■プロフィール

utblog

Author:utblog
お茶・コーヒー・旅行好きな仲間が集まって、会社を作ってしまいました。訪れた先々で見つけたGoodな品々を紹介できるよう、がんばっていきます。。。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■カテゴリー
■リンク
■バックナンバー
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

U Tea party~雛月茶会~を開催いたしました!
3/3にU Tea partyのお茶会を開催いたしました。当日は天気が良く、お茶会日和で良かったです♪
また、初めてご参加さった方が三名もいらっしゃり、有り難い限りです。。

いきなり珍しいお茶から始めるのもなんなので、まずは万人受けする阿里山烏龍から。。
烏龍茶でも清らかなタイプの代表ともいえるお茶の一つで、香りと味もしっかりと感じることができるお茶です。

次のお茶は小青柑。
小さな柑橘にプーアル茶を詰めた珍しいお茶です。
プーアル茶が苦手な方でも飲みやすいかと思い、セレクトしました。
まず、お茶葉が柑橘に詰まって、蓋までついているというかわいい見た目から、皆さんのテンションが上がっていました~
興味のあるお客様に中の茶葉を茶通ではがし出してもらいました。しっかりと詰まった茶葉に苦戦されてましたね~。
今回は中身のプーアル茶のみを用いましたが、それでも十分に柑橘香があって、爽やかなお茶でした。

その後、一番人気だった雲南紅茶。
ゴールデンチップ(金毫)のみで作られた贅沢なお茶です。
甘い香りと渋味のない味わいは非常に飲みやすく、美味しいお茶だったと感じた方が大勢いらっしゃいました。

締めは、鳳凰単ソウの飲み比べです。
今時の柔らかなお茶と、炭火で焙煎した力強いお茶。
同じ産地のお茶ですが、飲み比べることで、香りの違いが明確になったのではないでしょうか?

180304.jpg
↑お茶菓子の中田屋さんのさくらきんつば。
白小豆と桜がなんとも上品。
お茶に合いますね♪
ただ、今回は若い方もいて、きんつばって渋すぎましたかね
中国茶や日本茶が中心の生活になると、お茶菓子が和ものになってしまうので、洋もののリクエストがあれば教えてください。

常連の皆さま、初めてご参加の皆さま、ご参加くださいましてありがとうございました!
またぜひ遊びにいらしてください。

次回ですが、お茶会自体は5月か6月を考えていますが、その前に今年から中国茶の基礎講座を開催する予定でおります。
詳しくは近いうちに発表いたします!

お茶会 | 17:30:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~雛月茶会~を開催いたします!
今年最初のU Tea partyのお茶会のお知らせです!

U Tea partyの年初めのお茶会は大体2月末から3月初めに開催していますが、新茶には程遠い季節なので、毎年何を出そうかと頭を悩ませるお茶会でもあります。
今年はやはり中国茶から始めようかと思っています。
春を感じさせる薫り高いお茶をメインに、まだまだ寒い時期でもあるので、ほっこり温まれるお茶を織り交ぜながら呈茶していきます。
前回のお茶会で出せなかったプーアル茶もリクエストをいただいているので、お出ししましょう~!

180121.jpg

2018年最初のお茶会ですので、大勢でワイワイと楽しくお話ができたらと思っていますので、ぜひお誘いあわせの上、お気軽にご参加ください~!

U Tea party~雛月茶会~
日時: 2018/3/3(土) 15:45~約2時間
場所: 東京都江戸川区 東部区民館 3F和室「ふるさと」 (最寄駅:都営新宿線 瑞江駅 徒歩5分)
会費: ¥2,500-(お茶&お茶菓子付き)

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。
ホームページにもアップしましたので、そちらもご覧ください。



お茶会 | 17:55:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~春待茶会~を開催いたしました!
12/23(土)に今年最後のU Tea partyのお茶会「春待茶会」を開催いたしました!
171224-1.jpg

お知らせでは中国茶づくしな内容でアナウンスしておりましたが、滋賀や京都に行って、美味しいお茶と和菓子を入手したので、大きく変更して日本茶二種を呈茶しました。
日本茶は滋賀県土山茶と静岡県川根茶を。飲み比べてみると、かなり味わいが異なります。
土山茶は旨みも程よく、味わいもしっかりとしていて、最後に香ばしさが残ります。
対して、川根の品種茶「おくみどり」は爽快感も旨みが強く広がります。
どちらも美味しいお茶で、優劣ではなく、好みの違いでお好きなお茶が分かれた気がします。

その後、中国の宜興紅茶を。宜興と言えば、急須(茶壺)の産地ですが、昔から有名なお茶の産地です。
渋味が少なく、甘みがある飲みやすいお茶でした。
うちのお茶会では、好みの方が多い紅茶の味でしたね。

その後は、メインの武夷岩茶の飲み比べ。
伝統製法と今時な岩茶を淹れていきました。
今時な岩茶は香りが一煎目から高く立ち上がり、岩茶を飲んでいる感があります。その割に、味わいがそれほど強くありません。
それに対し、伝統製法は一煎目からパンチが効いています。
しかし、岩韻が心地よく続き、何煎飲んでも味わいが続いていきます。
こうやって飲み比べる機会はほとんどないと思いますので、それぞれの良さをお分かりいただけたかなと思います。

171224-2.jpg
↑今回は台湾でおすすめのパイナップルケーキと京都の老舗和菓子店の鍵善の鍵もち。
鍵もちは求肥がお餅のようで、やはり煎茶に合いますね。

今年は中国茶メインでやってまいりましたが、来年はもう少し日本茶を取り入れたり、インスタも始めてみようかなと画策中です。
来年はもっとパワーアップしたU Tea partyにしていきたいと考えておりますので、来年も引き続きよろしくお願いいたします。

お茶会にご参加くださった皆様、この場を借りてお礼申し上げます!




お茶会 | 17:52:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~春待茶会~の開催いたします!
早いもので、もう11月です。
日暮れも早くて、「あぁ、もう冬だなぁ~」と感じてしまいます。
年末といえば、自分的には年末にお茶会をやらないことには年を越せません!

今年も冬至あたりにお茶会をしようと画策し、お部屋の手配も付きましたので、お知らせいたします!
今年はずっと中国茶を淹れ続けてきましたので、年末も中国茶を呈茶していきます。
12月の寒い時期のお茶会ということで、体が温まるお茶を中心に楽しんでいただきたいと考えています。
中国紅茶やプーアル茶、それと武夷岩茶。。
武夷岩茶は飲み比べをしたいので、伝統製法の岩茶とイマドキの岩茶の違いを感じていただくのも一興ですね。
年末は忙しいですが、美味しい中国茶を飲みながら、ゆったりとした時間を楽しみませんか?

U Tea party~春待茶会~
日時: 2017/12/23(土) 15:45~約2時間
場所: 東京都江戸川区 東部区民館 2F和室「やすらぎ」 (最寄駅:都営新宿線 瑞江駅 徒歩5分)
会費: ¥2,500-(お茶&お茶菓子付き)

お茶会当日の参加は承っておりません。参加希望の方はUT Online Shopのお問い合わせフォームに〈件名:お茶会参加希望〉とお名前、ご連絡先を明記して送信願います。会場等の詳細をご連絡させて頂きます。
ホームページにもアップしましたので、そちらもご覧ください。



お茶会 | 18:29:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
U Tea party~菊月茶会~の開催いたしました!
9/30(土)に菊月茶会を開催いたしました!

いつもよりお茶会のお知らせのタイミングが遅くなったので、参加してくださる方が少ないかも~と思っていましたが、初参加の方や久々のご参加の方もおられ、多くの方にお茶を楽しんでいただけて、淹れ手としてありがたい限りです!

まずは、菊月茶会と名付けているだけに、菊花茶からスタート。
171001-1.jpg
↑お茶殻(菊花殻か)を捨てた後の様子がキレイで、写真を撮られた方も。。
菊というと、香りやえぐみの強さが気になる方もいらっしゃると思いますが、こちらはストレートで飲みことができ、菊の香りも柔らかで甘みもあり、すっきりとした気分にさせてくれます。
女性だけでなく、男性にも好評でした~。

その後は台湾茶オンパレード。。
というのも、台湾に行ったスタッフにU Tea partyがおススメするパイナップルケーキを買ってきてもらったからです。
やはり、台湾のパイナップルケーキには台湾茶ですよね♪
阿里山烏龍、台湾のアッサム種の紅茶、梨山烏龍をじっくりと飲んでいただきました。

171001-4.jpg
↑様々なパイナップルケーキたち♪
食べきれないと思ったのですが、意外にも完食される方続出。
やっぱり、パイナップルケーキは台湾茶がすすみますよね~

今回は台湾茶もパイナップルケーキもどちらも美味しかったという声をいただきました。
安定感のある台湾茶は淹れ手にとっても安心して淹れられますし、みなさん喜んでくださるので、楽しく茶淹れができました。

ご参加くださった方々、この場を借りてお礼申し上げます!
また、ぜひ遊びにいらしてください~



お茶会 | 18:53:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad