■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

あずきや 安堂の大判焼き
昨日、友人と国立天文台に行ってきました。
国立天文台には調布駅からバスに乗っていたのですが、ひとまず腹ごしらえということで、友人が調べてくれた大判焼き屋さんへ行きました。

商店街にある小さなお店で、テイクアウトしかありませんが、お店の前にベンチがあり、そこでも食べる事が出来ます。
まずは王道のあずきを頂きました。
出来たてで、生地はふかふか、餡のあずきもしっかり炊いてあり、シンプルで飽きのこない味わい♪
せっかくなので、うちにもお土産を買ってかえりました。。

130428.jpg
↑本当に大判!これで100円!絶対に買いでしょ

豆好きにはしっかりと味が感じられる、うぐいす餡がおすすめ!
私は白餡を頂きましたが、こちらもほっこりとしていて美味しかったです。でもやはり王道の小豆かな~♪

大判焼きに合わせたのは、豊好園さんの新茶!サンプルとして頂いたお茶です。。
いやぁ、久々に飲みましたが、さらりとしていながらも滋味深い味わいで、本当に美味しい!まいりました。。
日本茶の新茶を頂くと、日本人で良かったな~と実感します。

そうそう、6/22にU Tea Partyを開催する予定です。そろそろテーマを決めないとなぁ!
決まりましたら、ブログ&ホームページにアップいたしますので、お楽しみに!



スポンサーサイト
食・レシピ | 19:51:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
九段下のオシャレカフェ~FACTORY~
先週の土曜に友人と上野の東京国立博物館に行ってきました。(←別の機会に書きたいと思います♪)
その後、ランチをして、九段下の「暮らしのうつわ 花田」さんへ。。
こちらも素敵な器が沢山あって楽しかったのですが、今回はカフェのネタです。

「暮らしのうつわ 花田」さんからの帰り道に、ちょっと素敵なカフェを発見!
九段下には似つかわしくない、カッコいい系のカフェです。
「FACTORY」さんと言って、パンの美味しいお店として雑誌などで最近取り上げられているお店でした♪
パン屋さんにカフェが併設されたという感じですが、どうやらパンだけでなく、料理も美味しいらしいです。

私達はランチを食べてしまっていたので、コーヒーとケーキを頂きました♪
本日のケーキは、パンプディング!
実はそんな期待していなかったのですが、オシャレに盛り付けられて登場!
130424.jpg
↑フルーツやアイスクリームものっていてボリューム満点。。
パンプティングも想像とは違く、みっちりしていて密度が濃い~!
まるで、しっかりしたフレンチトーストのよう。
濃厚で私好みだったのですが、なんせランチでお腹が満たされていたので、なんとか完食したのですが、お腹が一杯過ぎて夜ごはんが食べれないほどでした。

お客さんの中には、ワインを飲みながらパンをつまんでいる方がいたりして、とっても雰囲気の良いお店。。
私達も次回はお腹を空かせて、ブランチを食べにこようねと再訪を誓ったのでした


まち歩き | 23:22:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
新感覚 カステラ
珍しいカステラを頂きました♪

長崎のパティスリーアリタさんの「キャステロ」です。
130421.jpg
↑カステラの間に卵クリームがサンドされています。

味はと言いますと、カステラは結構濃厚で、甘めです。そこにこれまた濃厚な卵クリーム(私が思うにバタークリーム)がたっぷりとサンドされています。
薄めに切ったのですが、それでもかなりのボリュームでした。
一切れで満足感を得られる味わいは、さすがですね~!

新感覚と言うよりは、私的にはクラシカルな趣きのクリームサンドカステラに合わせたのは、濃いアッサム!
相当濃くないと、カステラに負けてしまいます。
濃い紅茶やコーヒーと共に、みなさまも召し上がってみてくださいませ!


食・レシピ | 16:48:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
南京雨花茶
今日は書くネタが思いつかなかったので、また中国茶ネタで

3月に開催したU Tea partyでお出しした中国緑茶のうちの一つ、南京雨花茶を久々に淹れてみました♪
130417.jpg
↑淹れたといっても、グラスに入れてお湯を注いだだけの簡単な淹れ方です。。

南京雨花茶は、名前通り江蘇省南京市で作られるお茶です。茶葉は細くよられ、グラスで飲んでも見た目がキレイです。。
一煎目はフレッシュ感があり、二煎目は渋みが出てきて、お茶菓子や食事と合わせても負けません。
残念ながら3月のお茶会の時は、こちらのお茶は人気薄でした・・・。日本茶の渋みとも違う独特の味が気になられた方が多かったようです。
これはこれで中国緑茶らしくて、私は結構好きなのですけどね~。

最近は定番以外の中国緑茶が中々手に入らずで、とても残念です・・・。
もっと沢山の中国緑茶を飲んでみたいのですけどねー


お茶 | 22:37:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
正山小種とシュークリーム
甘いものが食べたいと思い、ヒロタのシュークリームを買ってきました。

シュークリームにはやはり紅茶!ということで、しっかりとした味わいのアッサムにしようかと思ったのですが、封を切った正山小種があったことを思い出し、正山小種を淹れることにしました。
130414.jpg
正山小種とは、中国 福建省の紅茶で、スモーキーな香りが特徴です。この香りは正露丸にも例えられるほどの独特なもので、好みがはっきり分かれるお茶です。。この香りは何かというと、松の木でスモークするところからくる薫焙香です。

ただ、最近ではそれほどクセが強くない正山小種が出てきています。これが本来の正山小種と言われ、伝統的なタイプと言われています。
こちらは多少スモーキーさを感じますが、嫌みがないので、いわゆる正露丸香が苦手な方でも、美味しく頂けるはずです。

今回はシュークリームに合わせましたが、正山小種はドライな味わいなので、こってりした食事やスパイシー系とも合うと言われています。
中々食事と合わせる機会も無いのですが、今度試してみようかな




お茶 | 19:53:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
PETRI Color 35 D
キャノンとかニコン等のように、日本には名だたるカメラのメーカーが林立しているのですが、かつてはもっと多くのカメラメーカーが存在していました。
ペトリカメラと言うメーカーもその一つで、廉価なカメラを供給するメーカーとして、それなりに頑張っていたのですが、技術競争で大手には勝てず、ついには力尽きて淘汰されてしまいました。

そのペトリカメラが造ったカメラの中で、ひと際ユニークなのが、この「PETRI Color 35」です。

PETRIC.jpg

コンパクトで中々使い勝手の良いカメラなのですが、今迄あまり持ち出せないでいました。
これと言って理由は無かったのですが、コンパクトなサイズの為か、どおしても防湿庫の奥の方に行ってしまいがちで、すっかり手にする機会が少なくなっていました。

改めて見直してみると、小さいだけでなくしっかりと造られている事がわかります。
ダイヤルでレンズを繰り出す等、ほんとに良くできています。
このカメラが今でも人気があるのは、こおいった造りの良さや、使い勝手の良さが有るんでしょおね。。。

春風邪をひいてしまい、ついに桜は撮りに行けなかったのですが、これで新緑でも撮りに行こうと考えています。


カメラ | 22:29:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
桜どら焼き
今日は風が強くて大変でしたね
ずっと家にいたかったのですが、外せない予定があり、外出。。
せっかくなので、帰りがけに銀座の松屋に寄ってきました。


以前から気になっていた、黒船さんの季節限定「桜どら焼き」を購入♪
130407.jpg
桜の焼き印が春らしいですね!

中は桜の葉をたっぷり使った桜餡と求肥が入っています。
桜の葉の酸味を感じさせる爽やかで春らしいどら焼きです。。
どら焼きの生地もモチモチで、中には求肥が入っているので、モチモチ感倍増!モチモチ好きにはたまらないのではないでしょうか。
逆に、フカフカどら焼きが好みの方にはイマイチかもしれませんが・・。

低温でじっくり抽出した日本茶と合わせて頂きました~。
今日のような暖かな日にはぴったりのお茶受けでした



食・レシピ | 18:30:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
安吉白茶
久々の中国茶ネタです。。

日本茶も中国緑茶も新茶が出始める時期になってきましたね~。
これからの時期は「今年はどんなお茶を買おうか」と楽しくもあり、悩める時期でもあります。
まだ新茶は手にしていませんので、2013年の安吉白茶を飲んでみました♪
130403.jpg
↑蓋碗を急須代わりに使って淹れました。

安吉白茶と聞くと、名前に白茶と入っているので、白茶という分類のお茶かと思われそうですが、緑茶です。
結構人気のあるお茶で、日本でも買うことができる中国緑茶です。
アミノ酸豊富ということで、日本茶のように温度を80度くらいまで下げて淹れてくださいと言われたりしますが、個人的には中国緑茶特有の香りを楽しみたいので、高温で淹れております。
でも、高温でも80度くらいに下げても美味しいということは、比較的淹れる失敗が少ないお茶だと思いますので、中国緑茶を体験してみたい方にはおススメです!

色がほんのりと黄緑がかっているのが分かりますでしょうか?
中国緑茶は日本茶の緑色よりもっと透明な水色です。見慣れない方には手を抜いて淹れているのではないかと思われそうですが、この水色でもちゃんと淹れています
味はすーっとした爽やかさがあり、甘みもあるので、飲みやすいタイプです。。これから初夏に向けて頂くのによいお茶ですね~!


お茶 | 20:09:08 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad