■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都の寺社仏閣巡り~その⑦~
京都旅行最後のお寺は、三十三間堂です。
正式名称は、蓮華王院と言い、平清盛によって造進されたお寺です。本堂が非常に長く、120mもあり、堂内部には千手観音が1001体も祀られています。
131103.jpg
↑逆光で上手く撮れませんでしたが、お堂の長さが長いことがお分かりいただけましたでしょうか?

1001体もの千手観音が居並ぶ姿は圧巻の一言。
初めて三十三間堂に来たのですが、実際に見たらそんな感動しないかもと思っていたのですが、実際に見た方がより素晴らしかったです!
運慶や湛慶(運慶の息子)だけでなく、その当時の仏師たちの技を十分に感じさせてくれる仏像ばかりです。二十八部衆は、まるでルネッサンス期の彫刻を思わせるような写実的表現で、生きているかのようでした。。

今回の旅では、改めて日本美術の良さを実感したUTスタッフたちでした。
京都は沢山の寺社仏閣があるので、まだまだ行ったことのないお寺が沢山あります。またゆっくりとお寺巡りしたいですわ~!
スポンサーサイト


旅行記 | 19:11:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad