■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

川崎大師と供茶式
U Tea partyではお茶会の場だけでなく、U Tea partyで出会った方同士がご近所会をされたり、「美術館に行きませんか」とか「中華街で新年会をしよう」とか楽しい提案が結構出てきて、お茶会以外の活動もいくつか実現しています。
前回のお茶講座の後、有志を募ってお酒会をした際に、川崎大師で供茶式が行われるので見に行くと話したら、行きたいという声が上がったので、皆で行くことになりました♪
150415-1.jpg
↑さすが川崎大師。りっぱな境内です。

せっかくならば法列から見たいので、頑張って朝早く集合しました。。
150415-2.jpg
↑高野山の法列よりはカジュアルな感じです。

供茶式は弘法大師に茶道の家元が来て呈茶する儀式で、他では献茶式とも言ったりして、あまり馴染みがないですが、有名どころの大きな寺社仏閣では意外と執り行われています。
私は初めて観るので、楽しみにして来ました♪
川崎大師では裏千家の家元がされるようなのですが、今年は家元の息子さんが供茶されていました。
この供茶式ではどのようなことがなされるのかと言うと、僧侶は護摩祈祷と読経を行ない、その脇で家元代理が静かにお茶を点てられ、点てられた茶を弘法大師にお供えする訳です。
まさに密教と茶道のコラボレーションで、静と動、水と火の対比がとても興味深く感じました。

神社ではまったく違う形態でしょうし、煎茶道の献茶も見てみたいなと思うので、機会があったら、色々な所に見学しに行きたいと思います~。その時はまたお誘いしますね~!
スポンサーサイト


まち歩き | 00:40:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad