■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

チョコレートヨウカン
以前に買って、食べていなかったちょっと珍しい和菓子をご紹介します。

こちら↓
160529-1.jpg
チョコレートヨウカン!

中を開けると、こんな感じ
160529-2.jpg
一見は普通の羊羹です。

ただ封を開けた瞬間から、チョコレートの香りが漂ってきます。
切っている硬さは羊羹。でもチョコの香り。
なんだか複雑です~。
食べてみますと、チョコパンのチョコクリームみたいな懐かしい味わい。
あんこが苦手な方には食べやすいけれど、あんこ好きからすると、う~ん。。

かと言って、完全に洋菓子ではなく、むしろチョコの風味の後に羊羹ぽさが残るので、和菓子です。
となると、苦みのある日本茶が飲みたくなります~。
ちょっと珍しい羊羹でした!



スポンサーサイト
食・レシピ | 15:19:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
諏訪大社
先月は何かとバタバタとしてしまい、何だか気晴らしでもしたいと考えていたところ、降って湧いたよおに休みが取れたので、思いつきで出かける事にしました。。。

行き先は諏訪地方。
御柱祭で混んでいるかと思いきや、祭りの谷間とあって、思いのほか空いていました。

まずは建御柱が終わった上社本宮、上社前宮から参拝です。

真新しい御柱が目を引きます。
御柱・本宮
↑本宮一之御柱。

御柱は、それぞれのお宮に4本づつ建てられるので、合計で16本も必要になるのですが、これだけの大木を調達し続けていくのは大変な事ですよね。
ちなみに材質はモミとの事です。

御柱・前宮
↑前宮一之御柱。
近くで見ると迫力があります。

上社本宮と上社前宮は1.5kmしか離れていないので、あっという間に着いてしまうのですが、下社の2社は対岸の下諏訪町にあるので、車でも30分位かかります。

上社二社を参拝した後は、諏訪湖を挟んだ反対側の下社二社に向かいます。

下社は、春宮と秋宮があり、共に壮麗な社殿が目を引きます。
どおも似ているなぁと思っておりましたら、両方とも同じ図面で建てられているそおです。

春宮が大隅流、秋宮は立川流で建てられており、施されている彫刻の違いが似て非なるものとなっているんですねぇ。
まぁ、これは後で手長神社の宮司様にお聞きした話なんですが、どこぞに案内板でもあればもっと良く見ていたんですけどね・・・

それにしても、宮彫二大流派の競作とは豪勢ですな。。。

春宮
↑春宮・大隅流。

秋宮
↑秋宮・立川流。
画像が小さいので分かりづらいですね・・・

駆け足で巡った感が拭えないのですが、無事に四社を回る事ができました。
因みに四社全てで御朱印をいただくと、御褒美に落雁と栞をいただけます。

余談ですが、下社秋宮の社務所前にある手水は温泉が出ています。
何気に使ってみたのですが、結構な熱さです。
思わず声が出てしまう程ですので、試してみる方はお気をつけて。。。



旅行記 | 16:58:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京国立博物館見学
今日は勉強で、上野の東京国立博物館(通称トーハク)に見学に行ってきました!
一日中、野外と館内を歩き回っていたので、結構トーハク通になれた気がします。

トーハクといえば、企画展が素晴らしいので、企画展を開催している平成館と、資料の数が半端ではない常設展の本館は見学されたことのある方も多いのかと思います。
しかし、野外や他の館となると、企画展の混雑でヘトヘトになって、すぐに出てしまったりして、意外と見学されている方が少ないのではないかと思います。

実は、それだけではとってももったいないのです。。
たまに企画展でオープンしている表慶館はネオバロック様式で内部も繊細で美しいですし、表慶館の裏には、モダンな法隆寺宝物館があります。
元は法隆寺にあった金銅仏などがずらりと展示されています。

個人的に好きなのは、東洋館です。
きっと仏像と陶磁器が好きだからでしょうが、ガンダーラ~西域~中国と仏像の伝播が見て取れます。
地下のインドの細密画なんかも見入ってしまいますよ~♪
好きな東洋館ではありましたが、今回の見学で初めて気づいたのがコチラ↓
160515.jpg
東洋館の3Fのテラス。。
今まで知らなかったのですが、東洋館の奥側に外階段があり、このテラスに登れるようになっています。
あまりに控えめすぎて、ほとんど気づかないのではと思います。。
そして、テラスに登ると、上の写真のように、トーハク&上野公園を見渡せます。
イスとテーブルもあり、飲食もできるので、飲み物などを買ってのんびりするものよいでしょう。。
風もあって気持ちよかったですよん~。

そういえば、東京都美術館の伊藤若冲展は朝オープン前の時点で、210分待ち!!
320分待ちの日もあったみたいで・・・。
見たいけど、そこまではしなくていいやという方は、トーハクでのんびりしてください

アート・文化 | 21:40:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
浄国寺
ちょっと前になるのですが、ゴールデンウィークに春日部の観音院行き、円空仏祭の事を書いたのですが、円空仏祭を見た後にさいたま市岩槻区にある浄国寺まで足を延ばしてみました。

岩槻区には、坂東十二番の慈恩寺もあり、中々見所の多いお寺があるのですが、こちらの浄国寺も歴史の有る大きなお寺です。

浄国寺 (448x336)
↑関東十八壇林とあって、堂々たる構えです。

御朱印を貰おうと庫裏にお伺いしましたら、何やら味のあるポスターが貼ってあります。
良く見ると、お参りの為の乗車なら運賃割引と書いてあります。
しかも駅名が岩槻ではなく、加倉停留所となっています。
更に良く見ると、総武鉄道と書いてあります。
総武鉄道とは、現在の東武アーバンパークライン(野田線)の事で、昭和4年に北総鉄道から改称され、昭和19年に東武鉄道に合併されるまで使用されていた会社名です。
加倉停留所は昭和5年に臨時停留所として開業し、昭和25年に廃止となっています。
ただし、スピードアップの為(たしか???)に、昭和20年にはすでに休止扱いとなっていますので、このポスターは戦前に作られたものだと思われます。
戦前のポスターが大変綺麗に残っていて、感動してしまいました。。。

かつては遠方より鉄道に乗って来るほど、参拝者で賑わっていたとは、今の静かな境内からは想像がつきませんが、大きな境内が信仰の深さを物語っている気がします。

それにしても、色々と勉強になった、ゴールデンウィークでした。。。

まち歩き | 23:15:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~立夏茶会2016~を開催いたしました!
6/14(土)に「立夏茶会2016」と題したお茶会を開催いたしました。

今回のU Tea partyは、5月のお茶会ということもあって、ALL緑茶の会となりました。
初めは緑茶だけではなく、いつもどおり烏龍茶もお出ししようかと考えておりましたが、中々飲むチャンスが少ない中国緑茶を堪能していただきたかったので、最終的に緑茶ばかりの茶譜となりました。

160515-2.jpg

前半は中国緑茶3種。
金奨恵明、安吉白茶、西湖龍井とすべて浙江省の明前のお茶をご用意しました。
地図を見て確認しながら、一つ一つのお茶を飲むことで、同じ浙江省のお茶と言っても、味わいや香りのたち方の違いを感じていただけたようです。
参加者の方に好みのお茶を聞いたところ、やはりマチマチで感想がばらけるのが興味深かったです!

中国緑茶を堪能していただいた後は、日本茶。
毎回、静岡茶を出しておりますが、今回も!
同じ静岡でも味わいがかなり異なるので、呈茶しがいがあります。。
今回は本山茶、しかも足久保産のお茶を二種お出しいたしました。
渋み、苦味、旨み、甘味のバランスの良い煎茶と、テロワール感のある煎茶と、どちらも甲乙つけがたい新茶でした。

日本茶、中国緑茶の両方とも、県や省は同じですが、個性が全く異なっていて、洗練されたお茶もあれば、農家さんが作った、しっかりとした個性を感じるお茶があったりで、緑茶の世界はやはり奥が深いですね。
そんな緑茶の魅力が少しでも皆さまにお伝えできていたら、淹れ手として幸いです!

160515-1.jpg
↑今回のお茶菓子は上生菓子でした。
あやめや牡丹の主菓子は見ていて爽やかな気分にさせてくれますね~♪

次回は台湾茶を予定していますので、お楽しみに~!
最後になりましたが、今回ご参加くださった皆さま、この場を借りてお礼申し上げます。


お茶会 | 18:05:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
根津神社
上野のお山を満喫した後は、少し歩いて根津神社まで行くことにしました。
いつもの通り、ぶ~らぶらしながら向かいます。

ついてみますと、何だかすごい人込みです。

根津神社

ちょうど”つつじまつり”が開催されているとあって、境内は沢山の出店と大勢の人で、活況を呈しています。
拝殿前も行列ができておりまして、20分位待ってようやく参拝する事ができました。
さらに御朱印をいただく為に20分くらい並んでしまいまして・・・

神社に活気があるのは良いことなんですが、人込みに押されて、何だかそそくさと回ってしまった感があります。
今度来る時は、ゆっくりお参りしたいと思います。

まち歩き | 21:56:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
黄金のアフガニスタン~守りぬかれたシルクロードの秘宝~
気が付いてみたら、あっと言う間の大型連休でしたが、皆さんは連休を満喫できましたでしょか???
前回の記事にも書きましたが、UTスタッフ達もこの連休を利用して、色々と足を延ばしてきました。

連休と言っても、スタッフ同士各々予定もありますので、スケジュールの合う所で精力的にまわる事にしました。
そんな訳で、カラヴァッジョ展を見た後は、近所の東京国立博物館で開催されている”黄金のアフガニスタン~守りぬかれたシルクロードの秘宝~”に行ってきました。

黄金のアフガニスタン
黄金という響きに弱いUTスタッフ達は、引き寄せられるよおに館内に・・・

館内に入るとすぐに、俳優の鈴木亮平さんがお迎えしてくれます。(ビデオですけどね)
この企画展は、度重なる紛争で甚大な被害を被った、アフガニスタン国立博物館の勇敢な職員達により秘かに守り続けられてきたかつての収蔵品を中心に構成されていて、アフガニスタンの文化遺産復興を支援するために企画された古代アフガニスタンの歴史と文化を紹介する国際巡回展との事です。

黄金のと言うだけあって、展示品は魅惑の輝きを放っています。。。
金独特の輝きに思わず吸い込まれてしまいます。

黄金以外にも、ヨーロッパやインド等の影響を受けた展示品もあり、流石”文明の十字路”とうなずいてしまいました。。。
アフガニスタンを知る上でも、一度訪れてみるのも良いですね。

↓まったく関係ないのですが、帰りに寄った上野東照宮です。
上野東照宮

こちらも金ぴかです。
なんだか金尽くしの一日でした。。。

アート・文化 | 21:52:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
春日部の観音院「円空仏祭」
ゴールデンウィーク真っ只中ですね。お出かけなさっておられる方も多いかと思います。

UTスタッフたちも精力的にアートや文化に親しんでおります♪
今日、ご紹介するのは、春日部の観音院で開催中の「円空仏祭」です!
とても心温まるイベントであったので、他にも書きたい記事は沢山ありながら、こちらを優先して書くことにしました。。
160504-1.jpg
「春日部で円空?」な方の多いのではと思います。
という私も、円空は岐阜出身だから、中部に円空仏が多いのでしょと思っていたのですが、春日部にはナント22体もの円空仏がおられるそうです。
その内、7体がこちらの小渕山正賢寺観音院にいらっしゃたわけです。
現在は寺内での管理ではなく、埼玉県立博物館にいるのですが、この時期に里帰りされ、それに合わせて円空仏祭が開催されます。
円空仏は人気も高いですし、各地で展覧会も開催されていますが、こちらのお祭りでは、これでもか!というくらい間近で見ることができます!
私が行ったときも、「そんなに顔を近づけたら、息が仏像にかかっちゃうじゃん!」というくらい、近くでみていたおじさんがいましたし
そのくらい近づいて見ることができるのです。

また、お寺自体も歴史が古く、鎌倉時代中頃の創建と言われています。
修験のお寺で、神仏習合の独特の雰囲気を持っている素敵なお寺です。
しかし、檀家さんがいないということで、立派な山門やお堂がかなり剥落しています。山門の仁王像もなんとかお姿を保っている程度の状態です。
ボランティアの方々が積極的に動かれていて、寄付を募ったり、お祭りを盛り立てている姿が印象的で、私も少しでもお役に立てる何かをしたいなと心を動かされるイベントでした~。

この円空仏祭は2016年は5/3~5/5まで開催しています。
あと一日ではありますが、みなさま是非足を運んでみてください~!
円空仏祭のフェイスブックはコチラ

最後に!
こちらでは円空仏祭と入ったご朱印もいただけますよ!
160504-2.jpg
ご朱印を集めていらっしゃる方、ご朱印帳を持って、小渕観音院にGO!です
アート・文化 | 12:19:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
カラヴァッジョ展
ゴールデンウィークに入りましたね~

日曜美術館でカラヴァッジョ展の特集をしていたので、見たくなって行って来ました♪
160501-1.jpg
ゴールデンウィークではありましたが、朝一で行ったので、そこまで混雑はしていなかったです。

一番のお目当ては、初公開の法悦のマグダラのマリア。
見入ってしまう、恐ろしい様な美しさです。
上の看板のバッカスも、ワインの波紋まで描かれていたり、メデューサ、トカゲにかまれた少年など、カラバジェスキとは格の違いを見せ付けてくれる展覧会です。

160501-2.jpg
カラヴァッジョは人間的に問題はあっても、この人は天才だと、つくづく思い知らされる展覧会でした!
久々に西洋美術の展覧会に行ったのですが、西洋美術も良いものですね~~♪


アート・文化 | 19:49:48 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad