■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

目黒 寺めぐり~五百羅漢寺~
以前から行ってみたいと思っていた五百羅漢寺へいざ!

とーっても近代的な建物で、歴史のあるお寺とは一見思えないお寺です。
五百羅漢寺は元々は江東区大島にあって、江戸や富士山を見渡せる観光名所だったのですが、明治の廃仏希釈で没落してしまったそうで、最終的に現在の目黒に移ってきたそうです。

五百羅漢寺
↑モダンな感じのお寺です。。

名前の通り、羅漢像がずらりと並ぶ、羅漢堂を拝観し、本堂へ。
本堂内に入れますよと住職に促されて、本堂内へ。。
堂内には本尊の釈迦如来の他、大勢の羅漢様もいらっしゃいます。
堂内を暗くしてくださると、一体一体が動き出すかのように、生き生きとしてきます。
ささやき声が聞こえてきそうな感じ。
明るい照明の下で見ると、それぞれの像の細部まで見ることができますが、こうして暗くなると、大勢の羅漢様に囲まれているような厳粛な気持ちになります。
きっと昔はこういう中で見ていたのでしょうね。
なんだか煩悩を見透かされている気がして、そそくさと本堂を後にしたUTスタッフたち
本当はじっくりと向き合ったほうがよいのですけどねー。

そうそう、こちらでは羅漢像の他に、獏王の像も必見です。
目が脇腹にも付いていて、見ていると何だかゾワゾワきます。
このゾワゾワ感、意外と好きかな~。


スポンサーサイト
まち歩き | 14:52:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
目黒 寺めぐり~蟠竜寺~
続いては、比較的近くにある蟠竜寺に向かいました。
こちらは山の手七福神で、弁財天をお祀りしているお寺です。
弁天様は、本堂横の岩窟内と、弁天堂の二箇所に安置されています。

蟠竜寺

御本尊は木像阿弥陀如来像で、都指定文化財になっています。

境内はこじんまりとした感じですが、緑が多く落ち着いた雰囲気が漂います。
きっと、お正月は七福神巡りの方々で賑わうんだろおなぁと考えつつ、静かな境内を拝見させていただきました。。。


まち歩き | 20:33:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
目黒 寺めぐり~大圓寺~
昨日は天気も良かったので、目黒周辺のお寺をまわって来ました。

まずは、目黒駅の行人坂の途中にある、大圓寺へ。
151115-1.jpg
寺内は大勢の参拝者がいて、思っていたよりも賑やかです。
大黒天をお祀りしているからかでしょうかね。

でも、こちらのお寺は大黒天をお参りして終わりにしてはもったいない!
重要文化財に指定されている「清涼寺式釈迦如来像」がおられます。
といっても、通常は目にすることはできないのですが・・。
151115-2.jpg
↑こちらの堂の中におられます。

京都の清涼寺の釈迦如来は、三国伝来の釈迦如来と言われ、インド→中国→日本と伝わった仏であると言われ、伝来当時は一世風靡した仏像です。実際には中国らしい衣文表現と思いますが。
その清涼寺の釈迦如来を模して造られたのが、清涼寺式釈迦如来と言われています。
特に大圓寺の釈迦如来は忠実に模刻しているとのことですので、ぜひ拝見してみたいものです♪


まち歩き | 21:20:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
酉の市
ここの所天気が悪い日が続きますが、皆さんは体調を崩したりしていませんか???
私も少し前に風邪をひいてしまったのですが、何とか悪化せずにいたので、ここに来てぶり返したく無いと用心しています。

そんな訳で、暖かくなるとの天気予報にも係わらず、厚着をして浅草・鳳神社の酉の市に出掛けて参りました。。。

酉の市①
あまり良い天気ではなかったのですが、本家の酉の市とあって境内に入るにも行列ができています。

さすがアサヒビールのお膝元、境内に入るとド~ンと提灯が!!!
酉の市②

境内には、所狭しと熊手屋さんが並んでいて、見ているだけでも有難くなります。
UTスタッフ達は、鳳神社の”熊手御守”と、お隣の長国寺で”火除け守り”をいただいてまいりました。

これで商売繁盛と行きたいところ何ですが、あとはやる気次第ですね。
これが何とも・・・


まち歩き | 20:31:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
おちゃらかのモンブラン
先週、友人とコレド室町にある、「おちゃらか」というお茶屋さんに行ってきました。

お茶が目当てではなく、モンブランを食べに行ってきたのです。。
こちらはお茶の販売がメインですが、奥に数席ほどイートインできるスペースがあります。
お茶はフレーバードティーだけなのが残念ですが、お茶とモンブランを注文。。
モンブランはその場で最後の組み立てをする為、少々時間がかかりますが、それもまた楽し。

151115.jpg
↑出来上がってきたモンブラン。
ん~、美味しそう♪
スティック状のメレンゲがのっていて、なんとも魅惑的です。
栗があっさりとしていて和菓子風なのですが、その下は甘みを抑えた生クリームとサックサクのメレンゲ。
和とフランスのコラボといったところでしょうか。
個人的には美味しいモンブランだなと思いましたが、メレンゲがあまり得意でない人はメレンゲ尽くしなので、好みではないかもしれません。
モンブランの土台はスポンジよりメレンゲだと言う方は、是非お試しあれ!


食・レシピ | 18:03:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
妙定院展 2015
長寿禅寺でまったりした我々は、鎌倉を後にし東京都文化財ウィーク参加企画事業の”妙定院展 2015”を見に、芝公園にある妙定院に向かいました。

また、浄土蔵の御本尊でもある善光寺如来像も同時に御開帳しており、合わせて拝観させていただきました。
長野の善光寺に合わせた、七年に一度の御開帳なんですが、妙定院では5月と11月の二回に渡り御開帳していただけるので、5月に来れなかった我々にはありがたい限りです。

妙定院

浄土蔵の中には、善光寺如来像の他にも様々な阿弥陀さまが安置されており、落ち着いて拝観する事ができました。
こちらの浄土蔵と向かいにある熊野堂は、国登録有形文化財にしていされています。

阿弥陀さまを拝んだ後は、妙定院展を見学。
法然上人伝絵詞等、中々見ごたえの有る内容でした。

鎌倉~芝公園と、忙しない一日となってしまったのですが、有意義な文化の日となりました。
たまには文化的にすごすのも、良いもんですね。。。



まち歩き | 19:34:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
鎌倉散歩~長寿禅寺~
円覚寺で風入れを見学した後に、亀ヶ谷切通しにある長寿禅寺に行きました。

長寿禅寺は季節・曜日限定でしか拝観できないお寺でして、以前冬の日に行ったときは外から見たのを覚えています。
今回はタイミングが合って、中を拝見できると知り、是非とも伺おうと予定に組み込みました。
長寿禅寺は臨済宗建長寺の塔頭で、足利尊氏と縁のあるお寺で、寺の敷地内に、尊氏の遺髪を埋葬した墓もあり、見どころ十分です。

151108-1.jpg
円覚寺や建長寺側だと谷の奥といった風情で少し暗い感じがありますが、こちらのお寺は太陽も燦燦と降り注いで、ポカポカと暖かく、のんびりとしたくなってきます。。

151108-2.jpg
↑書院から見た観音堂。

小方丈からのお庭の眺めも美しく、心静かに過ごせる居心地の良いお寺でした。
鎌倉にはメジャーではないけれど、素敵なお寺が沢山あるのですね~。


まち歩き | 13:01:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
鎌倉散歩~円覚寺・宝物風入~
文化の日、皆さんはどお過ごされましたか???
普段文化的で無い我々UTスタッフは、せめてこの日だけは文化的になろおと、円覚寺の”宝物風入”に行ってまいりました。。。

北鎌倉の駅を出ますと、鎌倉五山第二の円覚寺です。
堂々たる寺域が、何とも気を引き締めてくれます。

風入①
↑お目当ての”宝物風入”。

祝日に伺った為か、まだ早い時間でも風入れの行列ができてました。
流石歴史ある寺院とあって、重要文化財等目白押しの内容です。

また、この”宝物風入”ではお茶席も設けられており、我々も是非体験しようと、席に着きました。
観光的な茶席と思いきや、意外と本格的で結構緊張してしまいました・・・(;'∀')。。
次回は、最低でもMY懐紙位持参しないとと反省です。。。

”宝物風入”を堪能した後は、国宝の”斜里殿”に向かいます。
普段は閉ざされている門を潜ると、厳かに斜里殿が佇んでいます。

風入②

ここは、普段は公開されていないのですが、”宝物風入”の時に限って一般公開されます。
庇の反りが美しく、見ていると思わず引き込まれてしまいます。

円覚寺は何度か訪れていたのですが、改めて拝観してみますと、まだまだ観ていなかった所が多かったと痛感しました。

また改めて、ゆっくりと拝観してみよおと思います。。。




まち歩き | 19:47:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
千本玉寿軒の落雁
10月から着付けを習い始めたUTスタッフです。。

昔から着物を着てみたいな~とは思っていましたが、仕事や勉強の忙しさにかまけて、中々習うまでいかずにいました。
着物を素敵に着られる大人になるには今しかないでしょと思い、叔母が着付けの先生であることもあって、夏頃に「着付けを習いたいなぁ」と打診して、10月から着付けサークルに入会しました。
まだしばらくは浴衣の着付けですけど、来年の夏くらいにはお太鼓くらい絞められるようになりたいと思っています♪
絽の着物を着たいのですよね

着物に興味を持っているせいか、お菓子も和菓子についつい目がいってしまいます。。
151101.jpg
↑千本玉寿軒さんの落雁です。
京都の銀閣寺で大人買いをしたうちの一つ。
これが程よい硬さで、口の中でハラハラと溶けていき、何ともいえぬ美味しさ!
手前の足利家家紋の「丸に二つ引」は黄粉風味で、奥が和三盆。
あ~、幸せ。。


食・レシピ | 15:33:01 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad