■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都の寺社仏閣巡り~その⑤~
台風接近を考慮致しましてお茶会を中止致しました事により、参加を予定されていた皆さまには、ご迷惑をお掛けいたしまして、申し訳ありませんでした。
次回のお茶会は12月を予定しておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて今日は打って変っての晴天で、正に台風一過といったところですね。
私も、前回書いた大徳寺の曝涼(虫干し)に習って、布団を干したり、植物を外に出したりと何かと忙しい一日になりました???

ここからは、前回からの続きです。
大徳寺をみたUTスタッフ達は、一路大覚寺に向かいました。
本当はもう一か所位立寄ってから行こうと思っていたのですが、大徳寺で時間が掛ってしまった為に、どこにも寄らずに向かう事にしました。

途中からバスを降りて散策がてら歩いていたのですが、風光明媚な所が多く、散歩には打ってつけの所でした。
大覚寺は、真言宗大覚寺派の本山で、嵯峨天皇が建立した離宮嵯峨院が前身と言う由緒ある寺院ですが、時代劇好きの我々としては、時代劇のロケ地としても興味のある所です。

大覚寺③
時代劇のシーンを思い出しながら、大沢池の周りを歩いていますと、着物を着て刀を差した人が居ても違和感が無い気がしますね。

そんなこんなをしていましたら、すっかり時間が無くなってしまいまして、急ぎ中に向かいます。

大覚寺①
格式高い式台玄関を横目に中に入ります。
一通り見て回り、特別名宝展を見学。
今回発見された、高村光雲作「正徳太子孝養像」を見る事ができました。
小さいながらも精緻に彫られ、凛々しいお姿が有りがたさを醸し出しています。

閉門時間も迫っていて、駆け足で廻った感が有ったのですが、今度来る時はゆっくりと見て回りたいもんです。

大覚寺②
五大堂から見た大沢池です。しばし景色を堪能しました。

ゆっくりと景色を眺めているのも、たまには良いもんですね。。。
スポンサーサイト


旅行記 | 22:03:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad