FC2ブログ
 
■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

パンナコッタ
先日鎌倉に行った時に、暑かったのでスタバでお茶をすることにしました。
注文しよおと並んでいましたら、家の近所のスタバでは見かけないスイーツがあったので、アイスコーヒーと一緒に注文しました。

パンナコッタ
↑それがこの”パンナコッタ”。

甘すぎないせいか、ペロリと食べれてしまいました。

新商品なのかなぁと思っていたのですが、後日に家の近所のスタバをのぞいてみますと、やっぱりありません。

なぜだろおと検索してみましたら、どおも3店舗限定のメニューのよおでした。。。
どおりで見かけない訳ですよね。

他にも限定のスイーツがあるみたいですので、今度試してみよおと思います。。。


スポンサーサイト
食・レシピ | 20:02:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
うさぎ饅頭
今日は阿佐ヶ谷に行ったので、阿佐ヶ谷のうさぎやに立ち寄りました。

うさぎやと言えば、どらやきが有名です。
待っている間も次から次へと、お客様が入店してくる人気店です。
どらやきを買いつつ、他の和菓子もと目についたのが、うさぎ饅頭。

180625.jpg
うさぎの形がなんとも可愛い!
甘さが控えめのこしあんで、加賀棒茶とあわせて楽しみましたが、上品な味わいでしたので、煎茶の方が良かったかもしれません。

明日はどらやき食べよ~っと。。


食・レシピ | 20:22:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
レンズ
梅雨に入り雨も続いていますが、この季節一番厄介なのが”カビ”です。
お風呂の”カビ”ならカビキラーとかで取れたりするんですが、カメラのレンズではそおもいきません。

カメラやレンズが増えてくると何かと気を使うので、もお増やさないと思っていたのですが、いつもの中古家電屋さんをウロウロしていましたら、気になるモノを発見してしまいました。

レンズM
↑それがこの”smc PENTAX-M ZOOM 1:2.8 35mm~1:3.5 70mm”と”smc PENTAX-M ZOOM 1:4.5 80mm~1:3.5 200mm”です。

”カビ”の季節真っ只中なのに、レンズを増やすのもどおかと思ったんですが、ものすごいリーズナブルな価格でしたので、思わず手が出てしまいました。

しかも、”smc PENTAX-M ZOOM 1:4.5 80mm~1:3.5 200mm”の方は既に持ってはいるんですが、状態もよかったんで一緒に購入してしまいました。
まぁ、産業遺産保護という事ですね。

とりあえずドライボックスに入れておこうと、帰り道に除湿剤を購入したのですが、レンズ1本の値段と大差ないとは・・・
まぁ、買う側としては有難いんですけどね。。。


カメラ | 21:10:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea partyお茶講座―基礎②「中国茶の種類と楽しみ方」―
U Tea partyお茶講座の第二回目のお知らせです!

第一回目は「中国茶道具と茶藝」について学びましたが、今回は「中国茶の種類と楽しみ方」がテーマです。
中国茶は、みなさんご存知の烏龍茶だけではなく、日本の煎茶と同じ緑茶や、紅茶など様々なお茶があります。
中国茶にはどんなタイプのお茶かあるのかといった中国茶の種類を学び、その茶種に合ったお茶の淹れ方や飲み方をご紹介してまいります。

後半の淹れ方実習では黄金桂という清らかな烏龍茶を用いて、どう淹れたら美味しく淹れられるか確認していきます。
主催側にて茶道具はご用意いたしますが、ご自身が使いやすい茶道具(急須や蓋碗など)をお持ちいただいても構いません。
むしろご自身が愛用されている道具の方がお家で淹れる時に講座で学んだことを再現しやすいかと思われますので、ご持参大歓迎です!
講座で使用したお茶をご自宅でも練習できるようにお持ち帰り用教材としてお渡しいたします。

ご興味のある方はぜひ気軽にご参加ください!

U Tea partyお茶講座-基礎②「中国茶の種類と楽しみ方」-
日時: 2018/7/14(土) 15:45~約2時間
場所: 東京都江戸川区 東部区民館 3F和室「ふるさと」 (最寄駅:都営新宿線 瑞江駅 徒歩5分)
会費: ¥3,000-(お持ち帰り教材用茶葉付き)

お茶講座当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶講座参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。
ホームページにもアップしましたので、そちらもご覧ください。



お茶会 | 21:02:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
香港土産
4月に香港に行った際に、安かったので思わず購入してしまった物があります。

習字
↑それがこの習字の練習紙です。

これの何に惹かれたかと言うと、墨の代わりに水を使って練習する点です。
水で書いた部分が、墨で書いたよおに黒くなるんです。
しかも、乾くと元に戻るという優れ物です。

小さい頃の習い事で唯一続いたのがお習字だった事もあり、購入してしまいました。

国家教育部と書いてあるので、恐らく学習教材なんでしょおね。
手持無沙汰な時に練習してみるんですが、いい大人が今さら練習してみて、はたして上手くなるんだろおか???


通販・買い物 | 21:33:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~水無月茶会2018~を開催いたしました
6/9(土)に「水無月茶会2018」と題しまして、中国茶のお茶会を開催いたしました。

この時期のお茶と言えば、新茶。
中国緑茶の新茶を中心に呈茶していきました。
180610.jpg
当日は夏日で暑かったので、クールダウンさせてくれる菊花茶から。
その後、明前浙江龍井と明前洞庭碧螺春を。。
締めのお茶は鳳凰単そう 杏仁香。
ゆっくりと5月に訪問した潮州や杭州の話をしながら、お茶を楽しんでいただきました。

初めての方も数名おられたので、どのような反応をされるのか、淹れ手にとっても興味津々でした!
爽やかでありながら香ばしさが際立つ龍井や、華やかな香りが長く続く鳳凰単ソウ 杏仁香、すっきりとした菊花茶が人気でした。
緑茶好きは洞庭碧螺春を好きなお茶に挙げられていましたね。
初めてご参加くださった女子学生さんは緑茶が好きというだけあって、洞庭碧螺春を一番美味しかったとおっしゃっておられました。中国緑茶を飲みなれない方にはちょっとクセのあるかなと思ったのですが、美味しさをお伝え出来て良かったです~!

呈茶したお茶の順番が良かったという評価も頂き、引き続き精進してまいります。
お茶会に参加してくださるお客様はご多忙な方も多いので、うちのお茶会で少しでもリラックスして日ごろの疲れをお茶でデトックスしていただければ有難いなと思っています。。

今回も大勢の方にご参会いただき、淹れ手冥利につきます!
参加者の皆さま、ありがとうございました!
一人一人の方とゆっくりとお話しできなかったので、聞きたいことや知りたいことのあった方もいらっしゃったのではないかしらと心残りな面も・・・。
参加された方で、聞きたいことがありましたら、気軽にお問い合わせください。
お茶会で出来なかった分、フォローアップ致します

次回はU Tea partyお茶講座を7/14(土)に行います。
詳細は後日アップいたしますので、お茶講座もふるってご参加ください!





お茶会 | 20:17:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国旅~潮州③~
潮州は旧城と新市街から成っていて、見どころは旧城に集まっています。
潮州牌坊街は散策していて楽しいエリアです♪

5月後半で気温は37度くらいの暑さ。
その為、昼は人が歩いてません。
180606-3.jpg
↑私たち以外、だーれも歩いていません。
暑さと紫外線で体力が奪われて、すぐにへたばってしまいます・・・。

しかし、夕方過ぎてくると、温度も下がってきて、俄然活動モードになります。。
180606-1.jpg
昼と比べて、ライトアップもされるので、街も華やかで、夜の散策は楽しいです!

雨を避けるために、アーケード状になっていて、異国情緒豊かな街です。
お土産屋さんをのぞいたり、お茶屋さんに入ったり、疲れたらお洒落なカフェもあって、楽しい時間を過ごすことができました。

注意が必要なのは、新市街地のホテルに泊まると、交通手段が三輪タクシーしかありません。
というのも、この辺りは昔ながらの街並みで、タクシーやバスが入れないんです。
タクシーに断られてしまうという事態になりましたが、おかげで三輪タクシーは乗りこなせるように。
運賃が決まっていないので、まずは交渉から。
観光客料金かもしれませんが、4人で20元で交渉していました。
地元民はもっと安く乗っていそうですけどね。
粘って交渉するのも疲れるし、新市街と旧城の距離は結構あるので、20元は妥当な範囲かしらと。
行かれる方は参考にしてみてください~。


旅行記 | 23:48:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国旅~潮州②~
廣濟橋(広済橋)を見学した後に訪れたのは、潮州饒宗頤学術館です。
饒宗頤は潮州出身の学者であり、考古学から書まで多方面で活躍した現代の文人的な方で、京大でも教えられていらっしゃったようです。

学術館は潮州の伝統的な建築なので、一見の価値ありです。
180603-1.jpg
中に入ると、静かで中国的な空間が広がっています。

潮州は日差しが強く、気温も高いので、すぐにバテてしまいます。
しかし、一歩日陰に入ると、思っている以上に涼しく過ごしやすいです。
この学術館内にいると、外の暑さを忘れてしまいます。

180603-2.jpg
池もあって、こんなお屋敷に住みたくなります♪

お茶ができたら、日がな一日居たい場所でした~!


旅行記 | 14:50:17 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad