■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ピュレグミ
ここの所体調が優れなくて、家にいる時間が多く有ったのですが、暇潰しに机周りを片付けておりましたら、年末に応募していた懸賞がでてきました。

カンロさんの「ピュレグミ」の応募券を集めて応募したら、必ずキャンペーン限定の「ピュレグミ」が貰えると言う物だったのですが、応募しておいてすっかり忘れていました。

ピュレグミ

メール便で来ていたので、気付かずに埋もれてしまっていたのですが、無事に発見する事ができました。
外袋を開けると、2個入ってました。太っ腹ですね。。。

気になるお味なのですが、「Apple & Pear Tea」味と言う事で、すっぱくてフルーティーな味わいの後に紅茶の味わいが来るお得意の手法で、美味しくいただく事ができました。

最近は、ダイエットでこおいった甘い物と遠ざかっていたのですが、またおやつ癖が再発しそおです。
どこかでダイエット用のお菓子出してくれないですかねぇ・・・


スポンサーサイト
食・レシピ | 16:24:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
クリーブランド美術館展
東京国立博物館で開催されている、本日が最終日の「クリーブランド美術館展」にギリギリで駆け込んで来ました~。

201402233.jpg

人間国宝展と併設の為、いつもの特別展よりはボリュームが少なかったです。
その割に、仏画から西洋画まで幅広い展示内容で、量の割には疲れてしまいました。THE日本という趣きの素晴らしい屏風の後に、モリゾやモネの絵はあまりの違いに消化不良・・・。
勿論、作品は大変素晴らしいものだったので、西洋画は別の機会に見たかったな~。

お目当ての雪村周継の龍虎図と曽我瀟白の蘭亭曲水図は勿論素敵でしたが、一番素晴らしいと感じたのが、燕子花図屏風でした。絢爛豪華でありながら、派手派手しさがなく、品が良くて、実際に生で見て素晴らしさを感じる屏風。
トーハクのブログにも書かれていて「なるほど」と思ったのですが、まさに靄に佇むカキツバタといった印象でした。
ほんと、江戸時代の明かりの下でこの屏風を見たら、もっと素晴らしいだろうに~~


アート・文化 | 20:11:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
あぶくまわいん
先日、久し振りに学生時代の友人に会いました。
学生時代の友人とは良いもので、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

その時にワインをいただいたのですが、それがこのワイン「北醇」です。
140219.jpg
滝根町特産の山ぶどうで造られているとの事で、勝手に山に自生しているぶどうかと思っていたのですが、何とアムール川流域に自生している品種に、欧州系品種を掛け合わせて作った品種との事で、中々力の入った造り様です。

せっかくなので、UTスタッフ皆でいただく事にいたしました。
飲み口の良い味わいで、あっさりとした料理に合いそうな感じですね。

是非とも頑張ってワインの産地にしてもらいたいですね。
ああそれと、できればビールの方も作ってもらえたら、嬉しいなぁ・・・(←ビール好きとしてはね。)


食・レシピ | 16:48:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
かわいい雪地蔵
先週末、今週末と大雪でしたねー
そんな雪の直後、鎌倉に行ってまいりました。

道路には結構雪も積もっていて歩くのも一苦労・・・。
にもかかわらず、鶴岡八幡宮には観光客も思った以上に多くいました。さすが観光都市 鎌倉!
私はと言えば、どうしても行かざるを得ない勉強の為であり、寒がりなので、本当はずっと家に居たい気持ちでした

でも、雪でないと、見られない風景も楽しめたので、行ったら行ったで楽しむことはできました。
北鎌倉の建長寺でこんな雪だるまを発見しましたよ~
140216.jpg
雪だるまならぬ、雪地蔵です。
凄く手が込んでいますよね!なんだか、ほのぼのした気分になります。。
鎌倉&金沢あたりを歩きまわっていたのですが、これが一番の完成度を誇る雪だるまでした。

でも、よーく見ると、お地蔵さんじゃない気もしてきます・・・、お坊さんかな?!


まち歩き | 17:52:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
古文書講座
最近、UTスタッフは歴史づいておりまして、近所の図書館で行われた、古文書講座に行ってまいりました。
伊達政宗とその一族と言う内容とあって、中々の盛況ぶりです。
皆さん戦国好きなんですね。。。

古文書①

まずは、用意された資料に沿って進められて行きます。
伊達氏の系譜が説明されて行くのですが、但馬や駿河等にも分布している事等も分かり、大変勉強になりました。

140212.jpg
肝心の古文書です。
尚尚書きの書状や、所領安堵状等、興味深い古文書を間近に見れて、貴重な経験ができました。

その他にも、伊達氏ゆかりの地の写真等盛り沢山で、1時間半の講座の予定が、優に2時間を越えていました。
近所の図書館でこんな講座やってるなんて・・・また機会があれば参加したいと思います。


アート・文化 | 20:25:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
シンガポール~その⑨~
シンガポール最後の夜は、どおしても外せないシンガポール名物を食べに行く事にしました。
その料理とは、チリクラブ!!!
シンガポールを代表する料理の一つですね。

いただいたお店は、これまたホテルの近くにあった「JUNBO SEAFOOD」さん。
お店の名前の通り、シーフードが有名なお店です。

開店少し前に行ったのですが、既に結構な行列です。
2時間ならと言う事で、なんとか入る事ができました。
時間が無いので、早速注文です。

140209-2.jpg
まず来たのがこの、ホタテとブロッコリーの塩炒め。
あっさりしていて、何とも言えない美味しさです。

この他にも何品かいただいた後、お待ちかねのチリクラブの登場です。
140209-1.jpg
流石に名物とあって、味は折り紙付きです。
1kgちょっととの事でしたが、見た目程辛くもなく、蟹好きのUTスタッフはペロリといただいてしまいました。

美味しくて、ガシガシ行ってしまうのですが、食べている時は、手が大変な事になってしまいます。
フィンガーボールとおしぼりだけでは不十分なんですが、ウェットティッシュを持って行ったおかげで何とかなりました。テーブル等にも結構飛び散りますので、食べる際には気を付けた方が良いですね。

それにしてもこの「チリクラブ」、クセになりそおな美味しさでした。
今度は他のお店でも試してみたいと思います。


旅行記 | 22:37:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
シンガポール~その⑧~
だらだらとシンガポールの旅行記を続けてますが、今回はシンガポール名物の一つ「ペーパーチキン」です。
訪れたお店はヒルマン・レストランさん。
1963年創業の、ペーパーチキンで有名なお店です。

ペーパーチキンとは、タレに漬け込んだ鶏肉を、紙で包んで揚げた物で、大雑把に言ってしまうと、唐揚げの衣を紙にしたような感じです。紙で包んである為、包から出すと肉汁あふれてきます。

有名なお店なので、少し早目に着くようにしたのですが、店内は「reservation」の札で一杯です。。。
何とか一席空けてもらえたので、早速注文です。

この他にも酸辣湯、モヤシの炒め物、土鍋の麺等を注文しましたが、どれも食べやすく美味しくいただきました。
そおこおしているうちに、あっという間に席がうまってしまったのですが、2階にも席があるみたいなので、後から来た人達は2階に案内されていました。

140205.jpg

肝心のペーパーチキンですが、ジューシーで何とも言えません。
流石看板メニューとあって、どのテーブルでも注文していました。

シンガポールでペーパーチキンを食べようと思ったら、まずこのお店を試してみてはいかがでしょうか。
繁華街からちょっと離れた所にあるのですが、足を伸ばす甲斐はあると思います。


旅行記 | 17:47:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~中国茶器で楽しもう~の開催のお知らせ
早いもので、バタバタと過ごしている内に、2月になってしまいました。
12月にU Tea partyを開催した際に、ご参加いただいた方には案内していましたが、3/1(土)に2014年初のお茶会を開催いたします!

3月の初めですと、まだ新茶の時期には早いので、参加頂いた方がみんなで楽しめる企画にいたしました。
テーマは「中国茶器&茶道具」です。。
今まで、うちのお茶会では、お茶を淹れる時にさらりとお話しするくらいで、じっくりと茶器や茶道具のお話をしてきませんでした。もしかすると、「あんなに沢山の道具を用意している割に使ってない物があるぞ」と思われた方もいらっしゃるでしょうし、中国茶を淹れるのに、どんな茶器をどう使ったらよいか分からない方もいらっしゃるかと思います。
今回は、中国茶にはどんな道具や茶器があって、いつ、どのように用いるのか、そして、茶器の材質によって茶の味がどう変わるかなど解説しながら、実際に中国茶を淹れてまいります。
また、参加者の方々にも中国茶器を使って中国茶を淹れる体験をしていただこうと考えています。中国茶に親しんでいただく第一歩と位置付けていますので、楽しみながら中国茶を淹れていきましょう!
中国茶器の魅力に触れて、中国茶の世界にどっぷり浸かってみませんか?

U Tea party~中国茶器で楽しもう~
日時: 2014/3/1(土) 13:45~約2時間
場所: 東京都江戸川区 東部フレンドホール 4F和室 (最寄駅:都営新宿線 瑞江駅 徒歩2,3分)
会費: ¥2,500-(お茶&お茶菓子付き)

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。もし、好みのお茶や好きな味わい等がありましたら、是非ご記入ください。
また、今回は中国茶器の会ですので、お手持ちの使っていない(使い方が分からない)中国茶器や自慢したい(?!)茶器などをお持ちであれば、是非ご持参下さい。
U Tea partyのホームページにもアップしていますので、是非ご覧ください。


お茶会 | 21:20:26 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad