■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都旅~養源院~
智積院で清々しい気持ちになった我々は、近くにある”養源院”に向かいました。
1594年の開山で、浅井長政、崇源院(お江の方)、徳川歴代将軍を祀った寺院です。

養源院①

こちらの寺院は、俵谷宗達の杉戸の絵も有名で、本堂に入るとまず”唐獅子図”がお出迎えしてくれえます。
さらに奥に進みますと、白い象が描かれた”白象図”があります。
堂々たる象は何とも愛嬌があり、観ていて飽きる感じがしません。

この他にも”波と麒麟図”もあり、お寺の方の説明により”麒”が雄で、”麟”が雌である事を初めて知りました。
因みに鳳凰も、”鳳”と”凰”になっているそおです。
勉強不足でした・・・

また、本堂の三方の天井には有名な”血天井が巡らされていて、伏見城で自刃した多くの武将の血で染まった廊下の板が張られています。
鳥居元忠の自刃跡等、結構リアルに残っていて、壮絶感一杯です。

養源院②
本堂は電灯も少なく、他の寺院には無い独特の雰囲気が漂います。。。
次回京都を訪れた際にも、是非とも足を運びたいと思いました。
京都を訪れた際には、拝観してみてはいかがでしょおか。
スポンサーサイト


旅行記 | 17:41:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad