■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

パイナップルケーキ食べ比べ♪
先日の台湾茶のお茶会にて、お茶菓子として2種類のパイナップルケーキをお出しいたしましたが、実は他にもいくつかのパイナップルケーキを台湾より買ってきてもらっていたので、UTスタッフ達で試食会をしてみました♪

120708.jpg
↑食べ比べたのは、3社4アイテムです!

そもそもパイナップルケーキは台湾の代表的なお菓子で、台湾土産として人気があり、空港やお土産屋さんなどで購入できます。以前は台湾の土産としてはよくもらうけど、実際に台湾の人たちは食べているものなのかな~と疑問に思っていました。けれど、パイナップルケーキの名店に行くと、観光客よりも地元民で賑わっていたりして、みんなに愛されるお菓子なのだなと感じています。
かく言う私も結構なパイナップルケーキ好きで、UTスタッフの誰かが台湾に行くとなると、あの店、この店と指定して買ってきてもらっています。(周りは迷惑でしょうけど・・・

今回食べ比べたのは、微風山丘、王師父餅舗、佳徳糕餅と3店のパイナップルケーキと佳徳糕餅のクランベリーケーキです♪
上の写真の手前が佳徳糕餅のクランベリーケーキ、時計回りに微風山丘、王師父餅舗、佳徳糕餅のパイナップルケーキになります。。

佳徳糕餅はパイナップルケーキコンテストでも優勝経験のあるパイナップルケーキの超有名店です。形も正方形で冬瓜餡をパイナップル餡に混ぜたトラディショナルタイプ。微風山丘と王師父餅舗は100%パイナップルジャムを使用していて、バターたっぷり洋菓子テイストな新タイプ。

試食会での意見をまとめると、、、
佳徳糕餅は味も見た目も「The パイナップルケーキ」で、甘みも程良く、万人受けするタイプなので、お世話になった方へのお土産などに良いと思われます。微風山丘、王師父餅舗はバターたっぷり系で、若い人受けしそうです。ちなみに微風山丘は生地自体に甘みは無く、パインジャムは酸味も強め。それに対し、王師父は生地に甘さがあり、ジャムはレーズンジャムかと思わせるほど、良く煮込んであります。。
佳徳糕餅のクランベリーケーキは、パイ生地的な皮でクランベリー&パイナップルジャムとも好相性!これはこれで旨し!

食べ比べてみておもうのですが、パイナップルケーキでもこんなにも味の違いがあることに驚きます!いやぁ、奥が深い!中々興味深いものですな。
今回食べたお店はどのお店のものもタイプは違うけれど、正直美味しいです♪
ごく一部のお店ではありますが、台湾でパイナップルケーキを買いたい方の参考になればと思います


スポンサーサイト
食・レシピ | 12:14:47 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad