■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

SCAJ2012
先週末に、日本スペシャルティコーヒー協会主催の、SCAJ2012に行ってきました。
日本最大のスペシャルティコーヒーのイベントと言うだけあって、展示会の他にバリスタやサイフォニストの選手権が開催される等、イベント関係も充実しています。

scaj2012①

入口を入った所すぐに、コロンビアコーヒー生産者連合会のブースがありました。
ここのキャラクターがラバと一緒にいる男性「ファン・バルテス」さん。
皆さんも一度は目にした事があるのではないでしょうか?

scaj2012②
ブースには、キャラクターそっくりの紳士がいらっしゃいました。
コロンビアが高品質なコーヒーを生産する国と認識されるよう、世界中を旅しているそうです。

他にもたくさんのブースがあり、たくさんの試飲をさせていただく事ができました。
帰り際に自動販売機で水を求めようとしたのですが、会場の近くでは軒並み売り切れになってました。
他の皆さんも、たくさん試飲したのでしょうね・・・
来年は、水を準備していかなくちゃ。。。

スポンサーサイト
コーヒー | 13:40:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
宿坊体験!~大陽寺~
西安に行ったばかりなのですが、先週の土曜日に秩父でプチ修業体験してきました♪

実は以前から、宿坊に泊まって座禅を組んだり、写経をしてみたりしたかったのです
一緒に行った友人とは1年くらい前から「行きたいね~」と話していて、念願叶って秩父の大陽寺に行くことが出来ました。。(友人がほとんど全てをアレンジしてくれたので、楽させてもらっちゃいました ありがとうございました!!)

120926-4.jpg
↑深山幽谷というような風景。霧というか、雲がかかって幻想的でした。

初日は夕方にお寺に着いて、まずは写経。。
2時間ほど写経の時間があったので、時間が余っちゃうと思っていたけれど、意外に時間がかかってしまい、外は暗くなり、字は見にくくなって般若心経を写すのに一苦労

なんとか書き上げましたわ~↓
120926-1.jpg

宿泊者が多かったので、雑魚寝。まるで合宿所みたいでしたが、宿坊ですから当たり前ですかね。
翌朝は楽しみにしていた座禅を組んで来ました。

120926-3.jpg
↑座禅堂。ここが最高でした♪
座禅堂に入ると、まるで水墨画のような風景が窓の外に広がっていて、大変美しいのです!
ずーっと見ていても飽きない景色の中で、座禅を組みながら心静かに眺めていると、心が洗われていくようでした。

私的には雑魚寝と虫はちょっと苦手ではありましたが、また大陽寺のこの景色の中で座禅を組みたいと思わせるほど、素晴らしかったです♪



旅行記 | 22:26:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
西安旅行~その③~
今回の西安旅ブログの最後を締めくくるのは、法門寺です。

法門寺と聞いてお分かりになる方は、お茶もしくは仏教にかなり詳しい方かと思います。
法門寺は後漢時代に造られた1800年以上の歴史がある古刹なのです。
そして法門寺はただの古寺ではなく、1987年(結構最近の話です。。)に地下宮殿が発見され、それまで言い伝えとされてきたお釈迦様の指の骨である仏舎利や、金銀で造られた唐代の宮廷茶器も出土された、凄い古刹なのです!
と、大変簡単に説明しましたが、お茶や仏教に関わる人にとっては聖地的存在なのがお分かり頂けるかと思います。

120923-1.jpg
↑法門寺です。。

120923-2.jpg
↑この塔の下から、仏舎利やお宝が出てきたのです。。
この塔の地下で、確か1日と15日(?)は本物の仏舎利を拝見することができるのですが、私達が行った日は残念ながらレプリカの展示でした。しかし、この地下で何重もの部屋と何重もの金や銀の箱に守られて眠っていたということを考えると、大変感慨深いです。

また、唐代の茶器も素晴らしいものでした♪
(マニアックになりすぎるので、U Tea partyの方で西安旅行のお話の際にお見せしたいと思います)

そして最後に、、、上の2枚の写真だけ見ると中国の古寺に見えますが、この他にもゴールドのオブジェのような、金ぴかの建物がいくつも建っています・・・
ガイドさんのお話によると、中国ではテーマパークのように食事が出来たり、お土産が買えたりと一日過ごせる施設を建てないと観光客が来なくて、本当に『古寺』になっちゃうんですって!
歴史遺産の考え方が日本とは全く違うのですね~。



旅行記 | 17:37:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
西安旅行~その②~
旅行二日目は、兵馬俑に行くことになりました。
兵馬俑といえば、世界遺産!ということもあり、旅行前から相当楽しみにしていました♪

正式名称は、「秦始皇兵馬俑博物館」です。。
120919_1.jpg

中に入ると・・・
120919_2.jpg
巨大な体育館のような建物の中に、何千体もの兵馬俑が・・・。
見た瞬間、感動しすぎて鳥肌が!
色々世界遺産を見ましたが、期待し過ぎて感動薄いということが私は多いのですが、兵馬俑は想像以上に感動しました!!
写真では小さすぎて分からないかもしれませんが、一体一体顔も体型もしぐさも違うのです。2000年以上前のものなのに、こんなに精巧に作られているなんて信じられませんね~。

120919_3.jpg
↑兵馬俑の後ろ姿。。
古代の人がそこに佇んでいるような気にさえなります。
どうやら私は後ろ姿が好きなようで、彫像は必ず後ろに回るのですが、兵馬俑の後ろ姿も本当に美しいですね♪

最後に・・・
私はツアーの為、時間の関係で無理だったのですが、有料で兵馬俑と写真が撮れるのです!
兵馬俑と肩を組んで写真撮りたかったなぁ・・・




旅行記 | 21:25:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
西安旅行~その①~
U Tea partyのお茶講座開催のお知らせの際に、中国の西安に行く事を触れましたが、数日前に西安より帰国いたしました。

日本に戻ってきて、日中関係が緊迫した状態であるのに大変驚きました。実際に行ってみると、友好的でしたし、不快な思いをすることも一切無く、むしろとても楽しい旅となりました。
そんな楽しかった西安旅を数回に分けてブログにアップしていきたいと思います♪

西安に行く前に、周りの人たちに「西安に行ってくるよ」と言ったら、「セイアン?シーアンってどこ?」と言われる方が意外に多くいらっしゃいました。
地理的には大体中国の真ん中あたりに位置しており、かつては長安と呼ばれ、紀元前11世紀~紀元後10世紀初頭まで都が置かれた古都です。
シルクロードの出発点でもあり、寺院などが多く点在しています。
京都と友好都市を提携しているのも納得です。。
ただ、日本から西安までの直行便が運航していないので、行くまでに一日かかってしまうのが難点ですが・・・。

ホテルにチェックインして夕飯を頂いた後、ガイドさんが街へ連れ出して下さいました。
120916-1.jpg
↑これが西安の中心にある鐘楼です。
昔は時間を知らせる為に、鐘を鳴らしていたそうです。残念ながら上ることができなかったので、次回は上ってみたいな~と思っています。。

その後、どーしても食べてみたかったハーゲンダッツの月餅を頂くことに。。
前にもブログで書いたかと思いますが、月餅は仲秋節、つまり9月のこの時期にしか本来食べない物で、ハーゲンダッツで頂ける月餅もこの時期の期間限定アイテムなのです!
ということで、9月に中国に行ったら、絶対にハーゲンダッツで売られている月餅を食べたい!と切に願っていた私は、一緒に行かれた方を巻き込んで、念願のハーゲンダッツの月餅を食べることに。。
(そんなに興味のなかった方もいらっしゃったかと思いますが、皆さんお優しくてお付き合い下さいました。感謝

120916-2.jpg
↑これがハーゲンダッツ版月餅です!
見てお分かりの通り、チョコレートがコーティングしてあり、中はアイスクリームです。
写真で見るよりも実物の方が大きいかな。月餅の皮にあたる部分が厚めのストロベリーチョコで出来ており、餡の代わりに濃厚なストロベリーアイス。卵の黄身の代わりにマンゴーアイスとなっている、変わり種の月餅です。。
ハーゲンダッツなので、味は言わずもがなですよね~♪
席に着いてから、すぐに出てくるものかっと思っていましたが、意外と待たされました。なんでだろうと周りで話していたのですが、その理由はお皿にチョコとソースで書かれた絵にありました。
これは時間がかかりますわな~。

念願のハーゲンダッツの月餅も食べれたので、思いの外、満足のいく一日となりました♪







旅行記 | 11:27:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
ライオン
先日、日本橋をプラプラしていましたら、三越の入り口にあるライオンの像が目に留まりました。
今まで意識して見た事が無かったのですが、改めて見てみると威厳があります。
さすが百獣の王と言った所でしょうか。。。

ライオン

この像は1914年(大正3年)に誕生したとの事で、百年近くもこの地に鎮座してきた由緒正しきライオン像なのです。

私が三越のライオン像に最初に興味を持ったきっかけは、「誰にも見られずに背中にまたがり、願い事を唱えると成就する」と言った伝説的なものを聞いてからだと思います。
受験合格の為に友人と行こうかと話した記憶があります。

もっとも、気の小さい私がそんな事をできる筈もなく、既にその伝説も忘れかけていましたが、改めてライオン像を眺めてみて、この伝説をふと思い出しました。

はたして願いが叶った人はいるのでしょうか???
「誰にも見られずに」とあるので、願いが叶った人がいた場合でも、叶った本人に聞かなければ分からない筈なので、叶った人にお話しを聞ける事なんて中々無いんでしょうね・・・

この日のランチは「銀座ライオン」さん。
別にシャレのつもりでは無いのですが、ブログを書いていて気が付きました。

これも、ライオン像の縁なのでしょうか。。。


まち歩き | 11:51:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
フリーマーケット
靖国神社の境内で行われている、フリーマーケットに行ってきました。
朝方に雨が降ったせいで出店が少ないとの事でしたが、結構な人で賑わっていました。

フリマ
大鳥居から大村益次郎の銅像の辺りまでの両側で行われていました。

炎天下の中グルグルと見て回り、カメラを買ってしまいました。
他にも色々な物が並んでいたのですが、何しろ暑くてゆっくりと見ている場合ではありません。

9月とは言え、まだまだ暑いですね。
皆さんも体調を崩さないように気を付けて下さいね。


通販・買い物 | 12:27:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
minolta-35 MODEL ⅡB
ちょっと前に、以前より欲しかったカメラを入手いたしました。
「minolta-35 MODEL ⅡB」と言うカメラです。

現在でカメラメーカーと言えば、キヤノンやニコンと言った日本のメーカーを思い浮かべるんでしょうが、そお言った世界的なメーカーでも、創業期はドイツのカメラを規範としてスタートした所が殆どです。

「minolta-35 MODEL ⅡB」もそんな中の一つで、1958年に千代田光学(ミノルタ)より発売されました。
minolta-352b2.jpg
このカメラは、Ⅱとあるようにシリーズ化(5種類位?)されてきた物で、そのシリーズの最後になる機種です。
巻上げがレバーになる等、それまでの機種より改良せれていて使いやすくなっています。

minolta-35シリーズは、他のメーカーでは基となったカメラを殆ど同じようなデザインで製作したのに対し、結構なオリジナリティを出して製作されています。
こお言った所が、魅かれる所以でしょうか。。。

また、このカメラに付いていた「SUPER ROKKOR 5cm F1.8」は大変評判のよいレンズと言われています。
もう少し涼しくなったら、撮りに行こうと思っているのですが、レンズに見合うだけの写真が撮れるか不安です・・・


カメラ | 11:23:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~日本茶&中国茶 喫茶のススメ~開催のお知らせ
6月にみなづき宵茶会を開催してから期間が空いてしまっていますが、10/6(土)にU Tea partyを開催することになりました。

通常はお茶会ということで、和室にて数種のお茶をゆっくりと楽しんでいただいているのですが、今回は趣向を変えて、講義形式ですすめていくことにいたしました。
講義形式と言うと、堅苦しいものでは?と考えがちですが、私自身も堅苦しいのは苦手・・・ですので、聞いていて楽しいものにしたいと考えています。内容は日本茶や中国茶に関する初歩的なもので、日本茶と中国茶の楽しみ方の違いや、おウチで手軽に日本茶や中国茶を楽しむ淹れ方などをご紹介いたします。
また話を聞くだけでなく、実際にお茶淹れも体験していただく予定ですので、楽しみにしていてください!
いつもよりはお茶の数は少なくなるのですが、お茶菓子と共に、数品の日本茶と中国茶を愉しんでいただきます。

また、9月に中国で開催されるお茶のシンポジウムに行ってきます。そういったお話も出来ればしていきたいと思っています

U Tea party~日本茶&中国茶 喫茶のススメ~
日時: 2012/10/6(土) 16:45~約2時間
場所: 東京都江戸川区 東部フレンドホール 4F集会室第二 (最寄駅:都営新宿線 瑞江駅 徒歩2,3分)
会費: ¥2,500-(お茶&お茶菓子付き)

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。もし、好みのお茶や好きな味わい等がありましたら、是非ご記入ください。

~最後に~
最近うちカフェが流行りのようですね~。女性だけでなく、男性もうちカフェをしているそうです!男性女性問わず、お茶に興味のある方の参考になればと考えてプランを練っておりますので、お気軽に遊びに来て下さい♪



お茶会 | 18:04:26 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad