■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

栄西と建仁寺展
ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたが、皆さまは楽しい休日を過ごされましたか?

私はゴールデンウィーク中、あちこち動き回っていました。
バタバタしていて中々行く事ができなかった東京国立博物館の「栄西と建仁寺展」をユー・ティーのスタッフ達と見に行ってきました。
140504-1.jpg

ゴールデンウィークということもあり、オープン前から並ぶことにしましたが、既に長蛇の列!と思ったら、同時期に開催してるキトラ古墳展の列でした。
ただ、やはりゴールデンウィーク・・。混雑はいつも以上な気がします。
まずは、四頭茶会が行われる方丈の室礼を見ることができます。「こんな空間で四頭茶会が開催されるのだな」とじっくりと鑑賞。
茶具や書画、高僧の仏像を見た後、お目当ての海北友松の雲龍図を堪能。この時期だと全8幅見る事が出来て、圧巻でした~♪海北友松について詳しく知らなかったのですが、どの作品も個人的に凄く好みでした。
最後に登場したのは、建仁寺といえば、、、俵屋宗達の風神雷神図屏風ですよね!
スタッフ達を待っている間、じっくり拝観させていただきました♪人前に現れたのが5年ぶりだそうなので、直接見る事が出来て良かったです~。

その後、本館に行って尾形光琳の風神雷神を見てきました。
個人的には(というか、スタッフ満場一致で)、俵屋宗達の方が好きとの結果でしたが、皆さんはどちらの風神雷神さまがお好みでしょうか?

今回の栄西と建仁寺展は、中々お目にかかれない素晴らしい作品ぞろいで、大満足の特別展でした。行ってない方は是非行ってみてくださいね!
スポンサーサイト


アート・文化 | 22:38:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad