■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

近江路の神と仏 名宝展に行ってきました。
昨日、雨の中、三井記念美術館で開催中の「近江路の神と仏 名宝展」に行ってきました。

121118.jpg
三井記念美術館に行くのは初めて。
美術館に向かうエレベーターからして木製の扉で大変レトロ!気分が高まります♪
展示室も、重要文化財に指定される三井本館の重厚で格調高い建物を活かした造りになっています。
さすが財閥、三井!

建物の雰囲気に圧倒されつつ、展示品を見ていくと、これまた重要文化財ばかり。。
初めに金工品が展示されれています。なかでも目を引いたのは、延暦寺の国宝、金銅経箱。
細かな細工が全面に施されていて、美しい品です。これは是非実物を見ていただきたい!

そして予想以上に感動したのは、仏像の展示です。
なんというのでしょうか、仏さまを拝見するのに「まさにこの高さ!」という所に仏さまが御座します。
国宝とか重文とか言う前に、一体一体の仏さまから崇高さと民衆の信仰の深さが感じられ、ガラス越しながら圧倒されてしまいました。
また、最後の展示室の仏画も素晴らしいです。
一緒に行った友人は国宝の六道絵が凄いと、しばらく見入っていました。

正直なところ、そこまで期待はしていなかったのですが、規模は小さいながらも一点一点作品をじっくりと鑑賞することができ、展示品も素晴らしいものばかりでした♪
大好きな東京国立博物館にも負けず劣らずの特別展でした。。が、、説明書きに誤字の修正があったりで、せっかく素晴らしい展示なのに、ちょっと残念・・・。
しかし、11/25までで終わりなので、興味のある方は是非行ってみてください。おススメの美術展です!

スポンサーサイト


アート・文化 | 11:48:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad