■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

法然と親鸞展

12/4に東京国立博物館で開催されていた「法然と親鸞 ゆかりの名宝」展に行ってきました。

 

111208.jpg

最終日ということで、オープン30分前の9:00に待ち合わせし、チケット売り場に行ったのですが、すでに列が長く伸びていました。

中も凄い人・人・人・・・。

空海と密教展の時は、若い人も大勢いたけれど、今回の特別展はご年配の方が多かったように思います。

仏像よりも、書や絵図が多く、上人たちの人物像に迫るものが多かったです。

日曜美術館を見たり、本を読んで下準備はしていったのですが、やはり音声ガイドを借りて正解でした

 

途中あまりの人の多さに疲れてしまいましたが、浄土宗と浄土真宗の名宝が一同に会した展示は圧巻でした!

中でも阿弥陀三尊立像は素晴らしく、ソファに座ってじっくりと拝見させていただきました。

あまりにも大きいので、どうやって2階に運ばれたのか、凄く不思議です。。

 

こういったじっくり見せる展覧会は、平日の人が少ない時間を狙っていけたら良かったのかもしれません。

来年も北京故宮博物院展やボストン美術館展など特別展が目白押しなので、年間パスポートを買おうかな!

並ばないで入場できるしね!

 

 

スポンサーサイト


アート・文化 | 10:54:26 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad