■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

MINOLTA α7000
先日ソファーでウトウトとしてしまい、狙っていたオークションが終了してしまいました・・・
しかも想定していた額よりかなり安めで・・・

まぁ、これも縁が無かったと思い込む事にしたのですが、何となく吹っ切れ無い感が残ります。。。
こおなったら、何か買ってスッキリしよおと、近所のカメラ屋さんを覗いてみたのですが、こんな時に限って欲しい物がみつかりません・・・

仕方が無いので、レンズキャップでも買おうと中古家電屋さんに寄った所、ジャンク箱の中に”MINOLTA α7000”を発見しました。

a7000.jpg

ミノルタのカメラはグリップ等のゴム部分が劣化している物が多く、このカメラもグリップと裏蓋のゴム部分が白く劣化していました。
ただ、劣化が進んでボロボロと言う訳でも無く、ボディーも綺麗な物でしたので、思わず購入してしまいました。
しかもかなり格安で!!!

”α7000”は1985年の発売で、実用的なオートフォーカス一眼レフでは世界初と言う快挙を成した機種であり、発売時は大いにヒットしたカメラでした。
発売時の価格は、本体が¥88,000-、標準ズームレンズ(35-70mm 1:4)が¥35,000-と言う結構な金額のカメラでしたが、私が購入した金額は両方でランチの金額程度の物でして、この手のカメラの価値がいかに低いかが分かります。
まぁ、私としては有難い限りなんですが、カメラ好きとしては些か寂しい感があります。

家に帰ってゴムの白い部分を拭きとり電池を入れてみました所、きちんと作動しています。
こおなると何か愛着が湧いてきまして、色々といじくってしまいます。

操作もそんなに難しくないので、近頃のデジカメよりも取り回しが楽で良いですね。
こんどの休みはこれを持って出かけたいと考えていましたら、こないだ書いた”α9000”の事を思い出しました。
どおせならこっちも使えるよおにして、両方ぶら下げて遊びたいもんです。
何とかなるかなぁ・・・
スポンサーサイト


カメラ | 22:31:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
銀座に桃源郷(中古カメラ市)が現れましたね。
ご予算いかほど?(笑)

Nikonの全周魚眼が売っているとのことで。。。 関係無いですね(笑)
2015-02-21 土 09:18:06 | URL | sei5 [編集]
Re: タイトルなし
実は既に仕入れ済みでして・・・
ボルシーCなんて物を購入してしまいました。

使う頻度は少ないと思うのですが、全周魚眼ってよいですね。
頻度が少ないとか言いながら、欲しいと思っています。
2015-02-22 日 21:28:31 | URL | utblog [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad