■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

黄檗山 万福寺
そういえば、書き忘れていた宇治への寄り道旅がありました!

奈良に行く前に、どうしても行っておきたいお寺があったのです!
161211-1.jpg
↑黄檗山万福寺です!
私がやっているお茶は煎茶と中国茶で、どちらもリーフで淹れる淹茶法です。
これは明代以降の淹れ方で、日本での広まりは隠元禅師が明代風の喫茶方法を持ち込んで以降のこととされます。
ということで、隠元禅師が開かれた万福寺には一度は行かなければと思っていたのです。

何年越しかで行くことができました~。
161211-2.jpg
建物は中国の明朝様式。それぞれの建物が回廊で繋がれており、雨に濡れることなく、移動できる造りとなっています。
禅宗なので、華やかさはありませんが、当たり前ですが、至る所が中国チック!
写真よりも実際に行った方が、もっと中国っぽさを感じるのですが、ここが江戸時代に中国文化発信の中心的役割を担っていたといわれるのも、ビシビシ感じてきます。

161211-3.jpg
「卍くずし」の勾欄であったり、丸窓であったり、ベンチであったり。。
中国茶を入れる者からすると、こうした中国文化が色濃く残る場所でお茶淹れしてみたいものです♪

161211-4.jpg
↑魚の形をした開パン(かいぱん)
木魚の原型と言われています。。
なんでしょう、この可愛さは。
あまりに好みなので、思わずこれを模した文鎮を購入!

今度のお茶会のディスプレイに使いましょ。




旅行記 | 21:49:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市内ブ~ラブラ ~その⑤~
奈良2日目のUTスタッフ達は、朝一で西大寺に向かいました。
西大寺は真言律宗の総本山で、かつては南都七大寺の1つとして広大な伽藍を誇った古刹です。

境内には幼稚園があり、元気な子供たちの挨拶で活気に満ち溢れていました。
こんな古刹で学べるなんて羨ましい限りなんですが、きっとこの子達は分かってないんでしょおね。。。

西大寺
↑本堂を始め、結構間近に仏像を拝観ができるので、じっくりと見てしまいます。
また、色々とお話しをお伺いする事もできましたので、2時間近くも滞在してしまいました。
ありがたい限りです。

西大寺を後にした我々は、平城京跡に向かいました。

大極殿
↑第一次大極殿正殿。大きいですねぇ~。。。

大極殿の中で、ボランティアさんにお話しをお伺いしていましたら、スタンプラリーの台紙をいただきました。
思いがけず、スタンプラリーになってしまいました。。。

第一次大極殿から始まり、遺構展示館→東院庭園→朱雀門→平城京資料館と回りました。
大極殿から見ると、すぐに回れそおだと思ったのですが、結構な広さです・・・
駆け足でまわって2時間位かかってしまいました。。。

平城京スタンプ
↑スタンプと御褒美のファイルです。

平城京の大きさが何となく体感できるので、興味のある方はトライしてみてはどおでしょおか。。。


旅行記 | 16:33:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市内ブ~ラブラ ~その④~
ランチの後は、東大寺へ!

東大寺の門前は、鹿だらけですねぇ。
UTスタッフ一名が鹿せんべいを買うと、鹿が群がってきます。
一匹にあげると、数匹が寄ってきて、収拾がつかない状態に。
写真を撮る時間すらなく、餌やり終了~。
後で分かったのですが、うまいことやると、鹿がお辞儀してくれるんですよね。
次回はビニール袋に入れて、鹿の少ないところで、餌付けしてみます!

さて、鹿くんにせんべいをあげたらば、大仏殿へ向かいます。
161204-1.jpg
何度来ても、大きさに圧倒されます!
大仏殿と東大寺ミュージアムはまほろば!奈良の旅をご参照のこと。。

今回は前回行かなかった二月堂、三月堂、四月堂を中心に巡りました。
161204-2.jpg
↑二月堂。
この二月堂、三月堂、四月堂の名前は、旧暦のその月に法要があることから、名づけられたそうです。
ちなみに、二月堂は旧暦二月に行われる「お水取り(修二会)」が有名ですよね~。
見たいなぁと思いつつ、なかなか行けないのですけど。。

そして、今回行って感動したのが、三月堂。
初めは入るつもりはなかったのですが、四月堂で御朱印をいただくのを待っていると、お堂の前で、ガイドさんが修学旅行生たちに三月堂の説明をされているのを聞いて、入ることにしました。
東大寺の建物群のなかで最も古く、建物自体、国宝に指定されています。
中に入ると、本尊の不空羂索観音など素晴らしい仏像たちがずらーり。
正直、見るまでは不空羂索観音はそんなに好きではなかったのですが、あまりの迫力に圧倒されます。
東大寺に行ったら、大仏だけではなく、三月堂にも行って、素晴らしい仏像群を拝観してくださいね~。

そんなこんなで、あっという間に四時近くになってしまいましたので、戒壇院などはまた次の機会になりました。
東大寺は何度か行かないと見きれないですね。

そうそう、東大寺のウェブサイトに東大寺3Dバーチャル参拝なるものを発見!
夜の東大寺なんて、ライトアップ期間中じゃないと入れないから、なかなか素敵な試みですね~!

旅行記 | 15:43:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市内ブ~ラブラ ~その③~
不空院の後は、御近所の新薬師寺に向かいます。
新薬師寺は天平19年(747年)建立の古刹です。

新薬師寺
国宝の十二神将が居る本堂も国宝です。
白壁のシンプルな構造が美しいですね。

しばし国宝郡を堪能した後は、少し歩いて白豪寺に。。。
こちらも雲亀元年(715年)開山と歴史の古いお寺です。
奈良は歴史のあるお寺が多いですねぇ~。

白豪寺
古びた石段と、塀が趣をかもし出しています。

白豪寺は、高円山のふもとにあり、境内からの眺めは絶景です。
平日だからでしょおか、ここまで来ると人もまばらで、落着いて参拝できます。

沢山の仏様と趣ある境内を、たっぷりと堪能できました。
いやぁ~、癒されるなぁ。。。


旅行記 | 19:37:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市内ブ~ラブラ ~その②~
春日大社を後にした一行は、高畑にある不空院に向かいました。

不空院は真言律宗の古刹で、「女人救済の寺」としても知られていたお寺です。

不空院

御朱印をいただこうと本堂に向かうと、なにやらバタバタとしている様子がうかがえます。
お寺の人に聞いたところお祭りとの事でした。

お忙しいのもかかわらず快く対応下さり、更に護摩祈祷まで見学させてもらいました。
ありがたいかぎりです。。。
今度来る時は、きちんと予約してゆっくりと参拝したいもんです。



旅行記 | 23:31:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad