■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

KEYSTONE REFLEX K1020

先日、コダック社のニュースを聞いた時、無性にアメリカのカメラをいじってみたくなり、ゴソゴソと引っ張り出してきましたら、「KEYSTONE REFLEX K1020」というカメラがでてきました。

 

このカメラはメーカーこそアメリカのキーストン社と付いていますが、1966年に日本のマミヤ光機社が作ったものです。

輸出専用機だったみたいで、国内では販売されなかったようです。

アメリカは昔からOEMが盛んだったみたいですね~。

 

KEYSTONE k1020
 

シャッター速度は固定で、明るさによって絞りが変化します。

サイズが小さくて、気軽に持ち出せそうですが、如何せんこのカメラのフィルムは126という、既に製造終了のものを使っており、撮影をしようなんて思ったら、えらく大変な目に合います。

 

そんな訳で、もっぱら鑑賞用になっていたのですが、見直してみると、中々味のあるカメラです。

そういえば、126フィルムというのもコダック社が作った規格でしたね・・・。

 



スポンサーサイト
カメラ | 02:11:32 | コメント(0)
U Tea party~中国茶藝ミニレッスン&ひな茶会~開催のお知らせ!

前回の記事にも書いた通り、2012年初のお茶会開催のお知らせをします♪

 

今回は中国茶オンリーのお茶会です。開催日が3/3のひな祭りなので、ひな祭りにふさわしいお茶とお菓子で楽しんでいただこうと思っています。

 

テーマを「中国茶藝ミニレッスン&ひな茶会」としたのは、常連の方から中国茶の淹れ方を習いたいという要望があったからです。

通常、U Tea partyではお茶を「飲んで、味わう」ことをメインにしているので、参加いただいた方はひたすらお茶を飲み、お菓子をつまみ、お話をしているという、ゆったりしたお茶会です。

しかし、今回は中国茶専用の道具を使っての淹れ方を皆さんに体験していただこうと思います!

「お土産などで中国茶器をいただいたけど使い方が分からず、全く使っていない」とか、「中国茶器を使ってみたいけど、持っていないし・・・」など、よく聞きます。

中国茶藝は奥深いものですが、難しい話は抜きにして、まずは茶器に触れて、中国茶を淹れることに親しんでいただきたいと思います。

中国茶藝体験の後は、ゆったりと美味しい中国茶を愉しみましょう!

 

真面目な講座というよりも、お茶会の延長で楽しく中国茶体験していただきますので、是非お気軽にご参加ください!

 

U Tea party~中国茶藝ミニレッスン&ひな茶会~

日時: 2012年3月3日(土) 15:45~約2時間

場所: 東京都江戸川区 東部フレンドホール4F和室

会費: ¥2,500-(お茶&お茶菓子付き)

 

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。もし、好みのお茶や好きな味わい等がありましたら、是非ご記入ください。

 

120124.jpg

こちらが蓋碗という茶器です。ミニレッスンでは急須代わりに使って中国茶を淹れていただきます。。

 



お茶会 | 11:57:58 | コメント(0)
雲南省の緑茶とういろう

そろそろ、三月に開催するU Tea partyのお茶会の参加者募集記事をアップしようと思い、お茶画像用に三越銀座にてういろうを買ってきました。。

 

奥に写っているのが、京都の五建外良屋さんのういろです。

三色団子みたいで可愛いでしょ♪

120119.jpg

私は今まで「ういろう」と思っていましたが、「ういろ(外良)」とも言うそうです。(知らなかったわ~)

ういろうは和菓子でも地味な部類なので、そんなに頻繁には食べないけれど、基本的にモチモチ系の好きな私にとって、ういろうは好きな和菓子の一つです。

何と言っても、素朴な甘みがお茶には合いますね~!

今回は中国緑茶の雲南毛峰という、雲南省の緑茶と合わせてみました。

雲南毛峰の柑橘系の香りと、ういろうの甘みがマッチしていて、両方とも美味しくいただきました。

ただ見て分かる通り、雲南毛峰は蓋碗の割に茶葉を入れすぎたような・・・

 

今日、お茶会開催予定をアップしようと思ったのですが、ちょっと時間が無く、次回にお知らせいたします!

お楽しみに!

 



食・レシピ | 11:28:25 | コメント(0)
和歌山県の日本茶

日本茶インストラクターの仲間から、レアな日本茶をいただきました♪

 

120115.jpg

 
 

和歌山県の那智勝浦で作られた、色川茶というお茶です。

今まで聞いたことがなかったのですが、調べてみたら、本州で一番早く摘まれる緑茶とのこと。。

今回いただいたのは釜炒り茶と書いてありましたが、釜炒りというよりは、送って下さった方もおっしゃる通り、ほうじ茶ですね。

焙じた香りも味も穏やかで心地よいし、茎もしっかりとついているので、まろやかで味わい深くて美味しかったです♪

 

お茶を下さった方はの日本茶遊びのお茶会で、絶妙なブレンドをされた感覚をお持ちの方なので、さすが!というチョイスで楽しませていただきました!!

この場を借りて、お礼申し上げます!

 



お茶 | 03:06:59 | コメント(0)
お気に入りのマグカップ♪

年明け早々、以前から気になっていたマグカップを購入しました!

 

昔はマグカップを使って、紅茶やコーヒー、はたまた日本茶を飲んでいたのですが、お茶を本格的に始めてからは、マグカップはほとんど使わなくなりました。

紅茶はティーカップ、コーヒーはコーヒーカップ、日本茶は湯呑、中国茶は茶杯というように。。

気取っているわけでなく、それに合ったカップで飲んだ方が美味しいからです。

勿論、時間の無い時はマグカップも使いますけどね

 

ということで、必然的にマグカップの出番が無い為に、気になっていたけれど、買えずにいたわけです。。

年末にお部屋の模様替えをしたついでに、部屋飲み用のマグカップも新調することに。。

120111-1.jpg
 で、購入したのはこちら。益子の作家さんである、松島妙さんのマグカップ。

蓮の文様が女性らしくて可愛いのです!

もちろん、コーヒーミルとテーブルウェアのお店 ユー・ティーでの取り扱いアイテムで、私も欲しくてバイイングした商品です!

 

陶器製のマグって、ぽってりした印象が強いですが、このマグは口当たりがすごくいいです。

マットな質感なので、ざらっと感はありますが、カップの内側に向かってわずかにカーブしているので、口に当てた時にシャープさを感じ、飲み心地はとても良いです♪

マグカップではなく、紅茶カップとうたっているのも、こういったところに由来しているのかもしれません。もちろん、紅茶に限らず、日本茶も中国茶も楽しめますし、ガブガブ飲める大きめサイズも魅力です。

見た目も使い心地も自分好みなんて、中々ないですよね。。使い始めたばかりですけど、お気に入りの一品になりました♪

 

120111-2.jpg

後ろ姿は、蝶が飛んでマス。。可愛い!!

 



テーブルウェア | 11:18:45 | コメント(0)
PENTAX Q

昨年8月に、PENTAXからもの凄く小さなミラーレス一眼が発売されまして、これまたもの凄く気にはなっていました。しかし、中々踏ん切りがつかずにうだうだと手を出せないでいたのですが、遂にこのお正月に購入してしましました。

 

Pentax Q

しかも、他のスタッフと同時に購入したので、一気に白黒の2台になってしまいました。

撮像素子が小さいのが気にはなるのですが、普通に使う分には全然気にならない写りです。

 

小さくて取り回しが良いから、旅行等には打って付けの機材ですね。

これでまた、旅が少し楽しくなりそうです。。。

 



カメラ | 02:51:28 | コメント(0)
明けましておめでとうございます!

新しい年が始まりました。今日からコーヒーミルとテーブルウェアのお店 ユー・ティーもオープンしました。今年もどうぞ宜しくお願いいたします!

 

今日はスタッフが「あけおめ差し入れ」をしてくれました。

横浜中華街の重慶飯店の月餅です♪

120104.jpg

中身はしっとりした小豆餡で、重すぎず、甘すぎず、私には程良い味です。

上にピスタチオがのっていて、見た目も可愛い一口サイズ。。

お茶はお茶菓子に合わせて中国茶を。以前に香港で購入した白牡丹です。飲茶などでも愉しまれるお茶なので、月餅にも当然合いますね♪

 

この白牡丹を飲むと、無性に香港に行きたくなります~!

でも、今年が始まったばかりなので、しばらくは仕事づけでしょうか・・。

ユー・ティーも今年4年目を迎えます。今年も様々な企画を考えておりますので、U Tea party共々、宜しくお願いいたします。

 



食・レシピ | 10:16:22 | コメント(2)

FC2Ad