■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

MINOLTA DiMAGE A1
最近のニュースでは、我が国のどの産業においてもあまりパッとしない感じがあるのですが、私の学生の頃はパックス・ジャポニカなんて言葉も聞いたくらいだったので、何とも寂しい限りです。

そんな中で、比較的好調なのがカメラの分野とあったので、カメラ好きの私としては単純に喜んだりしています。
日進月歩の中にあって、技術をリードしていくのは大変な努力が必要なんでしょうが、この分野においては何としても淘汰されずに残ってもらいたいもんです。

デジタルカメラの普及により、カメラメーカーの構成は随分と変わってきていると思うのですが、今回のカメラのミノルタも、カメラ事業から撤退して久しくなります。

タイトルでは「MINOLTA」としてますが、2003年9月の発売なので、ミノルタがコニカと合併した「KONICA MINOLTA」になってからの販売なんですが、名盤が「MINOLTA」となっていますので、タイトルにはそう書いてみました。

DimageA1.jpg

このカメラは、画素数が500万しかないので、現行の機種と比較するときついのですが、手振れ補正が付いていたり、モニターがチルトしたりと、随分と先見性のあったカメラだと思います。

画質が良く無いとか、CCDが壊れる等不評もあるのですが、それなりに使えているので、現在でも(たまに)現役です。
まあ、設計が古いので厳しい所とかもあるんですが・・・

それにしても、こういった良いカメラを作る名門が、製造から撤退してしまうなんて残念でなりません。
スポンサーサイト


カメラ | 11:06:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad