■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

甘酒味
仕事の帰りに近所のスーパーで買い物をしていましたら、おもしろいお菓子をみつけました。
甘酒味
↑それがこの”キットカット ミニ 甘酒味”です。

以前に”日本酒味”を食べた事があったので、どんな感じなのか興味深々です。

チョコレート部分の色は白色で同じよおなんですが、味は随分違います。
日本酒味の方がお酒感が強いのですが、甘酒味はほんのりとしかお酒感がありません。

まぁ、甘酒ですから、お酒感が少なくても良いと思うのですけどね。。。
それにしても、甘酒って人気なんですねぇ。


食・レシピ | 21:18:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
舟和 切り山椒
11/18は酉の日ということで、浅草の鳳神社に行ってきました。
酉の市の様子は次回に書くとして、まずは食い意地が張っている私が買った酉の市の限定菓子をレポートします。

171119.jpg
↑舟和の切り山椒です。
舟和と言えば、芋羊羹ですが、今日は切り山椒を購入。
切り山椒は餅菓子の一種で、山椒の実を炒ってたもの、もしくは山椒の汁に砂糖を加えたものを練りこんだお餅を言うそうです。
それを拍子木形に切り分けるので、切り山椒というそうです。
こちらの切り山椒はすあまに山椒が練りこんであります。

甘い餅に山椒って??と思うのですが、食べてみると中々美味しいです。
素朴な甘さのすあまに山椒の爽快感がほのかにあり、優しい味わいです。
これがお茶に合うぞと、加賀棒茶を淹れてみました~

他にも柚子味、七味味が入っていました。
柚子は思いのほか柚子(苦みがしっかり)で、七味も後からプーンと七味がやってきます。
どれが美味しかったかというと、ダントツで山椒です!
今ではあまり食べられなくなっているのでしょうが、こういった菓子で季節を感じていきたいなと思うこの頃。。

でも、芋羊羹も捨てがたしです!買っておけばよかったかなっ?!


食・レシピ | 16:01:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
浅草豆花大王
豆花の有名なお店が浅草にあるとの情報を聞き、行ってみました。

浅草豆花大王との名の通り、豆花がメインの甘味屋さん。
豆花は絹豆腐よりもっと滑らかな豆腐にシロップをかけたものです。
10年以上前に初めて食べた時は、豆腐が甘いって・・・と結構衝撃を受けた記憶があります。
しかし、中国茶が好きになり、中華圏に行く機会が増えると、豆腐が甘いことにたいする抵抗もなくなってしまいました~
171029.jpg
↑温かい豆腐花。
小豆、ハト麦、ゆでピーナッツをトッピング。
トッピング自体は甘くなく、きび糖シロップの甘さだけで頂きます。
とっても優しいお味です。

友人は冷たいのを注文したので、ちょっと食べたところ、温と冷で甘さの感じ方が全く違いました~。
温かい方が甘さを感じられて、私は好きでした。。

最近は台湾スイーツのお店も増えてきていますが、豆花を出すお店はまだまだ少ないので、貴重な一軒ですね!


食・レシピ | 17:31:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
カカオハンターのチョコレート
地球にやさしい中国茶交流会で、土曜日のみカカオハンターさんがチョコレートを販売していました。

チョコはもちろん大好きなので、買いに行こうと思いつつ、お茶淹れなどで、すっかり買いに行くのを失念。
あー、残念と思っていたら、遊びに来ていた友人が何枚か買ったからあげるとくれたのが、コチラ↓
171029-1.jpg
カカオ52%のミルクチョコレート。

箱を開けてみると、、、
171029-2.jpg
チョコレートへの愛情を感じるパッケージ。。

171029-3.jpg
ミルクチョコといっても、甘さ控えめで、しっかりカカオの香りと味がして、なんとも贅沢!
ミルクの滑らかな感じとカカオの風味がマッチしていて、ずっと食べていたい感じ。
ゆっくり時間をかけて半分くらい食べたところで、鼻がムズムズしてきたので、この辺でやめておくことに。

実はもう一枚、他の方からも頂いてしまったので、まだしばらくチョコレートタイムを楽しめそうです♪



食・レシピ | 14:56:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
小布施堂の落雁と径山茶
秋といえば、私的には栗!
栗を買おうと思いつつ、買い忘れてしまい、以前に親せきから頂いた小布施堂の落雁があることを思い出してお茶請けに。。

171015.jpg
赤エンドウの粉を栗蜜で練ったという落雁は、口に含むとフワ―っとエンドウ豆の香りがしてきます。
結構固めのタイプで、溶け具合もサラサラまではしておらず、豆っぽさを堪能できます。

そんな落雁に合わせたのは、径山茶。
浙江省余杭のお茶で、径山寺は日本の茶道の源流とされ、日本とも深い縁のあるお寺の周辺で採れた緑茶です。
ふんわり優しいお茶ですが、煎茶を思わせる味わいもあって、これは赤エンドウ豆の落雁に合いそう♪と思ってチョイスしました。
やっぱり、径山茶と合います!

お茶も美味しいし、落雁も美味しい。
お茶がすすむ組み合わせです!径山茶は日本ではなかなか手に入りづらいお茶かと思いますが、煎茶とは違う中国緑茶と和菓子の組み合わせもまた良いので、おためしくださ~い。

食・レシピ | 20:37:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad