■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

KODAK-MEDALIST
カメラが好きで色々と手を出しているのですが、アメリカのカメラにはどおも魅かれてしまう所があります。
機能や写りがとか言う訳でもないのですが、何故かそのデザインが気に入ってしまう物が多いのですが、このコダック社のカメラ「MEDALIST」もその一つです。

MEDALISTは大きく分けて1型と2型の二つに分類されるのですが、今回のは1型になります。
細かく分けると何種類かあるみたいなのですが、基本的なデザインは一緒です。

このカメラは1941年に発売されて軍用に供されてきたとの事ですが、実際の所はどおなんでしょうね???
このおにぎりのようなコロっとした形と、どっしりとした重量感のアンバランスが何とも言えません。

何と言っても最大の魅力は、搭載されているレンズ「EKTAR f:3.5 100mm.」で、言わずと知れたコダックの銘レンズです。

MEDALISTは1型、2型とも持っていたのですが、フィルムが「620」と言う今では販売されていないロールフィルムとあり、使用するにはいささか骨が折れる事が難点です。
そんな訳で、殆ど使用頻度が無かったMEDALIST達だったのですが、ついついまた手を出してしまいました。

medalist.jpg
今回入手したカメラにはボディ前面にシンクロ接点が付いているタイプで、改造なのか最初から付いているのかは分からないのですが、珍しいと思い購入してしまいました。。。

コダック社は、色々な規格のフィルムを作っていたのですが、今ではフィルムは風前の灯で寂しい限りです。
コダック社だけでなく、フィルムはこの先いつ迄供給されるのでしょうかねぇ・・・
もっとフィルムを消費するように頑張らないと!!!


スポンサーサイト


カメラ | 20:34:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad