■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

石山寺
滋賀の魅力発見プロジェクト 「秋風船上茶会」の翌日は、滋賀の有名寺院巡りをしました。。

滋賀には古刹が各所にあって、どこへ行こうか悩んでいたのですが、石山寺が33年に一度の本尊の御開帳ということで、この機会を逃しては悔いが残りそうでしたので、まずは石山寺へ。
161106-1.jpg

西国三十三所観音霊場の第十三番札所です。
入口からして古刹の貫禄!
寺域も広くて、本堂までも急な階段を上がっていきます。

161106-2.jpg
↑うっすらと色づき始めた木々。
紅葉真っ盛りの頃は素敵でしょうね♪

本堂も歴史を感じさせてくれる居心地の良いお堂です。
33年に一度の御開帳期間でしたが、早めに到着したので、人も少ない状態でご本尊を拝顔することができました。
しかも、思った以上に真近で!
本尊は如意輪観世音菩薩ですが、ゆるゆるとした流麗な像ではなく、堂々としたお像でした。
ご本尊も素晴らしいですが、心に響いたのは、胎内仏。
平安時代の仏像の中に、飛鳥や白鳳期の仏像が収められているなんて、ロマンですねぇ。
「The 飛鳥仏」な仏像にテンションが上がりました~。
奥行き感の乏しい仏像は朝鮮から渡ってきたのかなぁ~なんて、思いを馳せてみたりして。

その後、「石山寺と紫式部展」を見学。
これもまた、旧前立本尊や谷文晁の石山寺縁起絵巻と素晴らしい展示ばかり。。

自分なりには結構感動して見てたつもりですが、友人は「仏像好きなのに意外にあっさりだね」と言われ、あっさりと拝観してることに今頃気付いた私。
いろいろ気づかされた石山寺でした~。


スポンサーサイト


旅行記 | 18:45:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad