■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ボストン美術館展に行ってきました!
どうしても行きたかったボストン美術館展に行ってきました!
120526.jpg
あえて平日に行ったのに、入場までに10分待ち・・・。
人気のある展覧会だとは思っていたけど、こんなに混んでいるとは

まずは中谷美紀さんがナビゲーターの音声ガイドを借りて、いざ会場へ。。
ボストン美術館展は最初から名作全開です!
「仏のかたち 神のかたち」では平安~鎌倉時代の仏画がずら~り並んでいます。圧巻です!馬頭観音菩薩像や四天王像など圧倒される作品群の後は、吉備真備絵巻と平治物語絵巻 三条殿夜討巻の絵巻の会場です。
ここは見どころの一つで、見るのに30分かかるとアナウンスがされていました
ずっーと並んでいられないので、後方からのぞき見ながらでしたが、じっくり見たい作品だなぁと感じました。

一番感動したのは、長谷川等伯の龍虎図屏風。
長い時間見ていても見飽きない、どことなく愛嬌のある龍と虎。とにかく素晴らしい♪
そして最後は圧巻の、曽我蕭白の雲龍図で終了。

見終えた感想は、とにかく日本にあったら国宝級という作品がこれでもかと観られる、久々にヒットな展覧会という印象。
東京で観られるのも、残りわずか。日本美術に興味がある方は是非行かれるべきでしょう。

スポンサーサイト


アート・文化 | 14:30:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad