■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

奈良市内ブ~ラブラ ~その③~
不空院の後は、御近所の新薬師寺に向かいます。
新薬師寺は天平19年(747年)建立の古刹です。

新薬師寺
国宝の十二神将が居る本堂も国宝です。
白壁のシンプルな構造が美しいですね。

しばし国宝郡を堪能した後は、少し歩いて白豪寺に。。。
こちらも雲亀元年(715年)開山と歴史の古いお寺です。
奈良は歴史のあるお寺が多いですねぇ~。

白豪寺
古びた石段と、塀が趣をかもし出しています。

白豪寺は、高円山のふもとにあり、境内からの眺めは絶景です。
平日だからでしょおか、ここまで来ると人もまばらで、落着いて参拝できます。

沢山の仏様と趣ある境内を、たっぷりと堪能できました。
いやぁ~、癒されるなぁ。。。


旅行記 | 19:37:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市内ブ~ラブラ ~その②~
春日大社を後にした一行は、高畑にある不空院に向かいました。

不空院は真言律宗の古刹で、「女人救済の寺」としても知られていたお寺です。

不空院

御朱印をいただこうと本堂に向かうと、なにやらバタバタとしている様子がうかがえます。
お寺の人に聞いたところお祭りとの事でした。

お忙しいのもかかわらず快く対応下さり、更に護摩祈祷まで見学させてもらいました。
ありがたいかぎりです。。。
今度来る時は、きちんと予約してゆっくりと参拝したいもんです。



旅行記 | 23:31:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
奈良市内ブ~ラブラ ~その①~
何かとバタバタが続いている最中なんですが、スタッフの一人が奈良に行くと言うので、それならばとお供する事にしました。

春日大社

まずは式年造替の終わったばかりの、春日大社へ御参拝。
まだ9時そこそこなんですが、結構な人出です。

御本殿に着いて、特別参拝を申し込もうと思ったら、神事の為行ってないとの事でした。
残念・・・

気を取り直して、いくつか摂社を参拝して回ります。
それにしても、沢山の摂社、末社がありますね。

今度は、是非とも若宮15社めぐりをしてみたいもんです。。。


旅行記 | 21:34:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
三井寺
石山寺に行った後、三井寺へ。

161109-1.jpg
三井寺の正式名称は「園城寺」。
天台宗寺門派の総本山なので、お堂も多くて、広大です。

161109-2.jpg
↑金堂
金堂は桃山時代に創建され、国宝に指定されています。
他にも国宝や重要文化財に指定されているお堂ばかり。。

金堂内には仏像も数多く安置されていて、こんなに間近に見られるなんてと感動。
石山寺でも思いましたけど、滋賀のお寺は仏像を至近距離で見せてくださるところが多いのでしょうかね?
有り難い限りです~

御朱印を集めている方。。
6か所で御朱印がいただけるのですが、三井寺は寺域も広くて、各お堂で御朱印を頂きながら歩くと、結構な時間を要しますので、時間をとって散策しつつ、御朱印をいただくのが良いでしょう。
カフェなどもお寺内にありますし。帰ってきて気が付きました。
行けばよかったなぁ~!



旅行記 | 23:34:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
石山寺
滋賀の魅力発見プロジェクト 「秋風船上茶会」の翌日は、滋賀の有名寺院巡りをしました。。

滋賀には古刹が各所にあって、どこへ行こうか悩んでいたのですが、石山寺が33年に一度の本尊の御開帳ということで、この機会を逃しては悔いが残りそうでしたので、まずは石山寺へ。
161106-1.jpg

西国三十三所観音霊場の第十三番札所です。
入口からして古刹の貫禄!
寺域も広くて、本堂までも急な階段を上がっていきます。

161106-2.jpg
↑うっすらと色づき始めた木々。
紅葉真っ盛りの頃は素敵でしょうね♪

本堂も歴史を感じさせてくれる居心地の良いお堂です。
33年に一度の御開帳期間でしたが、早めに到着したので、人も少ない状態でご本尊を拝顔することができました。
しかも、思った以上に真近で!
本尊は如意輪観世音菩薩ですが、ゆるゆるとした流麗な像ではなく、堂々としたお像でした。
ご本尊も素晴らしいですが、心に響いたのは、胎内仏。
平安時代の仏像の中に、飛鳥や白鳳期の仏像が収められているなんて、ロマンですねぇ。
「The 飛鳥仏」な仏像にテンションが上がりました~。
奥行き感の乏しい仏像は朝鮮から渡ってきたのかなぁ~なんて、思いを馳せてみたりして。

その後、「石山寺と紫式部展」を見学。
これもまた、旧前立本尊や谷文晁の石山寺縁起絵巻と素晴らしい展示ばかり。。

自分なりには結構感動して見てたつもりですが、友人は「仏像好きなのに意外にあっさりだね」と言われ、あっさりと拝観してることに今頃気付いた私。
いろいろ気づかされた石山寺でした~。




旅行記 | 18:45:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad