■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鹿谷
台中まで来ましたら、お茶所「鹿谷」を外す訳にはいきません。

台中市内から鹿谷まで行くにはバスに乗って行かなければならないのですが、このバスの乗り場を見つけるのに一苦労しました。
インターネットで検索し乗り場に向かったのですが、他の路線バスの停留所はあるけれど、肝心の鹿谷行きの乗り場が何処にも見当たりません。
考えても仕様が無いのでバス停で待っている人に聞いてみたら、何と全然違う所にあると言う事でした。

やっとの事で見つけ出し乗車出来たのですが、乗車賃を払おうとしたらお釣りが無いと・・・
取りあえず乗ってとの事でしたので、そのまま座席に着きました。

台中駅の次に高鉄台中駅に停車したのですが、この時運転手さんが係員の人に頼んでお金を崩してくれまして、無事に乗車賃を払う事ができました。
バスに乗る時は小銭を用意していないとダメですね。

目的の鹿谷郷農会までは、約1時間くらいで到着しました。
鹿谷①

ここは日本で言う農協みたいなもので、中では鹿谷特産のお茶等を購入する事ができます。
お茶好きの私達は、早速鹿谷産のお茶「凍頂烏龍茶」の試飲です。
何種類か試飲した後に、おススメしてくれた凍頂烏龍茶を購入。

他にもお茶屋さんを巡りたいと思っていたので、お目当てのお茶屋さんが近所かどうか聞いてみたら、なんと送ってくれるというではありませんか!!
そんなに遠いとこではないように思ったのですが、好意に甘えて乗せてもらいました♪

・・・車で行く事、3分・・・ち、、近い。。
何だか申し訳ない気持ちになりますね。

行きたかったのは玉春茶坊さんというお店だったのですが、お隣の挑茶驛站さんというお店に案内されたのでした。
あとで分かったのですが、お隣の玉春さんの息子さんが始めたお店でした。

鹿谷②
↑3代目(だと思う)の林偉信氏。

新しいお店は、1月にオープンしたばかりとあってとても綺麗で、鹿谷らしからぬセンスの良いおしゃれなお店です。
入ってすぐに試飲をさせていただいたのですが、段々とフレンドリーな感じになってきて、遂に家族総出でお相手をしていただき、更にはお店の中を案内してもらう事になりました。

鹿谷③
お茶が保管してあるストックルームと、焙煎室を見学。
色々とお話を伺いました。

見学後は、林氏のお父さん(先代)、お母さん、弟さんと供に、隣の旧店舗で日本のテレビ局が取材に来たときの録画を拝見し、更に昼食までご馳走になってしまいました。

鹿谷④
旧店舗の中には、受賞の額が所狭しと飾ってありました。凄いですね~!


鹿谷⑤
↑紅水烏龍茶という、チャンピオン(お父さん)の作った烏龍茶。気品のある味わいと甘みがふわ~っと口の中に広がります♪

その後も色々と試飲をさせていただき、長々と居座ってしまいました。

帰りもバス停まで車で送っていただき感謝感激です!!!
色々とご親切にしていただき、本当にありがとうございました。

ただ、バスはほぼ時間通りに来るのですが、殆どが満席で乗れません・・・
4本目にしてやっと乗る事ができました。

鹿谷からバスで帰る際にはご注意くださいね。


スポンサーサイト


旅行記 | 16:07:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad