■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

運慶展
U Tea partyにご参加くださる方は日本美術にご興味のある方が多くて、かく言う私も美術好きなので、趣味が合います。。

運慶展は鑑賞必須の特別展なので、声をかけてみると、行きたい!と言ってくれた方が数名おりましたので、夕方集合で見に行ってきました。
171105.jpg
ポスターからして格好良い♪
期待が高まります~

どれもこれも美術全集に出てくる作品ばかり。それだけ運慶が独創的で、日本仏像史における唯一無二の存在なのが分かります。
そうした運慶作品が一堂に会する機会なんて無いことなので、鑑賞者が溢れかえっていることは目をつぶらねばりませんね・・・。

どれもこれも素晴らしいのですけど、中でもいくつか気になった仏像がありました。
静岡県願成就院の毘沙門天立像、和歌山県金剛峯寺の八大童子、奈良県興福寺の四天王立像。
運慶作ではありませんが、重源上人坐像、京都清水寺の観音菩薩立像&勢至菩薩立像、京都高山寺の子犬は素晴らしい。
ちょっとミーハーな目線ですけど、四天王立像はライティングがとても効果的で、映画の『天使と悪魔』に出てくるバロックな彫像みたいでした。こうしたライティングや配置の絶妙さは美術館での鑑賞ならではですね~
勝手に頭の中のBGMは『天使と悪魔』でしたけど・・・

お堂で見る時はもっと信仰に近いまなざしで見ることができるので、今度は実際にお寺に見に行きたいな~と思わせてくれる展覧会でした。
まだ見に行っていない方は是非見に行ってみてくださいね~!

スポンサーサイト


アート・文化 | 18:41:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad