■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

みたらしとろとろ
「みたらしとろとろ」って平仮名で書くと何のことだかイマイチ分かりづらいですが、トロトロしたみたらし団子のことです

大阪の浪芳庵さんのみたらし団子の商品名ですが、ここのみたらし団子は、普通の外側にみたらし餡がかかっているのではなく、お団子の中に餡がが入っているタイプです。
120729.jpg
食べてみると、、、

団子の中に入っているみたらし餡は、トロトロというよりサラサラと言った感じ。関東のみたらし餡は結構とろみがあるので、関西系のみたらしを食べるとサラサラに感じるのかもしれませんね。

このお団子の良いところは、口の周りが餡で汚れないことでしょうか。みたらし団子は気を付けて食べないと結構ベトベトになってしまいがちですが、こういうタイプだと上品に食べられますよね♪



スポンサーサイト
食・レシピ | 14:45:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コースター
連日暑い日が続いているのですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
テレビ等でも、熱中症予防の為に水分を採るよう言われておりますので、その旨心掛けてはいるのですが、夕方になると、水よりもビールの方が気になってしまいます・・・

仕事上がりの一杯は格別だと思うのですが、旅行中なんかでしたら、「昼からビール」なんてのも有りだと考えてしまうのは私だけでしょうか。。。
(熱中症対策と称してお酒をいただくのはいけない事なのでご注意下さいね)

まぁ、昼からと言うのはビールに限った事ではなく、旅先で蔵元を見つけてしまったりしたら、見学と称して試飲に飛びついてしまいます。
その土地のお酒をいただくのは楽しいですね。

UT Online shopでは、チェコにあるロドス社のコーヒーミルを取り扱っているのですが、チェコは言わずと知れたビール大国で、日本で良く飲まれているピルスナータイプのビールは、チェコのプルゼニュが発祥と言われています。
そんな訳有ってでしょうか、観光者らしき人が昼からビールをいただいている所を良く見かけます。

私達もつられてそんな事をしてしまうのですが、気に入ったお店だったりすると、記念にコースターを貰ってくるようにしていました。
これがそれなりにたまってくると、なんとなくオシャレに見えてきます。

コースター

それぞれのお店の事を思い出していると、またが頭をよぎってきます・・・夏は何と言っても、ビールですね!!!

日記・エッセイ・コラム | 13:13:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
エジプト風ミントティー
うちのミントがかなり大きく育ってきたので、コーヒーミルとテーブルウェアのお店 ユー・ティーのスタッフ達でミントティーを作ってみようということになりました♪

ミントティーといっても、モロッコのミントティーは中国緑茶がベースだし、エジプトは紅茶がベースであって、一括りにはできそうもないです。以前に本格的なモロッカン・ミントティーは飲んだことがあるので、今回はエジプト風のミントティーに。。

とは言っても、エジプトに行ったことはないので、ネットで調べてみると、どうやら紅茶に沢山のミントの葉を入れただけのよう。。(モロッコのように、客人のおもてなしの時などにはきちんと作法にのっとった淹れ方があるのかもしれないけれど・・・。)
中には、紅茶の葉とミントを煮出したりというパターンもあるようですが、今回はチャイグラスにミントを入れ、紅茶を淹れてみました。
120722.jpg
↑写真写り的にミントを少なくしましたが、飲む際にはミントの量を増やして飲みましたよ~。

初めは色みの良さで、スリランカのルフナを使いましたが、ミントの苦味や紅茶の渋みが際立ってしまい、イマイチ・・・。
なので、2杯目はスリランカのディンブラにしてみたところ、軽やかな香りと味がミントの爽やかさと非常に良くマッチしていました♪
日本人は砂糖無しで紅茶を飲む方が多いですけど、ミントティーではこれでもか~と砂糖をたっぷりと入れた方が断然美味しいです。(これはモロッカン・ミントティーにも言える事ですけどね

ミントティーはホットで飲んでも、夏の暑さを吹き飛ばしてくれて、心地よい気分になりました♪ またミントが成長してきたら作ってみよ~っと。。


お茶 | 15:12:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
昔のパスポート
先日机の中を整理していましたら、以前に取得したパスポートが出てきました。
昔と言いましても、それ程古い訳では無いのですが、発行年が1983年になっていましたので、30年位前の物になります。

この頃のパスポートは、今よりも随分と大きい割に、ページ数は24ページと少なく出来ていました。
そして何よりも面白いのが、渡航先の欄に「北朝鮮以外の全ての国と地域に有効」と記入されている事です。
passport.jpg

どうも、1991年に北朝鮮が国連に加盟してからは、この表記は無くなっているみたいなんですが、これより以前には、北朝鮮以外にも有効でない所が有ったみたいで、ちょっと気になります・・・

現在では、数次旅券(普通のパスポート)しか一般の人は取得出来ないのですが、このパスポートを申請した時には、一回しか使えない一次旅券の申請も出来たみたいです・・・(そんな気がします。一次旅券は現在では普通に取得する事が出来ないよおです。)

因みにこのパスポートを申請した時に、なかなか発行してくれないと思っていたら、県庁の方から手紙がきまして「亡命の恐れがある」と言う事が書かれていました!!!
いったい、どこに亡命するように思われたんでしょうね。
まぁ、当時の亡命先といえば、渡航先欄に記入されている国を含む、東側諸国しかないのですけどね。


日記・エッセイ・コラム | 15:37:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
本格派ヌーベル四川料理
昨日友人に誘われて、四川料理を食べに行ってまいりました♪

四谷三丁目にある「蜀郷香」さんというお店です。。
120715-1.jpg
こじんまりとしたお店ですが、上品なインテリアでまとめられていて、とても気持ちの良いお店でした。

コースも良さそうだったのですが、今回のメインイベントは食事ではなかった為、アラカルトで軽めにとることに。。
前菜の盛り合わせと、エビチリ&饅頭、そして四川風チャーハンです。

120715-2.jpg
↑まず、前菜盛り合わせ♪ 小皿に取り分けた後の写真ですが、盛り合わせの量自体も少なめです。
手前右から、ハチノス、ウナギ、干し豆腐、インゲンです。
ハチノス以外は辛みもなく、上品で食べやすかったです。ハチノスはさすが四川!という山椒と唐辛子のパンチの利いた味ですが、ハチノスがきちんと下処理がされていて臭みがなく、コリコリとして美味しい!個人的には一番気に入ったかも♪

汗が吹き出しつつ頂いた2品目はエビチリと饅頭。饅頭はオーダーしてから蒸し上げてくれるそうです。
120715-3.jpg
エビチリは辛みというよりは酸味が効いたタイプで、程良い大きさのエビとソースがマッチしていて上品なエビチリです。
溶き卵が溶け込んだと思われるチリソースを饅頭につけて食べると旨しです♪
四川らしくパンチのあるチリソースが個人的には好みではありますが、こういったタイプもまた良しですな。。

こちらのお店の看板メニューである坦々麺も頂きたかったのですが、かなりの辛さのようなので、その後のイベントに差し支えると・・・ということで残念だったのですが、やめておきました。
四川のガツン系では無いので、やはりヌーベル四川料理なのでしょう。今回はあまり品数を食べれなかったので、次回は是非コースメニューで堪能したいと思います♪




食・レシピ | 15:23:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
MAMIYA C220 PROFESSIONAL
梅雨とは言う物の、日中は陽が照っていたりして、すっかり暑さにまいってしまっています。
こんな事では、夏本番が乗り切れるか不安です。

また、この時期はカメラの大敵「湿度」の高い時期でもありまして、中々気の抜けない時期でもあります。(不安だらけですね)

今回のカメラ「MAMIYA C220 PROFESSIONAL」は、中判カメラ(普通のフィルムではなく、ロール状のフィルムを使うやつです)の名門マミヤ社が製造した二眼レフカメラです。

このカメラの特徴は、何と言ってもレンズ交換が出来る事で、交換レンズも幅広く用意されていました。上位機種のC330に比べ、機能的には簡略化された所があるのですが、その分軽量になっています。(それでも結構重いです)

カメラの大きさが結構あると言う事もあり、防湿庫に入り切らずに棚に置いてしまっていたのですが、やはりこの時期になりますと、カビに浸食されていないか心配になります。

c220.jpg

本当は、バンバン持ち出して写真を撮っていれば心配も無いのでしょうが、交換レンズやら何やらと合わせると、私の体力では機動性が全く無くなってしまいます・・・
そんな訳で、時折シャーターを切っては、確認とかして満足しています。

ブログの話題にするのを兼ねてメンテナンスもした事ですし、週末晴れたら近所でも撮ってみようかなぁと考えています。
こういう大きいカメラを首からブラ提げていたら、目立つ事間違いなしですね。


カメラ | 12:40:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
パイナップルケーキ食べ比べ♪
先日の台湾茶のお茶会にて、お茶菓子として2種類のパイナップルケーキをお出しいたしましたが、実は他にもいくつかのパイナップルケーキを台湾より買ってきてもらっていたので、UTスタッフ達で試食会をしてみました♪

120708.jpg
↑食べ比べたのは、3社4アイテムです!

そもそもパイナップルケーキは台湾の代表的なお菓子で、台湾土産として人気があり、空港やお土産屋さんなどで購入できます。以前は台湾の土産としてはよくもらうけど、実際に台湾の人たちは食べているものなのかな~と疑問に思っていました。けれど、パイナップルケーキの名店に行くと、観光客よりも地元民で賑わっていたりして、みんなに愛されるお菓子なのだなと感じています。
かく言う私も結構なパイナップルケーキ好きで、UTスタッフの誰かが台湾に行くとなると、あの店、この店と指定して買ってきてもらっています。(周りは迷惑でしょうけど・・・

今回食べ比べたのは、微風山丘、王師父餅舗、佳徳糕餅と3店のパイナップルケーキと佳徳糕餅のクランベリーケーキです♪
上の写真の手前が佳徳糕餅のクランベリーケーキ、時計回りに微風山丘、王師父餅舗、佳徳糕餅のパイナップルケーキになります。。

佳徳糕餅はパイナップルケーキコンテストでも優勝経験のあるパイナップルケーキの超有名店です。形も正方形で冬瓜餡をパイナップル餡に混ぜたトラディショナルタイプ。微風山丘と王師父餅舗は100%パイナップルジャムを使用していて、バターたっぷり洋菓子テイストな新タイプ。

試食会での意見をまとめると、、、
佳徳糕餅は味も見た目も「The パイナップルケーキ」で、甘みも程良く、万人受けするタイプなので、お世話になった方へのお土産などに良いと思われます。微風山丘、王師父餅舗はバターたっぷり系で、若い人受けしそうです。ちなみに微風山丘は生地自体に甘みは無く、パインジャムは酸味も強め。それに対し、王師父は生地に甘さがあり、ジャムはレーズンジャムかと思わせるほど、良く煮込んであります。。
佳徳糕餅のクランベリーケーキは、パイ生地的な皮でクランベリー&パイナップルジャムとも好相性!これはこれで旨し!

食べ比べてみておもうのですが、パイナップルケーキでもこんなにも味の違いがあることに驚きます!いやぁ、奥が深い!中々興味深いものですな。
今回食べたお店はどのお店のものもタイプは違うけれど、正直美味しいです♪
ごく一部のお店ではありますが、台湾でパイナップルケーキを買いたい方の参考になればと思います


食・レシピ | 12:14:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
グレープフルーツ
4月に台湾に行ってから、どおにもブクブクと太ってしまったので、ここ2ヶ月位はダイエットに励んでいました。
その甲斐もありまして、体重が何とか標準体形位まで落ちてきました。

ダイエットの間によく食べていたのがグレープフルーツです。
食べ終わると種は捨てていたのですが、どこかのテレビ番組で種を植えている人がいらっしゃたので、真似てみる事にしました。

グレープフルーツは発芽率が良いようで、どんどん発芽してきたのですが。。。
あれ・・・なんか植えた種よりも出てくる芽の方が多いよおな・・・

そおなのです、グレープフルーツは多胚品種の物が多いらしく、一つの種から複数の芽が出てくるらしいのです。
折角なので、出てきた物を片っ端から育ててみたいと思います。

IMGP0124.jpg
↑いっぱい出てきた中の一つです。
全部大きくなった暁には、立派なグレープフルーツ農園が誕生している事と思います。。。そんな訳無いか。。。

グレープフルーツを食べ続けて体重は落ちてきたのですが、お腹周りは中々引っこんでくれないですね・・・


植物 | 12:39:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~みなづき宵茶会~開催いたしました!
6/30(土)の夕方から約2時間ほどの中国茶のお茶会を開催いたしました。

みなづき宵茶会と題していますが、テーマは「台湾中部のお茶づくし」です。。
かなりマニアックなテーマなので、遊びに来て下さる方が少ないかも・・・と思っていたのですが、思った以上の方がお越し下さいました♪ 今回初めて参加下さった方や2年ぶりに遊びに来て下さった方もおり、楽しいお茶会となりました。
この場を借りて、お越し下さった方々にお礼申し上げます!

120630-3.jpg
↑6月(梅雨)のお茶会と言うことで、ブルーを基調にコーディネートしてみました。幸いにも当日は晴れたのでよかったのですが。

今回ご参加下さった方全員が台湾に行かれたことがあり、台湾の基本情報などは説明せずともお話が通じる方々だったので、淹れ手としてはかなり楽をさせてもらいました
また、4月初旬に台湾に行った際のエピソードを中心にお話ししておりましたが、偶然にもちょうど同じ時期に台湾の台中を旅していた方がいたりと、思いの外、台湾中部ネタで盛り上がりました~

4品と少なめのお茶数ではありましたが、清香系の烏龍茶に始まり、台湾を代表するお茶である凍頂烏龍茶を冷茶で愉しんで頂くなど、夏場にふさわしいお茶会になったのではないかなと思います。最後に紅水烏龍という凍頂のチャンピオン・ティーを呈茶いたしました。締めのお茶にふさわしく、甘い余韻と品の良さを感じる烏龍茶で、ほとんどの方が好みのお茶に挙げられていました。

次回のお茶会は9月頃に開催できたら良いなと考えております。次回は日本茶や紅茶も交えて・・・とも思いますが、正式に決まり次第、発表&案内いたします。。お楽しみに!
※お茶会の案内希望の方がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームよりメールを頂ければ、案内メールを送らせていただきます。
U Tea partyのホームページにも今回のお茶会の様子をアップしていますので、是非ご覧ください。

120630-1.jpg
↑今回のお茶菓子は、台湾菓子と言えばコレ!のパイナップルケーキです!
6月初旬にUTスタッフが台湾に行った際に買ってきてもらったパイナップルケーキ2種です。
モダンタイプとトラディショナルタイプ、どちらがお好みでしたでしょうか?
我が家では昨日まであったはずの残り一個のモダンタイプのパイナップルケーキが既に見当たりません・・・
どうやら我が家はパイナップルケーキLOVE!の家のようです。。





お茶会 | 17:27:38 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad