■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

深川江戸資料館
最近、アートや歴史づいているユー・ティースタッフです。

勉強を兼ねて深川江戸資料館に行ってきました。
140514.jpg
↑自分の資料用に撮った写真なので、臨場感がないのですが、ご了承ください

地味な外観の建物を入って行くと、地下に大きな空間が広がっています。
ここは、江戸時代末期(天保年間)の深川佐賀町をイメージして想定復元された展示で、蔵を持っている問屋や米屋、八百屋、船宿、長屋まで当時の人々の暮らしぶりが再現されています。

階段をおりて会場に入ると、ボランティアガイドさんが声をかけてくれます。この展示の説明をしてくださるので、お時間のある方は聞きながら回ると、大変勉強にもなるし、当時の様子が想像できて面白いですよ。
展示物は当時のモノはありませんが、その代わりに触ったり、家の中に入れたりするので、家族やグループで行った方がワイワイできて楽しめそうです。
照明も朝・昼・晩と刻々と変化し、それに合わせて、鶏が鳴いたり、猫が鳴いたりして臨場感もありました。

そんなに期待して行った訳ではないのですが、予想以上に面白かったです。。こうした小さな資料館も大きな博物館とは違った魅力がありますね~♪


スポンサーサイト
アート・文化 | 21:13:53 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad