FC2ブログ
 
■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

青磁のいま展に行ってきました。
1週間ほど前になりますが、東京国立近代美術館工芸館で開催中の「青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで―」に行ってきました。
141123.jpg

中国茶をやっていると、白磁や染付の茶器の方が水色が分かる為、あまり青磁を使う機会は無いのですが、結構青磁は好きです。。
青磁は宋代に頂点を極めたので、正直なところ、近代以降の作品はそんなに期待しておらず、南宋時代の作品を中心に楽しみにしていきました。
南宋官窯はやっぱり素晴らしいし、砧青磁も良かったのですが、一番心に響いたのは、哥窯の米色青磁杯!これは小品ながら存在感があって、見飽きない作品でした。持って帰りたいくらい好みでした♪

近代のゾーンに入ると、近代だなぁという作品がズラーリ。宋代は超えられないのかなと感じましたが、こういう青磁もいいよねという作品にも出会うことができました。雨過天晴に代表されるような宋代の青とは違う、海のような青も素敵だったので、やっぱり青磁は奥が深いなぁと実感。。

帰りがけに、友人と「貫入(ひび)ありと貫入なし、どっちが好き?」なんて、ちょっとくだらない会話で盛り上がりました~。
残念ながら、11/24までですので、ご興味のある方は急いで見に行ってくださいね!

スポンサーサイト





アート・文化 | 21:29:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する