■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

山手ぶ~らぶら
先日ちょっと時間ができまして、横浜の山手地区をぶ~らぶらとしてきました。

山手といいますと、外人墓地や洋館等、異国情緒な面影で有名ですね。。。

ベーリック・ホール①
↑山手の頂上の辺りにあるベーリック・ホール。

1930年(昭和5年)と意外と新しい建築です。
てっきり開国期の物かと思っていましたら、ほとんどは大正末~昭和初期に建てられたものなんですね。
洋館っていうと、何となく明治的な雰囲気があったのですが、勝手な思い込みでしたね。

ベーリック・ホール②

ベーリック・ホールの中では、テーブルセッティングの展示が行われていて、洋的な雰囲気を演出しています。
最近、寺社建築を見て回る機会が多かったのですが、こおいった西洋館を見て回るのも良いもんですね。。。




スポンサーサイト
まち歩き | 22:16:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
滋賀の魅力発見プロジェクト 「秋風船上茶会」のお知らせ
一年前から、じっくりと温めていた企画の発表です。

10/29(土)に滋賀県近江八幡でお茶会を開催いたします。
このお茶会は、「滋賀の魅力発見プロジェクト」と銘打っており、滋賀の中国茶仲間と話していた際に、フッと思いついたのが始まりです。
滋賀の友人は、中国茶はもちろんのこと、滋賀県在住ということもあって滋賀県愛に溢れた人です。
滋賀の魅力を県内外問わず、「知ってもらいたい」、「気づいてもらいたい」との思いから、なにか私たちにできることはないかと考えて思いついたのが、滋賀県の各所で中国茶のお茶会を開こうというもの。。
中国茶はお茶会と言っても作法などが一切なく、集まった参加者の方々と共にお茶を飲み、楽しむという気軽な会になります。
作法のない中国茶だからこそ、大勢の方に楽しんでもらい、中国茶の魅力も感じてもらえるのではと考えています。

「私たちにできることは、お茶を通じて人と地域をつなげること。」

これをモットーに滋賀県内で中国茶のお茶会を開催していく予定です!

記念すべき第一回は近江八幡での水郷巡り。
水郷巡りの船を貸し切っての船上茶会となります。
近江八幡の水郷は全国で初めて重要文化的景観に選定され、北東部に広がる西の湖はヨシ原特有の湿地帯が広がるなど、魅力的な水辺の風景が広がっています。
秋風が吹く秋の琵琶湖の美しい風景と美味しい中国茶で、ゆったりとしたひとときを過ごしませんか?

滋賀の魅力発見プロジェクト 「秋風船上茶会」
開催日時: 2016年10月29日(土)
       第一部 13時から14時30分
       第二部 15時45分から17時15分
※10分前にはお越しいただきますよう、よろしくお願いいたします。
       ※天候により、日時を変更する場合がございます。予めご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。
開催場所: びわ湖観光株式会社
       滋賀県近江八幡市中之庄639-1
会費: ¥3,500-(乗船料込み)
定員: 各回8名

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させていただきます。


お茶会 | 21:23:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
宮川香山展
9月10日から、増上寺宝物展示室で始まった、”宮川香山展”に行ってきました。

宮川香山展
↑宝物展示室は、大殿の下にあります。

恥ずかしながら、宮沢香山の事は”明治時代の有名な陶芸家”くらいにしか理解していませんでしたので、その精緻な技巧の作品を目にして、思わず引き入れられてしまいました。
勉強不足ですねぇ・・・

宝物展示室はそれ程大きくは無く、ほとんど一筆書きで見学できます。
入口付近から2/3位の展示スペースに約40点の作品が展示されており、”高浮彫”、”釉下彩”と言った技法を間近に見る事ができ、明治期の陶芸技術の高さを知る事ができます。

程良く見て回れるので、疲れなくて良いですね。。。


アート・文化 | 21:30:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~蓋碗のたしなみ~を開催いたしました
9/17(土)に「蓋碗のたしなみ」と題したお茶会を開催いたしました!
お茶会というよりも、今回はお茶淹れ練習会といった方が正しいかもしれません。

日常的とまでは言わなくても蓋碗を使える方から、本当に初めて蓋碗に触れる方まで様々な方がいらっしゃいました。
蓋碗を持ってきてくださった方も3名おられ、「ちょっといびつな形の蓋碗」や「熱くて持つのが大変そうな蓋碗」と個性的な蓋碗も登場しました。

まずは中国茶道具の説明を行い、今回お茶淹れ体験に使う文山包種という烏龍茶で茶藝のデモンストレーションしつつ、試飲していただきました。
その後、皆さまにはお湯で蓋碗の使い方の練習し、2グループに分かれて、本番へ。。
お茶を淹れて茶葉を蒸らしていくと、茶湯の熱さが器に伝わり、指が熱くなってきます。その熱さに耐えながら、どうしたら美味しく、美しく淹れられるかを考えながら、お茶を淹れられたのではないかなと思います。
ところどころで、「熱い~!」とか「おいしい!」とか「お湯が表面張力起こしてるぅ」とか「お茶がこぼれるー」といった歓声や悲鳴が響いていました♪
実際に淹れあった者同士だからこそ分かる、蓋碗使いの難しさだったり、楽しさや美味しさだったりを感じていただけたのではないでしょうか。

160918.jpg

興奮冷めやらぬ中、締めのお茶とお茶菓子を召し上がっていただきました。
締めのお茶菓子は月餅です。
9/15が中秋節で、中国では9月は月餅のやり取りが行われます。
ということで、季節ものの月餅をお出ししました。
中には月に見立てたアヒルの卵の黄身の塩漬けが入っていましたが、皆さま、お味はいかがでしたでしょうか?
月餅に合わせて、木柵鉄観音を楽しんでいただきました。

次回のU Tea partyは2016年最後のお茶会となりそうです。12月に予定していますので、ぜひ遊びにいらしてください!
この場を借りまして、ご参加下さった方々にお礼を申し上げます。


お茶会 | 17:21:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち
9月に入って冴えない天気が続いて、外に出るのに躊躇しがちになってしまってたのですが、東京国立博物館で開催されている”平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち”の事を知って、「雨でも行く」と決心し行ってきました。

当日は、案の定雨だったのですが、9月って、降水量が最も多い月なんですね。
知ってました???
まぁ、それなら仕方ないと雨の中出発したのですが、上野に着いたら雨脚が更に強くなっていて、足取りが重くなります。

櫟野寺展
↑げんなりしながら着いたトーハク本館。。。

気を取り直し中に入り、音声ガイドを付けてもらい展示室へ。

まず御本尊の十一面観音菩薩坐像がど~んと鎮座されてます。
丈六の観音様は、重要文化財に指定された十一面観音菩薩坐像では日本最大との事で、美しく整った顔に見入ってしまいます。

その他にも、薬師如来坐像など、重要文化財の平安彫刻20体が一堂に展示されており、一体一体をゆっくりと拝観させていいただきましいた。

帰りもまだ雨は降っていたのですが、沢山の仏像を堪能したせいか、あまり気になりませんでした。

それにしても良かったなぁ。
もお一回行こおかな。。。

アート・文化 | 20:08:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
忍城見学
9月に入っても、まだまだ暑い日が続きますね~。
そんな中、埼玉県行田市にある忍城に行ってきました!
160911.jpg

忍城って?という方も多いと思いますが、和田竜の『のぼうの城』の舞台になったお城です。
お城に詳しくない私ですが、原作も読み、映画を見ていたので、行かなければと思っていた場所です。
石田三成の水攻めにも屈しなかった忍城は関東七名城の一つだそうです。お城自体は明治維新の時の壊されているので、忍城本丸跡地に三階櫓が再現されています。
三階櫓へ行きたい方は行田市郷土博物館に入館すると、内部を見学できます。
内部は普通の現代建築で、当時の姿を期待されないように。。

私は三階櫓よりも行田市郷土博物館の展示の方が面白かったです。
忍城の解説や埼玉古墳群の埴輪などもあったりして、入館料200円で大満足な内容でした。
来館者も老若男女問わず、思ったより大勢いて、なかなかの賑わい。
映画自体は数年前になりますが、まだまだ『のぼうの城』人気なのでしょうか。

街自体に風情を感じるスポットがないのが残念ですが、古地図を見ながら、街を散策したら楽しそうです!


まち歩き | 17:26:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
三浦半島開運めぐり
休みの日に、ふらっと行ける所ないかなぁとネットを見ていましたら、三浦半島「秋の七草寺社めぐり」というのを見つけました。
これは、9月1日~10月20日までの間に6寺1社を参拝していくもので、それぞれのお寺や神社で秋の七草を見て回れるよおになっています。

これは丁度良いと思い、早速巡ってきました。。。

①清雲寺・女郎花(おみなえし)
②万願寺・撫子(なでしこ)
③海難神社・萩(はぎ)
④妙音寺・葛(くず)
⑤延壽寺・桔梗(ききょう)
⑥新善光寺・藤袴(ふじばかま)
⑦高養寺・尾花(おばな)

我が家から行くと、順番に巡るのが良さそおなので、1番から順に巡ってみました。
途中で気付いたのですが、私以外に巡ってる人を見かけません。
6番のお寺でお話しさせていただいたら、出来た当初は結構な人が来たそおなんですが、今はほとんど来ないとの事でした・・・
おもしろいのにねぇ。

三浦半島開運めぐり②
↑6番の新善光寺。

さて、「秋の七草寺社めぐり」の事しか書いてないのですが、タイトルは「三浦半島開運めぐり」となっています???

三浦半島開運めぐり①
↑4番のお寺でガイドブック兼御朱印帳を入手したのですが、このガイドブックが「三浦半島開運めぐり」となっていて、「三浦七福神めぐり」、「干支守り本尊霊場めぐり」と、「秋の七草寺社めぐり」を合わせて巡る仕様になっています。

「秋の七草寺社めぐり」を結願したのに、課題が残ってしまいました。
あぁ~、あと14箇所巡らなきゃ・・・

まち歩き | 19:35:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
文山包種の冷茶
最近、お茶のネタを書いていないな~ということで、台湾茶の文山包種。

夏の疲れが出てきたのか、口の中が荒れてしまい、熱いお茶を飲むとヒリヒリ痛みます。
それでもお茶は欠かせないので、冷茶で楽しむことにしました。
160904.jpg
冷茶にしたのは、台湾の文山包種です。

磁器の茶壺(急須)に茶葉を多めに入れて、お湯を入れて時間をかけてじっくりと濃いお茶を出していきます。
氷を山盛りに入れた茶海に移せば、オンザロックの文山包種の冷茶の出来上がり~!

発酵度に低いお茶なので、爽やかな気分にさせてくれます。
水出しでも美味しいですが、オンザロックの方が濃厚に茶液が出てきます。
これで少しはバテ気味の体調も復活するかな~♪


お茶 | 14:32:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
唐揚げ
健康診断が終わったので、解禁とばかりに近所の居酒屋さんに駆け込んでしまいました。。。
ビールと串物を注文した後、お目当ての唐揚げも注文しました。

唐揚げ
↑大きくて食べ応えのある一品です。

味付けもスパイシーで、これがまたビールに良く合うんですねぇ。

健康診断が終わっても、お酒を少し自重した方が良いのですが、今日ばかりは良しとしてしまいました。
意思が弱いですねぇ・・・


食・レシピ | 21:35:59 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad