■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都旅~養源院~
智積院で清々しい気持ちになった我々は、近くにある”養源院”に向かいました。
1594年の開山で、浅井長政、崇源院(お江の方)、徳川歴代将軍を祀った寺院です。

養源院①

こちらの寺院は、俵谷宗達の杉戸の絵も有名で、本堂に入るとまず”唐獅子図”がお出迎えしてくれえます。
さらに奥に進みますと、白い象が描かれた”白象図”があります。
堂々たる象は何とも愛嬌があり、観ていて飽きる感じがしません。

この他にも”波と麒麟図”もあり、お寺の方の説明により”麒”が雄で、”麟”が雌である事を初めて知りました。
因みに鳳凰も、”鳳”と”凰”になっているそおです。
勉強不足でした・・・

また、本堂の三方の天井には有名な”血天井が巡らされていて、伏見城で自刃した多くの武将の血で染まった廊下の板が張られています。
鳥居元忠の自刃跡等、結構リアルに残っていて、壮絶感一杯です。

養源院②
本堂は電灯も少なく、他の寺院には無い独特の雰囲気が漂います。。。
次回京都を訪れた際にも、是非とも足を運びたいと思いました。
京都を訪れた際には、拝観してみてはいかがでしょおか。


スポンサーサイト
旅行記 | 17:41:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
京都旅〜智積院〜
突然と言う程ではないのですが、UTスタッフの一人が京都に行く用事があったので、これ幸いと皆んなで京都に行く事にしちゃいました。

まず何処に行こうか悩んだのですが、スタッフの一人の菩提寺が“真言宗智山派”だったので、智積院に行く事にしました。

智積院①
流石“智山派”の総本山とあって、堂々たる構えです。

まず、長谷川等伯等の襖絵を鑑賞しました。長谷川等伯といえば、東京国立博物館の松林図屏風が有名ですよね。消え入りそうな松に侘び寂びを感じますが、智積院の松は同じ松でも力強さを感じます。個人的には松に秋草が素晴らしかったです。

その後、講堂で利休好みの庭を見学。朝早めの時間だったせいか、見学者も少なく、気持ちの良い風を感じながら、のんびりとした時間を過ごす事が出来ました。
講堂を後にし、金堂をはじめ、境内を散策したのですが、その静粛な佇まいのせいか、何とも清々しい気分になりました。

智積院②

今度来る時は、智積院会館に泊まって、是非とも朝のお勤めに参加したいです。
が、朝、起きれるのかなぁ。。


旅行記 | 20:08:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
RICOHMATIC 225
最近雨が続いたりと、中々カメラを持ち出す機会がないのですが、そんな時は部屋の中で手入れをしながら満足しています。
最近は、これといった欲しいカメラが無かったのですが、近所の中古家電屋さんを覗いていましたら、なんとも魅力的なカメラを発見しました。。。

richoh2254.jpg
↑それがこの”RICOHMATIC 225”です。
1958年に発売されたリコー二眼レフの頂点にある機種です。

クランク巻上げ、セレン露出計等高級感ある仕様で、手に取るとずっしりと重みが伝わります。
実は、この機種は既に持っていたのですが、あまりの安さに思わず購入してしまったのですが、その安値の理由がシャッターが切れないとの事でした。

もしやと思って、ピントフードを開けてみましたら、問題無くシャッターが切れました。
この機種は、ピントフードを開けないと、シャッターが切れないよおになっているんですね。
なんとなく得した気分です!!!

もおじき紅葉の季節ですので、色々な機種を持ち出してみたいのですが、最近極端に体力が無くなっている気がします・・・
また、トレーニング再開しよおかなぁ。。。

カメラ | 22:04:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~焙煎を楽しもう~を開催いたしました!
9/19(土)にU Tea partyの「焙煎を楽しもう」会を開催いたしました。
今回は久々にコーヒーが中心で、しかも焙煎という実験のような内容であったので、期待値の高い会でした。

まずは、コーヒーについての基礎知識と焙煎についてお話し、実際にハンド・ロースト作業に移ってもらいました。
コーヒーの生豆を煎るという単純な作業ですが、色が変わったり、パチパチと爆ぜてくると俄然、皆さまのやる気が変わってきます。
コロンビアとキリマンジャロの2種を用意し、それぞれ2グループに分けて担当してもらいましたが、片方のチームがうまくいきはじめると相手チームのことが気になるようで、お互いに探りを入れながら作業をされていらっしゃるようでした。そのおかげか(?!)両方のコーヒーとも指定した焙煎具合まで均一に焙煎することができました。。

コーヒー豆を冷ましている間に、煎茶と国産ウーロン茶の焙煎を行っていただきました。
150920.jpg
↑煎茶の焙煎の様子。焙絡(ほうろく・ほうらく)という陶器でできた道具を使用していきます。

煎茶で作ったほうじ茶は、出来立てが香ばしく、ぽりぽりと試食されている方がいらっしゃいました。
(かなり美味しかったらしいです。。)
また、国産の烏龍茶は緑茶と烏龍茶の中間のようなお茶でしたので、焙じた時の焙煎香がつくことで、ほうじ茶に甘い花の香りが付いたようなお茶に仕上がりました。
烏龍茶ともほうじ茶ともいえない不思議な美味しさを楽しんでいただきました。

今回は焙煎したコーヒーを使ってのコーヒーアレンジにも挑戦していただいたので、盛りだくさんな内容になってしまいました。
主催者としても、いつものお茶会ではできないことをしたいというのがあって、座ってのんびり過ごす時間がほとんどなかったので、お疲れになった方もいらっしゃったかと思います。
しかし、おうちではできない体験をしていただいたので、たまにはこういう会も良いですよね。
次回のお茶会はのんびりとお茶を楽しみたいと思いますので、皆さま遊びにいらしてくださいね~!

お茶会 | 16:50:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
愛宕神社
今日は仕事が早く終わったので、港区の愛宕神社に行って参りました。
ここは以前より訪れてみたかったのですが、中々機会が無くてまだ参拝出来ていませんでした。

愛宕神社は1603年に徳川家康の命により、防火の神様として祀られたのが始まりで、今でも多くの人が訪れております。
私が参拝した時は、すでに夕方になっていたのですが、それでも多くの人が境内にいらっしゃいました。

愛宕神社①
↑参道の階段です。40度の傾斜で86段続きます。
さすが23区で一番高い所です。登のに一瞬躊躇してしまいます。

きちんとご利益にあずかるよおにお参りし、階段を降りよおとしましたら、その急勾配にたじろいでしまいました。
愛宕神社②
↑これは登りより気をつけないといけませんね。

都会の真ん中にも、こんな高い所が有るんですね。
今度は、高い所が好きなスタッフと一緒にこよおっと。。。

まち歩き | 17:29:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハーブス
先日、友人とお茶をしてきました。。

ハーブスというカフェで、フォトジェニックなケーキが沢山おいてあります♪
チェーン店なのですが、比較的ゆったりとできるので、のんびりとお話したいときにはもってこいのお店です。

150913.jpg
↑チェリーのチーズケーキ。

画像だと大きさがイマイチ分かりづらいでしょうが、7~8cmくらいの高さがあります。
生クリームもたーっぷりのっていますが、そんなに甘くなく、中に入ったチェリーがアクセントになっていて、ボリュームの割に食べきることができます。。
コーヒーもお替り自由なのも、女子的にはよいですね!
味は普通ですが、数種類からチョイスでき、お替りのコーヒーも変更できるのもポイント高しです。

いつも美味しそうな季節のフルーツを使ったケーキがあって、目移りしてしまうお店です。
のんびりしたい時におススメのカフェでした。


食・レシピ | 21:02:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
御神酒
ここの所、雨が続いて、家を出るのが億劫になってしまいますが、私達が日光を訪れた時も結構な大降りで大変でした。
そんな中健気に歩いて回ったのですが、これが出勤となると途端に雨の中に出る気がしなくなります・・・
(私だけでしょおか???)

折角なので何かお土産でもと考えていた所、”御神酒”の案内板が目に留まりました。
150909.jpg
↑どおせなら東照宮らしい物をと思い選んだのが、この”凱瓶子(かちどきへいし)”です。
関ヶ原の合戦の祝宴に家康公が用いた物の写しとの事です。

400年式年大祭記念の金杯も合わせていただいてきたので、今度のUTパーティーの打合せ後に皆でいただきました。
さらっとしていて飲みやすく、あっという間に飲み終えてしまったのですが、これにあやかって、UTパーティーも大成功といきたいもんです。。。

今度のUTパーティーのテーマは焙煎です。
焙煎はやってると結構面白くなってくるので、皆さん楽しみにしていてくださいね!!!

食・レシピ | 20:00:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
日光寺社巡り~輪王寺~
日光東照宮、二荒山神社とくれば、後の一寺は輪王寺ですよね。
150906-2.jpg

輪王寺は本堂・大猷院・常行堂・中禅寺・護摩天堂などのお堂の総称で、輪王寺というお堂はないのです。
150906-1.jpg
↑こちらは本堂の三仏堂。
現在、50年ぶりの大修理中で、このような覆いで囲われております。
「見れないんじゃ、行く意味ない!」という声が聞こえてきそうですが、むしろ中々見ることができないものを見ることができるので、是非訪れるべきでしょう。

中に入ると、あちらこちらで工事がなされているので、静かなお寺という風情はありません。
しかし、写真にも載っている本堂の扁額「金堂」を間近で見ることができるのは、修復中のこの時期だけ。(この字体、カッコいいです。)
通路の周りには、千手観音や阿弥陀如来、その他の仏像などが配置されています。
今まさに修復中の仏像があったりで、勉強にもなりますな。。
階段を上って上に行くと、上から工事の様子が眺められるようになっています。

今度は瓦がのった姿を上から眺めてみたいので、また遊びに行きたいと思いま~す。

旅行記 | 13:43:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
日光寺社巡り~日光東照宮~
二荒山神社の後は、隣接している大猷院に行ったのですが、生憎の雨と工事中だったりと、中々良い写真が撮れませんでした・・・
気を取り直して東照宮に向かったのですが、見所が多いとあって流石に結構な混み具合です。

東照宮①

雨で皆さん傘を差してる事もあり、中々前に進めません・・・
何とか奥宮まで見学し、拝殿に上がります。
久々に雨から解放されて何だか落着きます。
拝殿では職員の方から説明をいただいたのですが、江戸時代は畳の位置で位が決まっていたそおで、何と私の座った位置は八十万石の場所でした!!!
他のUTスタッフは、一歩後ろにいたので、七十万石との事でした。
ちょっと優越感です。。。

東照宮②
↑有名なお猿さん。

一通り見学した後は、鳴き竜で有名な薬師堂へ行きました。
ここは東照宮の中にあるのですが、輪王寺の管轄です。
神社では無いんですね。神仏習合のなごりなんでしょおか???

久々に聞いた鳴き竜の音は、以前にも増して良い響きと思っておりましたら、湿度が高い時の方が良く鳴くとの事で、雨もまんざら悪いもんでは無いですね。。。

そお言えば、以前UTスタッフが住んでいた部屋が、何と鳴き竜現象を起こす場所がありました。
まぁ、薬師堂のよおに立派な竜の絵が描いて有る訳でもなく、普通の部屋だったのですが、寝そべっていて偶然発見しました。
何ともおもしろくて手を一杯叩いていた記憶があります。
どおせなら、記念として天井に竜の絵でも描いておけばよかった!!!

旅行記 | 21:26:58 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad