FC2ブログ
 
■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

白樺のどら焼き
友人から和菓子のプレゼントを頂きました♪

和菓子はなんでも好きなのですが、特に好きな和菓子は?と言われたら、どら焼きを挙げるくらい、どら焼きが好きです。
181230.jpg
そんなどら焼き好きな私には嬉しいプレゼントです!

今回頂いたのは、東京の下町、錦糸町の和菓子屋さん「白樺」です。
生地がモチっとしていて、軽すぎず重すぎずな、ちょうど良い食感。。
何といっても、餡が際立って美味しいです。
素敵な和菓子を教えてくれた友人に感謝です!

2018年は個人的にもU Tea party的にも充実した年であったように思います。
来年はさらに成長できるように頑張っていきますので、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします!


スポンサーサイト
食・レシピ | 20:55:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
衝動買い
年の瀬になりバタバタとしていますが、皆さんはいかがですか???
かく言う私は、今年は特に忙しい感があり、帰りも遅くなりがちです。

そんな中、お風呂上がりに晩酌して、ほろ酔い気分でネットを見ていましたら、何やら気になるモノを見つけてしまいました。

atom.jpg
↑それがこの”ATOM”。

とっても小さなスマホです。
以前に”小さいスマホ”と言うタイトルで書いたモノの後継機なんですが、見ていたら欲しくなってきて、ついポチってしまいました。

以前んぼ機種よりは少し大きくなっているんですが、持ちやすくなった感が有り良いですね。
まだ届いたばかりなんで、あまりいじれてないんですが、前機種より動作が速い気がします。

ついつい買ってしまったんですが、酔ってネットを見るのは危険ですね!!!


デジタル・インターネット | 20:56:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
明前 徑山茶
12月のU Tea partyの最後にお出ししたのが徑山茶でした。

中国茶を飲まない方には馴染みのない名前かもしれませんが、中国緑茶の中では比較的有名で、浙江省の天目山系に位置する徑山寺周辺で作られるお茶です。
徑山寺は宋代に東福寺の開祖、聖一国師(円爾弁円)が修行したことで有名です。
聖一国師とその師である無準師範の関係を物語る書簡「板渡しの墨蹟」は国宝に指定され、日本と深いつながりのある寺でもあります。

今年の3/26摘みのお茶。
その明前の緑茶を年の瀬のこの時期に頂ける幸せを噛みしめつつ、飲んでいます。。
181223.jpg
↑白い葉は芽の部分です。白毫がたくさん入っています~。
爽やかでお花の様な香りもある上品な緑茶です。

日本で入手するのは大変かもしれませんが、手に入る機会がございましたら、是非飲んでみてください~。

お茶 | 22:46:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
お茶請け
先日のUteapartyで、ちょっと変わったお茶請けがでました。

お茶請け
↑それがこの”ドライイチジク”と”揚げナツメ”です。

どちらもあまり見かけない食べ物ですが、杭州に行ったスタッフが現地で見つけ購入してきた物です。

イチジクはそのまんまドライフルーツにした感じなんですが、皮ごとドライにしているので、そこそこ歯ごたえがあります。
ナツメの方は、揚げ?って考えてしまったのですが、思いに反して中々の珍味です。
カリカリとかじると、すぐにホロホロと溶けていくよおな感じで、甘さが後を引く味わいです。

滅多にお目にかかれる物でもないのですが、見つけたら是非味わってみてください。
おすすめです。。。


食・レシピ | 20:58:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~三冬月茶会~を開催いたしました
今年最後のU Tea partyは日本茶と中国茶の折衷のお茶会でした。

181216.jpg

茶譜が決まったのは、二日前。
というのも、思いかけず、中国緑茶の径山茶が手元にやってきたからです。
この冬の時期に径山茶を飲むことができるなんて、なんという幸せでしょう!
このお茶はいつもU Tea partyに遊びに来てくださり、応援してくださっている皆さまとともに分かち合いたいと思い、茶譜を大きく変更しました。

初めに、武夷岩茶の白鶏冠から。
普段は最後に淹れるタイプのお茶ですが、お香の様な香りもあるお茶なので、年末の清めの意味も込めまして、最初に飲んでいただきました。
その後、人気の九曲紅梅、長崎県彼杵の玉緑茶、径山茶と楽しんでいただきました。
清々しい気分で来年をお迎えいただけたらと思い、徐々に透明感を増す茶譜にしてみました。
ご参加くださった皆さま、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました!

最後に、、、
年の瀬に、縁が繋がってやってきた径山茶。
来年も様々な縁が繋がりますように。

お茶会 | 16:31:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
中国茶研修
今回の旅の目的は中国茶を杭州で学ぶことにありました。

中国国際茶文化研究会という、中国屈指の茶文化の研究団体の本部での研修で、考えていた以上に充実した内容でした♪
特に、唐代、宋代、現代の茶藝を学ぶ講座は圧巻でした。

181212-1.jpg
↑唐代のお茶。
専門者が考証した研究成果に基づいた茶藝。
華やかで美しい!
以前に日本で唐代の茶の再現を飲んだことがありましたが、その時より美味しく感じました。

181212-2.jpg
↑宋代のお茶。
日本の抹茶と変わらなく見えますが、やはり点て方、味わいは異なりました。

181212-3.jpg
↑現代の西湖龍井。
これは素晴らしく美味しいものでした!
やはりスペシャルなお茶だとおっしゃっていましたが、茶藝を披露してくださった先生の技によるところも大きいと思いました。

どの時代の茶藝も美しくて、もっともっと勉強しなくてはと思い知った2日間でした~。



お茶 | 23:03:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
杭州料理
先週、中国茶の研修で杭州に行ってまいりました。
今年二回目の杭州です。

今回はどっぷり研修なので、観光抜きでしたが、美味しいお茶とお料理は楽しむことができました~。
杭州料理の代表格的なお店「張生記」で、ディナーをいただきました。

181210-1.jpg
こちらの名物料理はアヒルとタケノコのスープ、老鴨湯です。
以前にも食べたことがあり、とても美味しかったのを覚えています。

今回の旅の楽しみの一つでもありました。
やはり、こういった料理は大人数でないと楽しめませんから~。
ほろほろになるまで煮込まれたスープはしっかりと鳥のだしがでていて、優しい味わいです。。
疲れた体に染み入るスープです。

18121-2.jpg
そして残ったスープに麺を入れた、締めのラーメン。
これもおいしかった~。

基本的にどのお料理も美味しかったので、杭州に行きましたら、召し上がってみてください~!


旅行記 | 12:41:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボジョレー・ヌーヴォー
前回に続きちょっと前の話しで恐縮ですが、今年もボジョレー・ヌーヴォーをいただく事ができました。
買いそびれて飲めなかった年もあるんですが、無事に解禁日当日に買えました。。。

ボジョレー2018
↑今年いただいたのは、この”コラン・ブリセ ボージョレ・ヌーヴォー ノン・フィルター”。

恥ずかしながら、初めてお目にかかったんですが、果実感があって、ついつい杯が進んでしまいます。

初物って響きに弱い私は、来年はどんなのが飲めるのか今から楽しみにしています。
少し気が早いですかねぇ。。。


食・レシピ | 21:47:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
特別展 煎茶の愉しみ 入間市博物館煎茶道具コレクションに行ってきました
少し前なんですが、入間市博物館で行われている”特別展 煎茶の愉しみ 入間市博物館煎茶道具コレクション”に行ってまいりました。

入間市博物館

急須の研究をしているスタッフが是非にもと言う事で、久々に皆でお出かけです。
入間市博物館は、茶所にある博物館とあり、お茶に関する展示や資料が豊富で、お茶好きには見所満載です。

毎月第一日曜日は、”世界各地のお茶体験”という企画を行っており、私たちが行った時は”紅茶の日とミルクティーを楽しむ”として、ティーインストラクターの方が紅茶の楽しみ方を教えてくれました。

企画展や、面白い催しも多いので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。。。



まち歩き | 22:24:48 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad