■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都の寺社仏閣巡り~その⑥~
最終日は、どうしても行きたかった東寺に行きました。
131030-1.jpg
東寺は、平安京が出来た当時は、羅生門の東側に立つ京都を守る官寺でした。その面影を感じる事のできる立派な建築物と立体曼陀羅を拝観するのが目的です♪

日本一の高さを誇る五重塔はさすがですが、金堂など他の建築物も大変大きく、圧倒されます。
講堂内部にある大日如来を中心に菩薩・明王が両脇を固め、周りに天部が配置される立体曼陀羅は圧巻です。ほとんどの仏像が国宝、もしくは重文に指定されており、じっくりと時間をかけて拝顔したい仏様たちです。
また、金堂には薬師三尊像がいらっしゃいます。なぜか日光菩薩&月光菩薩に目がない私は、東寺でも薬師さんの両脇侍の日光さんと月光さんに魅かれてしまうのでした。

こちらに来たら、是非とも足を運んで頂きたいのが、観智院です。
宮本武蔵が書いた襖絵で有名なお寺さんで、武蔵の実筆の「鷲の図」は鷲が生き生きと描かれており、必見です。
大きなお寺ではありませんが、居心地の良いお寺で、茶室も大変素敵でした。

こんな所で、お茶会ができたらステキでしょうね~♪



スポンサーサイト
旅行記 | 21:45:34 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad