■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

インドの仏展に行ってきました
昨日、東京国立博物館で3/17から始まったばかりの「インドの仏」展に行ってきました!

150329-1.jpg
珍しく、表慶館にて展示されており、表慶館に入るのが初めてな私はドキドキワクワク。。
平成館や本館など他の館よりもこじんまりとしていますが、明治末期の洋風建築とあって内部も品があって素敵でした♪

ポスターのロゴのインパクトとは裏腹に、比較的見やすい仏像が多かったように感じます。個人的には生々しいのよりは表慶館の雰囲気に合っていて良かった気がします。。
展示数も少ないせいか、2世紀と10世紀の仏像が入り乱れてて、ちょっと見にくいなぁという印象もありましたが、文殊菩薩や観音菩薩の源流を見ると、日本の仏像とのギャップを感じつつも、共通点も見てとれ、ロマンを感じたりもしました。
一緒に行った友人は、今までの仏像メインの展覧会の中で一番好きだと言い、ギョッとしましたが(かなり凄い展覧会みてきたのに・・)、仏像好きでなければ、日本の仏像よりギリシア彫刻のようなこうした仏像の方が見やすいのかもしれませんね~。

期せずして、今週は桜が見ごろでしたので、博物館の庭園が開放されていて、お花見することができました♪
150329-3.jpg
↑東京であることを忘れそう。。
150329-2.jpg
↑満開まではいかなくとも、やはり桜はキレイですな。

上野公園は花見客でごった返しているので、のんびり静かに眺めるなら博物館がおススメ!
お花見は今週いっぱいでしょうから、桜とインドの仏像を見に行ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーサイト
アート・文化 | 11:17:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
鎌倉ブーラブラ
先日郷里の郷土史を見ていましたら、実家の近くに鎌倉道が有った事がわかりました。
武州のこんな所に鎌倉道が有ったなんてと感心していましたら、何だか鎌倉に行ってみたくなりました。。。
そんな訳で、いざ鎌倉してきました。

鎌倉と言ったら、やはり寺社仏閣ですね。
由緒ある所が多く、思わずどこに参拝しよおと迷ってしまいます。

今回は、今迄参拝出来ていなかった”杉本寺”に行ってまいりました。
御本尊の十一面観音菩薩が有名で、坂東三十三観音の第1番でもあります。

杉本寺

すり減った石段に苔むしている様子が、長い歴史を感じさせます。
本堂の中に入り、お参りをさせていただいたのですが、間近で拝む事ができるなんて有難いですね。

参拝の後は美味しいランチでもと思い、以前より気になっていた”GARDEN HOUSE”さんにお伺いしました。
こちらは鎌倉ビールさんとコラボしたビールもいただけるので、早速注文です。

ガーデンハウス①
「ランチビールですので小さいサイズです」との事でしたので、”アメリカンライトエール”と”アルト”の2種類を思わず注文。
う~ん。。。歩いた後のビールは格別ですね!!!

ガーデンハウス②
ランチでいただいたのは、”鎌倉ハムステーキ ハニーマスタード”。
ビールとの相性も良く、何とも言えない美味しさです。

古刹を廻り、美味しい物もいただけたので、近い内に又、いざ鎌倉してみたいと目論んでいます。。。


まち歩き | 19:18:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~立夏茶会~の開催のお知らせ
3月の初めにお茶講座を終えたばかりですが、5月のU Tea partyのお知らせです!

前回のU Tea partyはお茶講座でした。こうしたワークショップ形式も楽しいものですが、ここのところイベント性の強い会が続いていましたので、今回の会は「お茶を楽しむ会」にする予定です。
五月は新茶の季節なので、数種の日本茶&中国茶の新茶を出せればと考えています。久々にゆっくりとお茶を楽しんでいただける会となるのではないでしょうか。

この季節になると、今年のお茶の出来が気になり始め、どこのお茶を買うべきかと悩むのもまた楽しいものです。
特に、新茶の時期のお茶会では美味しかったお茶に日本茶を挙げられる方が多いので、美味しい日本茶をセレクトしたいと思っています。。
みなさんと一緒に新茶を楽しみたいと思いますので、是非遊びにいらしてください!

U Tea party~立夏茶会~
日時: 2015/5/16(土) 15:15~約2時間
場所: 東京都江戸川区 東部フレンドホール 4F和室 (最寄駅:都営新宿線 瑞江駅 徒歩2,3分)
会費: ¥2,500-(お茶&お茶菓子付き)

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。
ホームページにもアップしましたので、そちらもご覧ください。

150322.jpg
↑2014年の掛川の深蒸し緑茶。まろやかで旨みも感じられて、久々に深蒸しの良さを実感。。
友人のリクエストもあり、久々に深蒸しをお出ししようかな~♪



お茶会 | 15:17:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
増上寺
最近、すっかり御朱印にはまってしまったUTスタッフ達ですが、 先日連れだって増上寺に行ってまいりました。
浜松町駅北口を出て真直ぐ歩いて行くと、大門が見えてきます。
この大門は、所有者がはっきりしていないとの事なんですが、増上寺の所有ではなかったのですね。。。

大門を潜りしばらく行くと大きな三解脱門が見えてきます。
三門を入るといよいよ境内という事になるのですが、浄土宗の大本山だけあって、大きな敷地です。

増上寺①

大殿で参拝をし、御朱印をいただきに。。。
御朱印帳の残りも少なくなっていたので、御朱印帳も一緒にいただいたのですが、流石徳川家の菩提寺とあって、葵の御紋が光っています。

今回は、時間的にあまり余裕がなかったのですが、今度はもう少し時間をかけて参拝したいと思います。

そお言えば、境内には熊野神社もあり、こちらも参拝したてきたのですが、お寺→神社と続くとお参りの仕方に迷ってしまいます・・・
増上寺②

まだまだ未熟者ですね。。。




まち歩き | 23:22:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
阿闇梨餅
先日、三越銀座に遊びに行った際に、京都の銘菓である満月の阿闇梨餅を発見。即購入しました♪

ここ数年、京都に行く機会も増え、阿闇梨餅を知ってからは病みつきに~。
150315-2.jpg
↑パッケージも渋くて素敵!

阿闇梨餅の阿闇梨とは、比叡山にて千日回峰行をされている僧侶のことを言います。阿闇梨様の被る網代笠をかたどっている為、パッケージにはこの笠がデザインされています。
紙袋には京都大廻りの様子が描かれており、お餅に一目散というのも悪くはないのですが、こちらもじっくり見てみるとなかなか面白いです。

150315-1.jpg
阿闇梨餅の味はと言うと、もちっとした皮と小倉餡の組み合わせが秀逸!
個人的にこのもちっと感は大好きな食感です♪
見た目からはどら焼きに近いですが、やはり餅です。。
小ぶりなのが良くて、もう一個食べたいなくらいで食べきれるのがちょうど良く、値段も¥100+税というお手ごろ感。
時々思い出したように食べたくなり、食べると、比叡山でお会いした阿闇梨様となんとも言えぬ空気感を思い出して、浄化しに行きたいなぁ~と思うのでした。。


食・レシピ | 22:07:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
サントリー クラフトマンズ ビア 緋色の芳醇
先日近所のスーパーで買い物していましたら、何やら見かけないビールを発見いたしました。
そのビールがこれ”サントリー クラフトマンズ ビア 緋色の芳醇”です。

緋色の芳醇

イオン上場40周年記念の商品で、全国のイオングループ限定で発売されている”クラフトマンズ ビア”の第四弾との事です。
このビールは、ピルスナータイプでは無くアルトタイプのビールになります。

アルトビールとは、ドイツのデュッセルドルフで発展した、濃色の伝統的なビールになります。
アルトとは、古いという意味で、下面発酵のビールが登場する以前から造られている事に由来します。

上面発酵と言えば”ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉”を通年販売したばかりですが、こおいった今迄と異なったタイプのビールを造るのも、昨今のビール事情によるものだと思うのですが、色々なビールをいただけると言う事は良い事ですね。

アルトビールにしてはそれ程濃い色ではないと事と、芳醇な香りが爽やかな印象を与えてくれます。
味わいも癖が有る訳でもなく、コクのある飲みごたえです。

それにしても、色々と新しいビールが登場するのですが、定番として残るのは難しいのですかねぇ。。。

食・レシピ | 21:12:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~茶・味わいのツボ~を開催いたしました!
3/7に「茶・味わいのツボ」と題したお茶講座を開催いたしました。
この講座は、お茶の名前を当てる謎ときワークショップですが、茶名を当てるだけでなく、茶について美味しいや不味い、好みなどの感想から一歩進んで、茶の色や形、香りや味わいについて考えていただこうと思い、企画した講座です。
150308-2.jpg

初めにルールと茶の基礎知識についてお話しした後、本番に入ります。
初めは他の参加者の意見を探りつつな感じでしたが、次第に参加者同士でお茶について、いろいろな表現を交えてお話しされているのが印象的でした。
個性派のお茶を揃えたとはいえ、全くの予備知識も無く、ブラインドで当てていくのは難しかったはずです。
また、お茶の名前は分かっても、味や香りの表現の難しいお茶もあったりで、感覚では分かっていてもどう言葉にしたらよいか分からないと戸惑われている場面もありました。
しかし、それでも全員の方がある程度まで見当を付けられていて、外れた方向に向かう人が誰一人いなかったのが素晴らしかったと思います。
お茶の名前が分からずとも的確な表現をされている方や、自分の感覚のもとに本とにらめっこしながら茶名を導き出そうとしている方など、それぞれの方がご自身に合った役割を果たされていて、全問正解できたのは皆さまの知恵と感覚の結晶と言ったところでしょう。 

150318-1.jpg

「次は台湾茶限定で!」なんてことを言うツワモノがいたので、かなり驚きましたが、超難問の高山茶当ては置いておいても、バラエティーに富んだお茶が沢山あるので、企画してみたいと思います。(きっとみなさま、台湾茶が飲みたいでしょうし

次回は新茶の季節の5月ごろに開催したいなぁと考えていますので、楽しみにしていてください!


お茶会 | 17:30:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
BOLSEY MODEL C
先日開催されていた「第37回 世界の中古カメラ市」に行ってきました。
今回は、他のスタッフとのスケジュールがつかなかったので、一人で行く事にしたのですが、
「今回こそ絶対に何も買わない」と固い決意を持って行ったのですが、会場を一周する間に早くも決意が崩れてしまいました・・・

BOLSEY C
私の固い決意???を崩したカメラがこの”BOLSEY MODEL C”です。
ジャック・ボルスキーが設計した、とても愛嬌のあるカメラです。

普通のフィルム(35mm)を使う二眼レフカメラで、それだけでも珍しいもんなんですが、何と言っても手の中に納まってしまう小ささが愛嬌があってたまりません。

アメリカンなカメラが好きな私としては、是非とも欲しいカメラであったのですが、今迄縁がなくて入手できていませんでした。
今回も、特に欲しいと意識していた訳では無いのですが、目に留まって見ているうちに段々と物欲がでてきまして・・・

本当は、カメラ市と同じく開催されているワインフェスタの方に重点をおいていたのですが、何の事はない手前で撃沈されてしまいました・・・

しかしまぁ、ワインで酔いながら、カメラを弄くるのって・・・良いもんですねぇ!!!


カメラ | 21:47:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
白久保のお茶講
2/24と25で群馬県中之条町に行ってまいりました!

中之条は名湯四万温泉で有名なところですが、今回のお目当ては白久保のお茶講です。
講は村落の集まりを意味するので、日本各地で庚申講などの講の風習は残っていますが、お茶講は現在では白久保しか行われておらず、国の重要無形民俗文化財に指定されています。2/24に白久保天満宮の宵祭りとして、闘茶(お茶当て)が行われます。
U Tea partyでは一年に一回ほど、茶歌舞伎(闘茶)の会を開催していますので、以前からお茶講には大変興味を持っていましたが、中々伺う機会もなく、いずれは行こうとぼんやり考えていました。偶然、友人からの誘いがあり、「これは行かねば!」ということで、白久保に行くことになったのです。。
150301-1.jpg
↑白久保にあるお茶講の家。新しいですが、茅葺で中には囲炉裏もあり、素敵な建物でした♪

夜の6時ごろから始まるのですが、それまで保存会の会長さんのお話を伺ったりしながら始まるのを待ちます。その後、三々五々に地区の人たちが集まり出し、闘茶を始める前に、白久保天満宮に続く、辻に灯篭を置きに行きます。
150301-3.jpg
↑本物の蝋燭の明かりです。風情がありますね~!
150301-2.jpg
↑菅原道真公がお茶講の家まで迷わずにたどり着けるように、辻に置くんですね。

神事なので、会場に塩をまき、清めが行われ、菅原道真公の掛け軸に向かって二礼二拍一礼にて始まります。
闘茶の方法は4種7服。つまり、3種のお茶が各2回、客のお茶が1回(計7服)がランダムに淹れられ、飲んだお茶がどのお茶を当てていくという単純明快なルールです。
150301-4.jpg
↑この茶碗にて4人一組で回し飲みしていきます。

煎茶・甘茶・チンピ(蜜柑の皮)の割合の違うお茶が4種作られており、その違いを飲み分けるのですが、甘茶の甘苦さが飲んでいくうちに感覚を麻痺させていきます。地元の方たちも「遊びだから~」と必死に当てようというわけでもなく、楽しんでいるのが印象的でした。(こうしたゆるさも民俗行事らしくていい感じです♪)

翌日、実際に体験させていただいたのですが、私的にはかなり真剣!
UTスタッフ達には「お茶会を主催しているのだから、もちろん当ててくるよねー」とプレッシャーをかけられていたので・・・。
何とか7問中5問でまとめあげました。あー、良かった!

今週の土曜日は、お茶講座「茶・あじわいのツボ」を開催するので、資料作成とテイスティングしなくちゃ!
興味のある方、どうぞ遊びにお越しください~!

お茶 | 14:29:36 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad