介します♪

 

キャトルさんのはちみつロールケーキです。。

110110.jpg

キャトルというと、卵の殻にプリンをつめた「うふプリン」が有名ですが、ロールケーキも侮れません。

写真では分からないかもしれませんが、スポンジにはちみつがかかっていて、噛みしめるとじわ~っとハチミツの味がしてきます。

クリームは甘さ控えめ。。全体的にしっとりした印象のロールケーキです。

 

これに合わせたのが、2009年のダージリン!キャッスルトン農園のセカンドフラッシュで、香り高く、しっかりとした渋みのある紅茶。大輪の花を思わせるすばらしい紅茶なのですが、思いの外、合いませんでした(残念・・・。)

ハチミツのケーキって、もっと濃厚なのかと思ってチョイスしたのだけどねー

ダージリンも濃い目に作ってしまったのが、良くなかったみたい。

 

次回は爽やか系のニルギニあたりと合わせて、楽しんでみたいと思います♪

 



食・レシピ | 10:03:48 | コメント(0)
リュブリャナ~その②~

リュブリャナでは、連日雨模様だったのですが、仕事は早々に片付けて街歩きです。

取りあえず、ホテル近くのユニオンビールに行ってみました。

リュブリャナ②

残念ながらファクトリーツアー等はやっていなかったのですが、敷地のかなり奥まった所にショップがある事を教えてもらったので、行ってみる事にしました。

ビール等が大量に置いてあったので、早速購入!!!

雨も大降りになってきたので、ホテルに戻ってみたのですが、なんだか退屈です。

フロントの方にカメラ屋はあるのか尋ねてみたら、すぐ近くにあるということでした。

そうとあっては、雨など気にしていられません。

早速向かってみたのですが、カメラ屋というよりも、パソコンショップと言う感じのお店でした。

せっかくきたのですから店の中を物色してみると、なんと、激安のPCが置いてあるではないですか。。。

夕食まで時間があったので、ホテルでいじくろうと思い購入。

UMPC.jpg

↑名前は「UMPC」って書いてありました。

OSは「windows ce6」ですし、スペックも大した事はないのですが、何だかんだいじくって遊んでいる内に、あっと言う間に夕食の時間になってしまいました。

 

この日のお店は、Sarajevo'84というボスニア料理のお店です。

リュブリャナ③

メニューの数はそんなに多くなく、上の写真は、サラエボパンにお肉(皮のないソーセージみたいな物)を挟んだ簡単な物なのですが、塩味のきいた味はなかなか美味しく、思わずサラエボビールが進みます。

しかし、どこに行ってもビールばっかり飲んでますね・・・反省!

 



旅行記 | 03:14:54 | コメント(0)
2011年初飲みのお茶

明けましておめでとうございます!

今年もコーヒーミルとテーブルウェアのお店 ユー・ティーを宜しくお願いいたします。

 

さて、今年の初飲みのお茶は何かというと、、、

2008年秋の安溪鉄観音です♪

しばらく存在を忘れていて(失礼!)、けれど、とても品質の良いお茶なので、封を切ってみることに。。。

 

茶葉から香るのは、ブドウと言いうか、ワインに近い、濃厚で芳醇な香り!

実際に飲んでみると、するりと水のように飲めてしまう不思議なお茶です。

良いお茶は時間を経ても、素敵に年を取っていくのですねぇ。。私もそうありたいわ~。

110103.jpg

そして、このお茶を頂きながら、箱根駅伝を見てました。。駅伝選手には毎年のことながらパワーをいただいています。

 

今年もUT online shopとU Tea partyを盛りたてていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

 



お茶 | 09:11:46 | コメント(0)

FC2Ad