■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

U Tea party~立夏茶会~を開催いたしました!
5/16(土)に立夏茶会と題したお茶会を開催いたしました。

5月のお茶会は毎年新茶を呈茶しており、今年も美味しい新茶を手に入れることができました♪
今回のテーマは、「ちょっとだけ珍しいお茶を出す」でした。。
中国茶でも日本茶でも詳しい方にとっては、飲んだことがあったり、聞いたことがあったりするお茶でも、一般の方にとっては馴染みのないお茶。そんなお茶を皆さんと分かち合いたいなと考え、今回のお茶たちをセレクトしました。

150517.jpg
↑初夏の爽やかなイメージで、セッティングしてみました。蒸し暑かったですが、新茶を飲んで爽やかな気分に♪

まず、四川省雅安の蒙頂甘露という緑茶から飲んでいただきました。
雅安は唐代から銘茶の産地であり、蒙頂茶という献上茶が作られ、都に早馬で届けられた銘茶です。もちろん、唐代の茶と現代の蒙頂甘露は製造方法は異なりますが、歴史を感じさせてくれるお茶です。
今回呈茶したお茶は、綿毛のようにフワフワとしたお茶で見た目から美味しそうなのですが、少しスモーキーさと日本茶とは違う苦味があり、日本人の味覚に合うだろうかと、今回の茶譜の中で最も心配したお茶でした。
しかし、蓋を開けてみたら、かなりの方が美味しかったお茶に蒙頂甘露を挙げてくださり、お出ししてよかったな~と実感しています。。

また、日本茶は静岡のかぶせ茶を呈茶しました。
これは皆さま納得の味わいであったかと思います。私もそうですが、日本人であれば日本茶の新茶を飲んで季節感を感じることでしょう。。
玉露系が好きな方にとっては物足りないのかもしれませんが、煎茶の旨みを濃くしつつも、煎茶の爽やかな青さはしっかりと感じさせてくれる上質なやぶきた茶でした。

この他、数種お出ししましたが、参加者皆さまが自分の味覚を研ぎ澄ませて新茶を楽しんでくださるのが、開催者にとっては何よりうれしい事です。感想をお話される際に、具体的にご自身なりの言葉でお話されているのを聞くと、「私、こんな風に言えるかな~?」と思ってしまいます。

今年もまた、美味しい新茶を皆さんとともに楽しめる幸せを感じることができました。
この場を借りて、参加者の皆さまにお礼申し上げます。ありがとうございました!

※次回のU Tea partyは7/11(土)を予定しております。まだ、テーマは決まっていません。決まり次第、ホームページとUTブログにアップいたしますので、楽しみにしていてください!

スポンサーサイト


お茶会 | 16:32:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad