■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「マスク展」に行ってきました!
友人が「マスク展」に行くというので、これはなにやら面白そうだぞと思い、一緒に見に行ってきました♪
マスク展は東京都庭園美術館にて6/30まで開催されており、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界各地から集められた仮面が展示されています。

150531-1.jpg
↑マスクは木などで作られたもので、医療用ではないです

150531-2.jpg
↑東京都庭園美術館は旧朝香宮邸です。。
外観も素敵ですが、内部はアールデコ様式の美しい空間が広がっています。どこをとっても美しく、洗練されています♪
アールデコなインテリアに、原始的なマスク。
と聞くと、何だか不釣合いとイメージされるでしょうが、これが意外とマッチしています。しかも、展示の仕方が洒落ていて、天井から吊るされていたり、戸棚の中にひっそり隠れるように置かれていたりしてました。

新館ではマスクが使われた儀式の映像を見ることができ、展示されているマスクがどのように使われているかが分かり、勉強にもなりました~。
美しい建物と個性的なマスクを見に出かけてはいかがでしょう。




スポンサーサイト
アート・文化 | 14:36:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
長楽寺
急な善光寺詣に行ったUTスタッフ達ですが、流石に日帰りはきついなぁと言う事で、上田で一泊する事にしました。
ホテルに向かう途中、赤い幟に御開帳とあったので何かと思っていたのですが、ホテルでチェックインしている時に判明いたしました。

フロントに、善光寺でいただいてきた回向柱のお札が置いてあったので、「善光寺のですね」と話した所、何と市内にある長楽寺の回向柱との事でした。
長楽寺も同じように御開帳を行っているとのことで、やっとさっき見た幟が理解できました。

と言う事で、地元の方御勧めの長楽寺に参拝してきました。

長楽寺①
↑本堂です。

長楽寺は山号を”姨捨山”と言い、その名の通り姨捨伝説のお山です。
きっと寂しい所なんだろおなと勝手に思い込んで行ったのですが、天気の良い時に行った事もあり、何とも清々しい所でした。
ここの棚田は、国指定の名勝地でして、もお少し後でしたら、棚田に水が張られていたのでしょうが、残念ながら少し早かったよおです。

長楽寺②
↑観音堂です。風情があります。

長楽寺でも回向柱に触れ、御本尊を参拝いたしましたら、何とお札を授与して下されりではないですか!!!
更にお経を唱えていただけました。
ありがたい限りです。

伝説、名勝もあり、是非ともまた訪れてみたいお寺でした。。。

旅行記 | 21:44:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
信州善光寺
最近、旅と言えば、寺社仏閣巡りが主になってきて、今回も同様に、長野の寺社仏閣をまわってきました。

今回の旅の目的は、長野市の善光寺の御開帳。。
何と言っても、7年に一度しか御開帳されないとあって、「行くのは、今でしょ!」ということで、予定を強引に合わせて行ってきた訳です。
150524-1.jpg
↑テンションが上がりますな~

善光寺の本尊は一光三尊阿弥陀如来で、流転を繰り返した仏像です。
戦国時代は川中島の合戦などの主戦場となった為、甲斐(甲府)に移したり、その後も豊臣秀吉が京都へと請来したりと歴史の中心にいた仏様なのです。。
歴史を学び始めてから、善光寺如来が様々な時代に登場してくることを知り、「これはいずれは善光寺に!」とひそかに思っていたのですが、思いの外早く参拝する機会が出来たというわけです。。
本尊は秘仏の為、今回の御開帳で拝見できるのは本尊を模鋳した前立ち本尊です。

朝早く家を出発し、かなり早い時間にたどり着いたものの、もう大勢の人が参拝に訪れていました。
150524-2.jpg
まだ平日ということもあってか、回向柱にはすぐに触れることができ、本尊との結願が叶いましたが、私たちが帰る昼ごろには物凄い行列になっていました。さすが、7年に一度!
その直後、これまたラッキーなことに、お数珠頂戴といって大勧進貫主様の加持を受けることができました。頭をポンとお数珠で触れてくださいます。
内陣参拝を行い、前立ち本尊と対面。善光寺の広い本堂の中をグルグルと行列になって進んでいって、やっと焼香ができました。実際に拝見すると、なんだかとてもありがたい気持ちになってきます。
その後、本尊の真下にある極楽の錠前を真っ暗な闇の中で探す「戒壇めぐり」をしたりして、楽しませていただきました!
ただ、並び時間がすごかったので、今度は何もないときにのんびりじっくりと善光寺をまわりたいなと思います~♪

旅行記 | 13:13:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
瀬戸神社
先日、横浜市金沢区にある”瀬戸神社”に行って参りましいた。
こちらの神社は国道に面しているので、以前は仕事で良く前を通っていたのですが、参拝した事が無かったので行ってみたいと思っていました。

金沢八景の駅を出て直ぐの所にあるのですが、近づいて行くと何やら人混みができています???
神社の方に聞いてみましたら、どおやら大祭の日のよおでして、これからお神輿が向かいにある”琵琶島神社”まで行くとの事でした。

瀬戸神社
せっかくなのでお神輿について琵琶島神社に向かいます。
祝詞奏上の後、巫女さんによる舞が行われました。
とっても厳かです。。。

一連の儀式が終わると、お神輿は瀬戸神社に戻って行きます。
この神事を見ようと、暑いのに大勢の人で賑わってました。

神社の方達は、皆さん大忙しのよおでしたので、御朱印を諦めて戻る事にしたのですが、大祭を間近で見学できたので良かったです。
是非、また訪れてみたいです。。。


まち歩き | 23:02:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~立夏茶会~を開催いたしました!
5/16(土)に立夏茶会と題したお茶会を開催いたしました。

5月のお茶会は毎年新茶を呈茶しており、今年も美味しい新茶を手に入れることができました♪
今回のテーマは、「ちょっとだけ珍しいお茶を出す」でした。。
中国茶でも日本茶でも詳しい方にとっては、飲んだことがあったり、聞いたことがあったりするお茶でも、一般の方にとっては馴染みのないお茶。そんなお茶を皆さんと分かち合いたいなと考え、今回のお茶たちをセレクトしました。

150517.jpg
↑初夏の爽やかなイメージで、セッティングしてみました。蒸し暑かったですが、新茶を飲んで爽やかな気分に♪

まず、四川省雅安の蒙頂甘露という緑茶から飲んでいただきました。
雅安は唐代から銘茶の産地であり、蒙頂茶という献上茶が作られ、都に早馬で届けられた銘茶です。もちろん、唐代の茶と現代の蒙頂甘露は製造方法は異なりますが、歴史を感じさせてくれるお茶です。
今回呈茶したお茶は、綿毛のようにフワフワとしたお茶で見た目から美味しそうなのですが、少しスモーキーさと日本茶とは違う苦味があり、日本人の味覚に合うだろうかと、今回の茶譜の中で最も心配したお茶でした。
しかし、蓋を開けてみたら、かなりの方が美味しかったお茶に蒙頂甘露を挙げてくださり、お出ししてよかったな~と実感しています。。

また、日本茶は静岡のかぶせ茶を呈茶しました。
これは皆さま納得の味わいであったかと思います。私もそうですが、日本人であれば日本茶の新茶を飲んで季節感を感じることでしょう。。
玉露系が好きな方にとっては物足りないのかもしれませんが、煎茶の旨みを濃くしつつも、煎茶の爽やかな青さはしっかりと感じさせてくれる上質なやぶきた茶でした。

この他、数種お出ししましたが、参加者皆さまが自分の味覚を研ぎ澄ませて新茶を楽しんでくださるのが、開催者にとっては何よりうれしい事です。感想をお話される際に、具体的にご自身なりの言葉でお話されているのを聞くと、「私、こんな風に言えるかな~?」と思ってしまいます。

今年もまた、美味しい新茶を皆さんとともに楽しめる幸せを感じることができました。
この場を借りて、参加者の皆さまにお礼申し上げます。ありがとうございました!

※次回のU Tea partyは7/11(土)を予定しております。まだ、テーマは決まっていません。決まり次第、ホームページとUTブログにアップいたしますので、楽しみにしていてください!



お茶会 | 16:32:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
Nikon F4
最近カメラの購入意欲がだいぶ落着いてきた所だったんですが、近所の中古家電屋を覗いてみましたら、何やら存在感の有るカメラが鎮座しているではないですか。

F4.jpg
そのカメラがこの”Nikon F4”です。
以前より欲しいなぁと思っていたのですが、何だかんだと機会を逃していまして、今回やっと手に入れる事ができました。

このカメラは1988年に発売されたフラッグシップ機で、今迄の機種と趣が異なり随分と大型になっています。
外観がプラスチックなので一見軽く思えるのですが、持ってみますとその大きさ通りズッシリと重量感が有ります。

何かとデザインの好き嫌いを言われる本機ですが、何となくメカニックな所がお気に入りです。
天気の良い日が続くみたいですので、F4をお供に出かけてみよおかなぁ。。。


カメラ | 18:52:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
新茶の季節
今週の土曜日に「立夏茶会」というお茶会を開催します。
今は、少しずつ、お茶が集まり始め、テイスティングの最中です♪

毎年、この時期は新茶を呈茶していまして、お客様も楽しみにされている方が多い会です。。
それだけに毎年、ドキドキしながら新茶が届くのを待ち、テイスティングを行っています。
頭を悩ませつつも、結局お茶が好きなので、楽しんではいるのですけどね~。。

実際にお茶会でお茶を淹れると、予想以上に美味しく入って、ほっと胸を撫で下ろすのですが、今年も今からドキドキワクワク!
150510.jpg
今日は日本茶のテイスティング。。
封を開けると「ふわ~」っと新茶の心地よい香りが♪
細い針のように繊細で揃っています!これは入れる前から、「美味しいよ」とお茶が言っているではないですか!

さてさて、お味は・・・、お茶会でのお楽しみということで
先日、毎回遊びに来てくださっている方から、「待望の新茶会、楽しみにしてます!」とメールが来ましたので、お茶酔いしながらも気合を入れて、美味しいお茶を淹れるべく、がんばっています。。
参加される方は楽しみにしていてくださいね!
あと1~2名はお席が空いておりますので、興味のある方は是非ご連絡ください。



お茶 | 17:01:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
宮代町のお蕎麦
今年のゴールデンウィークも、あっと言う間に終わってしまった感があるのですが、皆さんはどこかに行かれましたでしょうか???

UTスタッフ達は、「天気も良い事だし、どこか行こう」と言う事で、埼玉県の方に行ってきました。
目的は神社巡りだったのですが、お昼にお蕎麦を食べようと、宮代町にある”一茶”さんに立ち寄りました。

一茶①
連休中の為か、大勢の人が店の前で待っていました。
40分位待って入店です。

一茶②
天ザルを注文。
ここのお蕎麦はうどんのよおに太く、歯応えが有るのが特徴です。

田舎の祖母が良く作ってくれたお蕎麦に似ていて、なんとなく懐かしい感じになります。

お蕎麦はボリューミーで満足感があるのですが、蕎麦つゆがテーブルの上に置いてあり、たっぷり浸けて食べる人でも安心です。中々憎い心配りですね。。。

食後に、町内に在る”姫宮神社”に立ち寄ったのですが、整った境内で中々立派なお社でした。

最後の南埼玉郡になってしまった宮代町ですが、近隣に出かけた際には立ち寄ってみてはいかがですか。

食・レシピ | 23:28:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
金沢文庫
久々に金沢文庫に行ってまいりました~。
150503-1.jpg
金沢文庫は駅名と思っている方がいらっしゃると思いますが、鎌倉時代に金沢北条氏が邸宅内に造った文庫のことで、ここから駅名が付けられました。現在の金沢文庫は金沢北条氏が収集した中世の貴重な資料を保管している県立博物館です。。

ちなみに、今回のお目当ては特別展「日向薬師 秘仏鉈彫本尊開帳」です♪
日向薬師は神奈川県伊勢原市にある宝城坊という奈良時代に開山されたとされるお寺の本尊です。
このお薬師さんはちょっと変わっていて、鉈彫りといってノミ目を残した彫り方によってつくられた仏像です。
薬師如来、脇侍士の日光菩薩・月光菩薩ともに一木造りで、顔はキレイに仕上げられているのですが、胴体部が鉈彫りのためか、何とも神秘的です。近くで見ていると、ゾワゾワと鳥肌が立ってきて、圧倒されるオーラを放っています。。
源頼朝、北条政子も参拝したそうで、超有名人(っていう言い方は変ですが・・・)も参拝したとなると、さらに霊験あらたかな気分になってきます。

ずっと見ていても飽きない仏像で、東日本の仏像もいいものだなと感じます。
こういう仏像は是非ともお寺で見たいという衝動に駆られます。宝城坊は凄い山の中とのことなのですが、ご縁があれば参拝したいと思います!


アート・文化 | 19:17:23 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad