■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

中国王朝の至宝展に行ってきました!
10/10から東京国立博物館で始まった「中国王朝の至宝」展を見に行ってきました!

絶対に見に行こうと思っていた展覧会でしたので、平日にお休みを取ってユー・ティーのスタッフ達を誘い、皆で行くことにしました♪
121014.jpg
西安旅行記でも書いた兵馬俑も来ています!!

入場すると、「やっぱりトーハクのセンス好きだな~」と思わせてくれる展示と展示方法。。
北と南の王朝文化の対比で、展示品が構成されています。

紀元前2000年に既にこのような文化レベルに達していたのかと驚かされる青銅や金の像。
また、第二章の「楚と斉・魯」の犠尊という、豚のような、バクのような動物の酒入れは筋肉の描写もリアルで、細かな美しい文様が描かれ、前から見ても後ろから見ても可愛らしく、素晴らしい♪
秦代の兵馬俑は素晴らしいものですが、正直西安の兵馬俑博物館で見た方が感動が大きかったです。現地の数千体の感動があまりに強烈に残っているからでしょうね・・・。

そうそう、前回のU Tea party~日本茶&中国茶 喫茶のススメ~で少しお話しさせていただいた法門寺の出土品も数点来ていました。お茶に関しては、餅茶を入れていた編籠(写真でお見せしたものです)しか来ていませんが、実際に見れるチャンスは中々ないので、お茶に興味のある方は是非見に行ってください!
また法門寺の秘色磁器は素晴らしい色合いです。。この色の出し方は再現不可能というものですので、地味な器と見過ごさずに眺めてみてください

入場客も少なく、平日に来て良かったと思えるほど、じっくり展示品と向きあうことができました♪
上で書いた展示品だけでなく、阿育王塔や金剛神坐像も素晴らしかったし、他のものも国宝級のものばかりでした。中国と言えば書画と思いますが、今回はほとんどなく、中国美術の新たな一面を見た気がします。。
次回の特別展も楽しみです~♪

スポンサーサイト


アート・文化 | 17:22:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad